シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

ほめ上手な人が使っているほめテクニックPart2

      2018/02/27

今回は

ほめ上手な人が使っているほめテクニックPart1

の続きです。

ほめ上手になるための方法をさらにご紹介していきます!

人を助けたこと、育てたことをほめる

自分の部下をほめる時は、部下が後輩を助けたり、育てようとしたこともしっかり見てあげましょう!

スポンサーリンク

それをしっかり評価して、部下をほめてあげる。

仕事は与えられた仕事をこなすことだけが重要なのではありません。

後輩に対して面倒見が良かったり、部下が成長できるように指導が出来ることも非常に大事!

後輩からの人望があることが結構重要だったりします。

人望があって面倒見がいい人が職場に増えれば、楽しい職場になりそうですよね!?

だから、そうゆう部下の育成の面をしっかり評価してほめていく。

ほめられた側からしたら

「こうゆう面も見ててくれてたんだ!」

ってすごくうれしい気持ちになると思います!

こうゆう面をしっかりと見て、その人をほめることが出来る上司には

「ついていきたい!」

って思う人がきっと多い。

逆にそうゆう面を無視して、単に自分の仕事が出来る人だけを評価していくのはまずいです。

職場内で人を育てるということが軽視されやすくなってしまいます。

人を育てている人、助けている人をしっかりほめていく!

これを忘れないようにしましょう!

その人の存在自体に感謝する!

その人の存在自体に感謝する!ってことも非常に効果的で大事なことです。

その人が仕事で成果を挙げたら、誰しもが上手にその人をほめられると思います。

ただ正直そんな状況はあんまりないですよね(笑)

でも、どんな状況でもその人の存在に感謝し、ほめることはできます。

スポンサーリンク

「Aさんがいてくれると助かるよ」

「Bさんがいてくれると職場の雰囲気が良くなるよね!」

とその人の存在自体に感謝してほめる!

自分が実際に言われてみると結構嬉しいものです(笑)

自分が言われて嬉しいことなら、きっと周りの人だって言われたら嬉しいはず!

なので、普段は心に秘めている感謝の気持ちを、これからはなるべく言葉にして相手に伝えてみる。

それを毎日強く意識して行ってみてください。

これが職場内に広がれば、楽しく働きやすい職場にきっとなります。

そして、あなた自身も人をほめるのが上手になってくるはずです!

自分をほめる習慣からつける!

そもそも、ほめることが苦手な人は自分をほめることも苦手な人が多いんです。

ほめ上手になるには、まずは自分をほめる習慣をつけましょう。

なぜなら、日頃から自分のほめるポイントを見つけていると、人のいいところもすぐに気付けるようになるからです。

人のいいところに気付けるようになれば、あとはそれを素直に伝えたり、ほめたりすればいい。

ほめ上手な人は、ほめるテクニックもありますが、根本的に人のいいところを見抜くのがうまい。

そして、その人のいいところを素直に認められる心の余裕があります。

まずは自分自身をほめる習慣をつけながら、人のいいところに気付こうとしてみてください。

日々それを繰り返していくだけであなたは確実にほめ上手に近づいていくはずです!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

「この人話しやすい!」って思われたいなら絶対意識した方がいいことPart1
職場には、話しやすい人もいれば、話しかけにくい人もいます。 「話しやすい!」 と周りの人に思われた方が楽しく仕事をしやすくなるのではないでしょうか? 「この人話しやすいな」 と思われる人にはしっかりとした理由があります。 その理由を理解して、 「話しやすい!」 と周りに思われる人になりましょう! そのために意識すべきことをご紹介します! いつも笑顔でいる! 話しやすい人と思われたいなら、いつも笑顔でいましょう! 笑顔が苦手なら、明るい顔を常に意識しましょう! ムスッとした顔の人と笑顔でいる人だったらどっちが話しかけやすいですか? どっちが話していて楽しいですか? 自分が話しかける立場で想像してみれば、笑顔の人を選びますよね!? それだけ顔の表情は大事! でも実際出来ている人は少ないように感じます。(私もよく忘れます(笑)) 大事だってみんなわかっているけど、それを当たり前にいつもやることは意外に難しい。 だからこそ、笑顔が当たり前になっちゃえば大きな武器になるはずです! 笑顔には半端じゃないメリットがある 笑顔には話しかけやすさを高める効果だけでなく、周りの雰囲気を明るくする効果もあります。 笑顔の人を見て、こっちまで笑顔になった経験って多いですよね!?(笑) 笑顔は伝染すると言われています。 なので、自分が笑顔でいれば周りの人も笑顔も増やせる。 それが職場であれば、仕事をする時の雰囲気も良くなります。 そうなれば仕事上の人間関係のストレスも減るし、働く仲間からの好感度も上がる。 接客であればお客さんの反応も良くなり、会話も弾みやすくなります。 もういいことづくめですね!(笑) 今までより明るい顔を心がけよう! 笑顔が苦手という人も多いと思います。 そうゆう方は、今までよりほんの少しでも明るい顔を心がけましょう。 それだけで全然変わるはずです! きっとそれが話しやすい人に向けての第一歩になります! 自分から積極的に話しかける! 話しやすい人になりたいのであれば、まず自分から積極的に相手に話しかけましょう! 特に初対面の人やあまり話したことがない人に対しては、どんどん積極的に話しかける。 相手に興味を持っていることをはっきりと示すことが大事です。 そのために自分から話しかけるのはとても有効です。 自分に好意を持ってくれている人に好意を持ちやすい
自分をほめると仕事もプライベートも楽しくなる!!自分をほめることのメリット4つ!
今回は自分をほめることのメリットについて! 自分をほめることを普段意識していますか? 「自分をほめたら自分に甘くなる」 「自分をほめるなんてなんか恥ずかしい」 このように考える方が多いかもしれません。 自分をほめる習慣が今現在で無い人にとっては、 「こんなの意味あるの?」 と思うかもしれません。 しかし! 自分をほめることは日々の生活の充実度を上げてくれます。 また、仕事のやる気を高めるのに非常に効果的なんです!! 今までやっていなかった人も自分をほめるメリットを知ればきっとやりたくなります! メリットを4つご紹介します! 自己嫌悪が減る 「自分をほめる習慣がない」 という人は自分に厳しい人が多いです。 自分に厳しいのは成長したり、経験を積んで仕事が出来るようになりやすい大事な要素です。 しかし、厳しすぎるよはよくありません。 今の自分を否定し、責めて自己嫌悪に陥ることが多くなってしまいがちです。 自己嫌悪に陥っている時は嫌な気分ですよね? そうゆう時は仕事への集中力も下がります。 やりたいことへのやる気も出にくくなります。 こうなると自分に厳しいことはマイナスになってしまいます。 自分をほめる習慣がつくと、自分をありのままに受け入れやすくなります。 今の自分を少しずつ好きになっていける。 それはなぜか? それは、自分をほめようと意識していると、自然と自分のいいところに目が向くようになるからです。 自分のことが嫌いな人でも、自分のいいところに目が向くようになると、自分のことを少しずつ好きになってきます。 そうなるにつれて、自分を責めて自己嫌悪になることも少なくなります。 充実感が高まる! 自分をほめる習慣をつけると仕事でもプライベートでも充実感が高まります。 ほめられる経験は、育った環境などによって人それぞれ全然違っています。 自分に厳しい人は、ほめられた経験が他の人より少ないかもしれません。 そのため、ほめられることに慣れていない。 だから自分をほめることにも抵抗があるのです。 しかし、 「ほめられることが嬉しくない」 という人はほとんどいないはずです。 誰だってほめられたらうれしい。 ただ、人にほめられることはなかなかないですよね? もちろん仕事の種類や上司のタイプによって全然変わると思いますが、、、
スポンサーリンク

 - 接客関連

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status