シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

他人の評価を気にし過ぎない3つの方法

      2018/02/17

今回は他人の評価を気にしすぎない方法について。

「いつも人の目が気になって、仕事でやりたいようにやれない」

「人の評価ばかり気になる自分が嫌い」

このように悩んでいる人は思いのほか多いのではないでしょうか?

「なんとかしたいけど、これは性格だからどうしようもない」

スポンサーリンク

と思っているかもしれません。

でも、それは性格ではなく、思い込みに支配されているだけです。

だから必ず改善することが出来ます!

他人の評価を気にしすぎなくなる方法を3つご紹介します。

人の評価を気にしてしまう原因とは??

「人の評価が気になって仕方がない」

という人はきっと何かしら偏った思い込みに無意識にとらわれているはずです。

「すべての人に受け入れられなければいけない」

「人に嫌われてはいけない」

などという思い込みを無意識に信じている。

でも、それをあまり自覚していない。

「すべての人に~~」

「必ずこうしなければならない」

このような考えは、基本的に偏った思い込みです。

例えば、「すべての人に受け入れられなければならない」という考えです。

すべての人に好かれるなんて不可能ですし、ありえないですよね?

そもそもすべての人に受け入れられる必要すらないです。

でも、こうゆう思い込みを持っている人はそのせいで、誰かに拒否されたり、嫌われたりすると途端に動揺してしまいます。

そして、人に嫌われないようにいい人を演じてしまったりします。

しかもそれが誤った思い込みに支配されているせいであることに気づきません。

「こうゆう性格なんだ」と勘違いしてしまっています。

スポンサーリンク

自分を支配している偏った思い込みに気づく

人の評価が気になる人はまず無意識にどんな思い込みにとらわれているか、に気づく必要があります。

そして、その偏った思い込みを打破することが出来れば、人の評価にとらわれすぎずに過ごせるようになるはずです。

こうゆう「誰にも嫌われてはいけない」という偏った思い込みは、心理学で言うirrational belief=非合理ビリーフといいます。

これは自分を不幸にしてしまう思い込みです。

おそらく人の評価を気にしすぎるって人は

  • 「人に受け入れられなければならない」
  • 「人より優れていなければいけない」
  • 「嫌われてはいけない」

上記のようなタイプの思い込みがあるはずです。

以下に列挙する質問をして、気づいたことをとことん書き出してみてください。

  • どうゆう状況だと人の評価が気になるか?
  • 逆にどうゆう状況だと人の評価が気にならないか?
  • 人の評価が気になっている時に出てくる心の声は?
  • どんな考えが自分がしたいようにするのを妨げているか?

このような質問に答えていく中で自分を縛っている思い込みに気づけるはずです。

偏った思い込みを弱める反論を繰り返し読む

こういった思い込みを弱めるには、その思い込みに反論する考えを作成して、繰り返し読むことが有効です。

例えば、「人に受け入れられなければならない」という思い込みに対しての反論はこんな感じ。

私の人生の責任を取れるのは私だけ。他人の期待に沿って生きても、誰も責任はとってくれないし、そんな期待に沿って生きる必要なんて全くないよね?

嫌われても構わない、受け入れられなくても構わない。全ての人に受け入れられようっていうのは不可能だよ。

それに、そもそもそんな必要はない。

受け入れてくれない人がいても仕事は無くならない。もちろん受け入れてくれる人が多いに越したことはないけどね。

自分を受け入れてくれない人がいたって十分幸せになれる。

自分のしたいように生きても、自分のやりたいように仕事をしても、その自分を受け入れてくれる人が必ずいる。

って感じです。自分に語りかけるように作成するのがコツ。

こうゆう考えをrational belief=合理的な考え方といいます。

必ず自分に合う合理的な考え方があるはず。

上記の文章を参考にしながら、

「これは効果的な考え方だな」

と思ったら文章に付け加えたり、修正して自分なりの合理的な考えを作ってみてください。

こうやって作成した考えを毎日読み返したり、ゆっくり音読して、この考えを心から信じられるようにしていきます。

そうすると少しずつ偏った思い込みが弱まって、人の評価を気にしすぎなくなってきます。

思い込みを弱める短い暗示をとことん繰り返す

上記のように、考えを作成しても、なかなか読む時間がない時もありますよね?

特に仕事をしているときにそんな長い文章を読めないでしょう。

なので、大事な部分を要約して短い暗示文にしておきます。

例えば、先ほどと同じ「人に受け入れられなければならない」という思い込みであれば、

  • 「人に嫌われたって構わない」
  • 「自分のやりたいように仕事をしても認めてくれる人は必ずいる」
  • 「人の評価を気にして生きるのはもう卒業しよう」

って感じの言葉にします。

それを歩きながら心の中で繰り返し唱えたり、人の評価が気になり始めたらすぐ暗示する習慣をつけます。

あるいは、夜寝る前の、心が一番落ち着いている時間に繰り返し唱えるのも効果が高いですよ!

このように偏った思い込みに対する反論の文章を作成して繰り返し読む。

それに加えて、日々何度も繰り返し暗示出来る短い言葉を決めて、それをひたすら心の中で繰り返していく。

この2つを習慣にしていけば、きっと人の評価を気にしすぎる癖が少しずつなくなっていくはずです。

バックナンバー・関連記事はこちら↓

とてつもなくポジティブになる方法4つ! | シゴトノート
今回はとてつもなくポジティブになる方法について! 「ネガティブな自分が嫌い!」 「どうにかしてこの暗い性格を変えたい!」 このようにネガティブな自分を変えたいと悩んでいる方は多いと思います。 「もっとポジティブになれよ」 とアドバイスされても、そんな簡単じゃないから困ってしまいますよね? どうしたらポジティブになれるのか? 今回の記事がその答えのヒントに少しはなるはずです。 ネガティブな人になるべく近づかない ポジティブでいるのが当たり前になるまでは、ネガティブな人になるべく近づかない方がいいでしょう。 なぜなら、相手のネガティブさに悪影響を受けるからです。 ネガティブな考え方に悪影響を受けたり、ネガティブな発言を聞いて嫌な気持ちになりやすい、、、 もちろんネガティブな人にずっと近づいていけないわけではありません(笑) ポジティブでいるのが当たり前になれば大丈夫! ネガティブな人の影響を受けにくくなるので、こんなことは気にしなくていいと思います。 でも「ポジティブになりたい!」 「根がネガティブなのを変えたい」 このように思っている方は一緒にいる人はしっかり選んだ方がいいと思います。 自分よりポジティブな人を見つけて観察しまくる! ポジティブな人には積極的に近づきましょう! ポジティブになりたいなら、すでにポジティブな人から学ぶのが一番早い! 一緒にいる時間を増やして、その人をとことん観察しましょう! そして、1つでも多くのことを吸収しましょう。 どんな口癖があるか? どうゆう考え方をしているか? どうゆう行動をよく取るか? 陰でどんなことをしているのか? ポジティブさを支えている理由はなにか? 普段の表情はどうか? どんな態度で日々過ごしているか? どうゆう人とよく話しているか? このように色んな角度からその人を徹底的に観察します。 そして、1個ずつ真似していくのです。 そのポジティブな人を観察しているだけでポジティブになれることも結構あります(笑) そして、真似していくうちに自分がポジティブになっているのに気づくでしょう。 「うまくいったらどうしようか?」を考える習慣をつける 何か行動を起こす時、ネガティブな人は 「うまくいかなかったらどうしよう?」 と考えることが多いです。 でも、それは不安を増大するだけで何もプラスになりません。 そうではなく、
楽観的に考えることのメリット5つ! | シゴトノート
今回は、楽観的に考えることのメリットについて! 成功者の多くは楽観思考とよく言われますね。 逆に仕事の能率を下げたり、楽しさを減らす原因が心配性。 仕事だけでなく、長い人生で楽観的に考えるのと悲観的に考えるのだとどっちが楽しい人生になりそうでしょうか? 悲観的な自分のことは好きでしょうか? 今まで悲観的に物事を考えて仕事で無駄にストレスを感じたなら、それから脱却しましょう! 今日から楽観的に考える習慣をつけ始めましょう! そのためにはまず楽観的に考えるメリットをしっかり理解することが大事です。 5つご紹介します! ストレスが劇的に減る! 楽観的に考える習慣がつくとストレスが劇的に減ります! 楽観的に考える人は将来に対して楽観的です。 なので、まだ起こるかわからないことに対してあれこれ心配したりしません。 そのため、余計な不安や恐怖にかられてストレスを感じる機会が非常に少ないのです。 それに楽観的に考える習慣は人間関係におけるストレスも劇的に減らしてくれます。 なぜなら 「あの人に悪口を言われているんじゃないか?」 という本当かどうかがわからない不安な予測や被害妄想をしなくなるからです。 これは今まで悲観的に考えてきた人にとっては相当大きいはず! そして、余計なストレスが減るので、心が安定してきます。 また、今まで余計な心配に費やしてきた時間を、将来の希望を考える時間に充てることが出来ます! 過去を引きずらなくなる! 楽観的に考えていくことは過去に囚われにくいという大きなメリットもあります。 過去に起きたことに対しても、引きずったり、クヨクヨすることが少ない。 「過去のあのことがあるから今の自分はうまくやれている」 「どんなこともいずれきっと自分のプラスになる」 という感じで過去のことを捉えています。 だから、後悔から生まれるストレスも少ない。 過去にクヨクヨしていても何も変わりません。 変えられるのは今から先のことだけ! だったら、過去に囚われるのではなくて、今を楽しみながら、より良い未来をつくっていきましょう! 楽観的に考えることは、これからの明るい未来をつくるために非常に効果を発揮してくれるはずです! 今を楽しんで、この瞬間に集中できる! 楽観的に考えると過去を引きずらなくなります。 将来の起こるかわからないことに対してもいちいち不安になったりしません。
スポンサーリンク

 - メンタルスキル

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status