シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

仕事で凹んだ気持ちを切り替える3つの方法!

      2018/02/16

今回は仕事で凹んだ気持ちを切り替える方法について。

嫌な出来事があったり、仕事で怒られたりして、気分が落ち込むことはしょっちゅうありますよね?

そのように凹んだ気持ちを切り替えて、前向きな気分にしていく方法を3つご紹介します。

「凹んだ出来事を笑い話にできないか?」と考えてみる

「上司に怒られた」とか「仕事で失敗した」とか凹む時は誰だってあると思います。

その出来事を自分だけで溜めてしまうとマイナスの感情が残ってしまいがちです。

スポンサーリンク

そうゆう出来事も、

「話のネタになるな!笑い話にするにはどうすればいいだろう?」

と考えて、ちょっと大げさにしてみたり、明るくおもしろおかしくなるように友達や周りの人に話してみましょう。

そうすると、スっと気分が楽になったり、自分の鉄板ネタになったりします。

自分だけで抱え込むとマイナスの出来事も、

「人に話すネタが出来た!」と考えると少しはポジティブに捉えられるようになるんじゃないでしょうか??

わかってくれる人に話す

「そんな前向きになれない」

「面白い話になんか出来ないよ」

というような、もっと深刻な出来事なら、共感してくれる信頼できる友達にそのまま話す。

これが一番てっとり早く自分の気持ちを楽にできます。

どんな話をしても共感してくれる人、話をしっかり聞いて、辛さやきつさをわかってくれる人が周りにいるならその人に凹んだ出来事を話してしまいましょう。

その時に、無理に明るく装ったりする必要はないですよ。

自分の素直な気持ちを認めて、その気持ちごと話してしまいましょう。

あなたが信頼している人ならきっと共感してくれるはずです。

同じような出来事で凹んだ人を見つける

周りにそんなに素直な感情を話せる人がいない、、、という方はネットでも漫画でもドラマでもなんでもいいです。

あなたと同じ凹んだ体験をした人を探しましょう。

凹んでる時は「なんで自分ばっかり」と、自分だけが凹んだ状態にいると考えがちです。

もっと視野を広げてみましょう。

同じように凹んで苦しんでいる人はきっとたくさんいます。

そのような人たちの体験を知ったり、そこからどう立ち直ったかを知ると希望が湧いてきます。

スポンサーリンク

元気になってくるはずです。

むしろ自分の方から、ツイッターなど、SNSで凹んだ出来事を載せたら、もしかしたら同じような出来事をしている人が反応してくれるかもしれない。

凹んだ気持ちを共感してくれる人が現れればかなり気分は楽になるはず!

もし可能なら、その凹んだ状態からどうやって立ち直ったかもいずれ情報でどんどん発信してあげて下さい。

それを見て救われる人が世の中には必ずいるはずですから。

以上!

とにかく大事なのは自分の中だけで抱え込まないこと。

飲みに行って友達に話すでもいいので、凹んだ気持ちをどんどん外に出して発散してしまいましょう!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

ポジティブな人の3つの特徴! | シゴトノート
今回はポジティブな人の特徴について! あなたの周りにいつも前向きで明るい雰囲気を発している人はいませんか? いつもポジティブな人にはどんどん人が寄ってきます。 元々ポジティブな人もいれば、苦しんだ経験から這い上がって、強いポジティブさを手に入れた人もいます。 でもどんなタイプであれ、ポジティブな人には共通点があります。 その共通点を知り、真似る。 そして、今からでも少しずつポジティブな人に近づいていきましょう! 特徴を3つご紹介します! どんなことも前向きに捉える! ポジティブな人はどんな時でも前向きです。 どんな状況でも前向きな気持ちで行動することが習慣になっています。 他の人から見れば、不幸に見えることでもポジティブな人はプラスの意味づけをして 「チャンス!」 と考えます。 ポジティブな人は、出来事や事実に対して、自分にとってプラスになるように捉え直すのが上手なんです! 例えば、仕事で業務が重なって追い込まれている時の場合。 ネガティブな人なら 「なんでこんな仕事が多いんだ、、、」 と愚痴をこぼすところですね。 でも、ポジティブな人は 「自分のキャパシティを広げるチャンス!」 「仕事がもっと出来るようになる大チャンス!」 と捉えて前向きにこの状況に臨んでいく。 こうゆう違いの積み重ねがポジティブな人とネガティブな人を分けていきます。 状況に対する考え方はいくつもあります。 なるべく柔軟に、前向きなものを選択していきましょう! ポジティブな人が周りにいる ポジティブな人の周りにいる人もポジティブな人が多くないですか? きっと、ポジティブな人に同じポジティブな人が寄ってくるのでしょう。 ポジティブな人は、自分よりもポジティブな人から言葉や行動を吸収しています。 その人を出来るだけ観察して、ポジティブさを作っている要因を見つけ出す。 そして、それを自分も真似てみる。 ポジティブな人はそうゆうことをするのも上手です! 小さな楽しみや幸せを見つけるのがうまい ポジティブな人は小さな幸せを見つけるのがとっても上手です! 仕事中にお客さんからほめてもらったことを思い出して嬉しくなる。 仕事で少し出来ることが増えたことに幸せな気持ちを感じる。 あるいは、昼ごはんがおいしかったことや誰かの助けになれたことを覚えている。 そして、その嬉しさや楽しさを十分に味わっています。
楽観的に考えることのメリット5つ! | シゴトノート
今回は、楽観的に考えることのメリットについて! 成功者の多くは楽観思考とよく言われますね。 逆に仕事の能率を下げたり、楽しさを減らす原因が心配性。 仕事だけでなく、長い人生で楽観的に考えるのと悲観的に考えるのだとどっちが楽しい人生になりそうでしょうか? 悲観的な自分のことは好きでしょうか? 今まで悲観的に物事を考えて仕事で無駄にストレスを感じたなら、それから脱却しましょう! 今日から楽観的に考える習慣をつけ始めましょう! そのためにはまず楽観的に考えるメリットをしっかり理解することが大事です。 5つご紹介します! ストレスが劇的に減る! 楽観的に考える習慣がつくとストレスが劇的に減ります! 楽観的に考える人は将来に対して楽観的です。 なので、まだ起こるかわからないことに対してあれこれ心配したりしません。 そのため、余計な不安や恐怖にかられてストレスを感じる機会が非常に少ないのです。 それに楽観的に考える習慣は人間関係におけるストレスも劇的に減らしてくれます。 なぜなら 「あの人に悪口を言われているんじゃないか?」 という本当かどうかがわからない不安な予測や被害妄想をしなくなるからです。 これは今まで悲観的に考えてきた人にとっては相当大きいはず! そして、余計なストレスが減るので、心が安定してきます。 また、今まで余計な心配に費やしてきた時間を、将来の希望を考える時間に充てることが出来ます! 過去を引きずらなくなる! 楽観的に考えていくことは過去に囚われにくいという大きなメリットもあります。 過去に起きたことに対しても、引きずったり、クヨクヨすることが少ない。 「過去のあのことがあるから今の自分はうまくやれている」 「どんなこともいずれきっと自分のプラスになる」 という感じで過去のことを捉えています。 だから、後悔から生まれるストレスも少ない。 過去にクヨクヨしていても何も変わりません。 変えられるのは今から先のことだけ! だったら、過去に囚われるのではなくて、今を楽しみながら、より良い未来をつくっていきましょう! 楽観的に考えることは、これからの明るい未来をつくるために非常に効果を発揮してくれるはずです! 今を楽しんで、この瞬間に集中できる! 楽観的に考えると過去を引きずらなくなります。 将来の起こるかわからないことに対してもいちいち不安になったりしません。
仕事のモチベーションを爆発的に上げる3つの方法 | シゴトノート
今回は仕事のモチベーションを上げる方法について! 「仕事のモチベーションが全然上がらない、、、」 「機械みたいに仕事をしてしまっている、、、」 忙しくて仕事に追われていると、こんな気持ちになりやすいもの。 しかし、工夫次第で、今よりもっと前向きに仕事に取り組めるようにできるはずです! モチベーションを上げる方法について3つご紹介します! 仕事で使う道具を自分の好きな物にする 仕事で使う道具や身につけるものにこだわってみましょう。 例えば、ちょっと高級なペンを使うようにしたり、スーツをおしゃれなものに変えたりする。 仕事で使う物や身につけている物は予想以上に仕事中の気持ちに影響しています。 自分の好きなファッションをしている時と、 「今日はいまいち」 というファッションをしている時だと気分が全然違いますよね? それと一緒です。 仕事で使う道具が自分の好きな物でテンションが上がるものだったら、その良いテンションのまま仕事に入りやすくなります。 「そんなの意味ないよ」 と最初から決めつけずに、だまされたと思ってやってみてくださいね(笑) 今の仕事のいいところに気付こうとする 「今の仕事や職場のいいところに気付こう!」 という意識を持つのは前向きに仕事をすることに大きくつながります。 仕事を嫌々やっている時や 「仕事に行きたくないなぁ」 と思っている時は、マイナスのことばかりに目が向いている場合が非常に多い。 物事の捉え方は自分次第です。 今、仕事のマイナスのことばかりに目が向いているなら、プラスのことに目を向けるよう強く意識していきましょう。 仕事のプラスのことは例えば、 職場で尊敬できる先輩がいる 相談しやすい上司がいてくれる 家から職場が近くて通勤時間が短くて済む 自分の仕事がお客さんの笑顔につながっている 仲のいい同僚がいてくれる 仕事も慣れてきて余裕が出てきている わからないことは聞ける職場環境にある このような感じです。 普段当たり前だと思っているような環境も他の職場では当たり前ではないことが多々あります。 まずは当たり前に感じている仕事や職場の良いところに1つ1つ目を向けていく。 それを1日1つ出すだけでいいのです。 これを毎日やることで今のいいところに目が向く習慣がついてきます。
スポンサーリンク

 - メンタルスキル

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status