シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

仕事で不安になった時に絶対試したい3つの対処法!

      2018/02/16

今回は仕事で不安になることが多い方へ。不安の対処法についてです。

「あの仕事はうまくできているだろうか?」

「ミスしていたらどうしよう?」

このようにプレッシャーのかかる仕事があると不安になることは誰しも経験すると思います。

全く不安が出ないようにするのはよほど修練を積んだ人しか無理でしょう。

スポンサーリンク

でも、不安との付き合い方は誰でも変えることが出来ます。

上手な付き合い方をすれば不安はむしろ自分のプラスに働かせることができます!

不安になった時に絶対試してほしい方法を3つご紹介します。

感情を無理に安定させようとしない

矛盾しているようですが、不安になった時に感情を無理に安定させようとしないことが大事。

つまり、不安である状態を否定して、不安を無理やり消そうとしない方がいいということです。

なぜなら、不安を無くすことそれ自体が目的になってしまうと、ネガティブな感情に敏感になり過ぎて心が乱れやすいから。

不安になったら、それはそれで、あるがままに受け入れようとしましょう。

不安などのネガティブな感情には多少鈍感になって、今やるべき行動をどんどん行っていった方が感情が安定していきます。

不安な状態のままでもやるべき行動をとりあえずやっていくうちに勝手に不安が消えていくことも意外とあります。

不安な状態は良くない状態ではありません。

その不安に支配されて、やるべきことをやらない方がよっぽど良くありません。

時間がもったいないですし、やるべきことをやらなかった自己嫌悪でさらに不安が大きくなってしまうことが多いからです。

不安になったら、まず無理にその不安という感情を否定しない。

無理に消そうとしない。

これは忘れないようにしましょう。

深い呼吸を50回以上連続で行う

不安になった時に真っ先に変えるべきは呼吸です。

ネガティブな感情になっている時はまず間違いなく呼吸が浅くなっています。

呼吸が浅くなって、柔軟な思考が出来なくなっている可能性が非常に高い。

呼吸に意識を向けて深い呼吸をしましょう!

深い呼吸を数回するだけでも多少変わりますが、出来れば50回以上連続(更に可能なら100回以上連続)で深い呼吸を繰り返します。

スポンサーリンク

そうすると少しずつ気持ちが落ち着いてきます。

冷静にかつ柔軟に考えられるようになってくる。

そして、不安な状態がそれほど大したことがないように感じられてきます。

呼吸にはそれだけすごい効果があります。

是非試してみて下さい。

 この心理状態で出来る限りのことをしようとする

不安になった時はまず感情を無理に安定させようとしない。

そして、深い呼吸を50回以上行う。

これだけで不安がだいぶ解消出来ているかもしれません。

それでも不安が消えない方は、

「この不安な心理状態で出来る限りのことをしよう!」

「不安な状態で出来ることを増やしていこう!」

このように考えて、目の前のことを次々にこなしていきましょう。

「不安な状態でもやるべき行動が出来た」という経験を積み重ねることが出来れば自信がついてきます。

「不安な状態も大したことないな」って思えるようになってきます。

こう思えるようになれば、もう不安な感情にあまり振り回されずに日々の仕事に立ち向かえると思います。

以上、ぜひ試してみて下さいね!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

仕事で凹んだ気持ちを切り替える3つの方法!
今回は仕事で凹んだ気持ちを切り替える方法について。 嫌な出来事があったり、仕事で怒られたりして、気分が落ち込むことはしょっちゅうありますよね? そのように凹んだ気持ちを切り替えて、前向きな気分にしていく方法を3つご紹介します。 「凹んだ出来事を笑い話にできないか?」と考えてみる 「上司に怒られた」とか「仕事で失敗した」とか凹む時は誰だってあると思います。 その出来事を自分だけで溜めてしまうとマイナスの感情が残ってしまいがちです。 そうゆう出来事も、 「話のネタになるな!笑い話にするにはどうすればいいだろう?」 と考えて、ちょっと大げさにしてみたり、明るくおもしろおかしくなるように友達や周りの人に話してみましょう。 そうすると、スっと気分が楽になったり、自分の鉄板ネタになったりします。 自分だけで抱え込むとマイナスの出来事も、 「人に話すネタが出来た!」と考えると少しはポジティブに捉えられるようになるんじゃないでしょうか?? わかってくれる人に話す 「そんな前向きになれない」 「面白い話になんか出来ないよ」 というような、もっと深刻な出来事なら、共感してくれる信頼できる友達にそのまま話す。 これが一番てっとり早く自分の気持ちを楽にできます。 どんな話をしても共感してくれる人、話をしっかり聞いて、辛さやきつさをわかってくれる人が周りにいるならその人に凹んだ出来事を話してしまいましょう。 その時に、無理に明るく装ったりする必要はないですよ。 自分の素直な気持ちを認めて、その気持ちごと話してしまいましょう。 あなたが信頼している人ならきっと共感してくれるはずです。 同じような出来事で凹んだ人を見つける 周りにそんなに素直な感情を話せる人がいない、、、という方はネットでも漫画でもドラマでもなんでもいいです。 あなたと同じ凹んだ体験をした人を探しましょう。 凹んでる時は「なんで自分ばっかり」と、自分だけが凹んだ状態にいると考えがちです。 もっと視野を広げてみましょう。 同じように凹んで苦しんでいる人はきっとたくさんいます。 そのような人たちの体験を知ったり、そこからどう立ち直ったかを知ると希望が湧いてきます。 元気になってくるはずです。 むしろ自分の方から、ツイッターなど、SNSで凹んだ出来事を載せたら、もしかしたら同じような出来事をしている人が反応してくれるかもしれない。
とてつもなくポジティブになる方法4つ! | シゴトノート
今回はとてつもなくポジティブになる方法について! 「ネガティブな自分が嫌い!」 「どうにかしてこの暗い性格を変えたい!」 このようにネガティブな自分を変えたいと悩んでいる方は多いと思います。 「もっとポジティブになれよ」 とアドバイスされても、そんな簡単じゃないから困ってしまいますよね? どうしたらポジティブになれるのか? 今回の記事がその答えのヒントに少しはなるはずです。 ネガティブな人になるべく近づかない ポジティブでいるのが当たり前になるまでは、ネガティブな人になるべく近づかない方がいいでしょう。 なぜなら、相手のネガティブさに悪影響を受けるからです。 ネガティブな考え方に悪影響を受けたり、ネガティブな発言を聞いて嫌な気持ちになりやすい、、、 もちろんネガティブな人にずっと近づいていけないわけではありません(笑) ポジティブでいるのが当たり前になれば大丈夫! ネガティブな人の影響を受けにくくなるので、こんなことは気にしなくていいと思います。 でも「ポジティブになりたい!」 「根がネガティブなのを変えたい」 このように思っている方は一緒にいる人はしっかり選んだ方がいいと思います。 自分よりポジティブな人を見つけて観察しまくる! ポジティブな人には積極的に近づきましょう! ポジティブになりたいなら、すでにポジティブな人から学ぶのが一番早い! 一緒にいる時間を増やして、その人をとことん観察しましょう! そして、1つでも多くのことを吸収しましょう。 どんな口癖があるか? どうゆう考え方をしているか? どうゆう行動をよく取るか? 陰でどんなことをしているのか? ポジティブさを支えている理由はなにか? 普段の表情はどうか? どんな態度で日々過ごしているか? どうゆう人とよく話しているか? このように色んな角度からその人を徹底的に観察します。 そして、1個ずつ真似していくのです。 そのポジティブな人を観察しているだけでポジティブになれることも結構あります(笑) そして、真似していくうちに自分がポジティブになっているのに気づくでしょう。 「うまくいったらどうしようか?」を考える習慣をつける 何か行動を起こす時、ネガティブな人は 「うまくいかなかったらどうしよう?」 と考えることが多いです。 でも、それは不安を増大するだけで何もプラスになりません。 そうではなく、
マイナス思考になった時に劇的に効果のある対処法3つ | シゴトノート
今回はマイナス思考になった時の対処法についてお話しします。 「ポジティブになろうとしているけど、なかなかなれない」 「マイナスの考えに囚われてしまいそうになって恐くなる」 こんな悩みを持っている方は、マイナス思考になった時の対処法をしっかり持っておくのが有効です。 なぜなら、対処法を知っておけば、 「多少マイナス思考になっても大丈夫だ」 って安心感が持てるようになるからです。 マイナス思考の度合いを10点満点で点数化する ネガティブな感情になったら、そのネガティブの程度を10点満点で点数化しましょう! 「このマイナスの感情は10点満点で何点ぐらいかな?」 と自分の心を観察してみる。 そうすると一旦、自分をネガティブな感情から切り離すことが出来ます。 ネガティブな感情に飲み込まれて自分を見失わずに済みます。 そうすれば、マイナス思考に陥って抜け出せない悪循環を断つことができます! ネガティブな感情になったら、まず点数化! その習慣をつけていきましょう! 呼吸に意識を向ける マイナス思考に陥ったら、呼吸に意識を向けることも非常に有効な方法です! これは考えすぎてツライって時にも効果的です。 マイナス思考を止めるには、一回思考を停止させてしまえばいい。 でも、 「マイナス思考を止めたい!」 と思っても、簡単には思考は止められません。 考えるのをやめようと頭の中で頑張ることは逆効果になることが多い。 ではどうするか? そのために呼吸を利用します。 意識的にゆっくり長く吐き出す深い呼吸を繰り返す。 その時にただ呼吸にだけ意識を向けていきます。 息を吸っている時の口やのどの感覚を感じ取ろうとする。 息をゆっくり長く吐き出している時の胸の感覚や吐き出している空気の流れを繊細に感じ取ろうとしましょう。 このように感覚を感じ取ることに集中していくと自然に無駄な思考がストップしていきます。 思考する余裕がないくらい呼吸に集中しようとするのがポイント! マイナス思考の連鎖もこれで止められることが多いです。 マイナス思考になっている時はほとんど呼吸が浅くなっています。 呼吸に意識を向けるとそれだけで呼吸を少し深くすることが出来ます。 マイナス思考になりがちな方は普段から呼吸に意識を向ける習慣をつけましょう。 深い呼吸の習慣をつけるだけで心の安定感が全然変わってきますよ!
スポンサーリンク

 - メンタルスキル

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status