シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

仕事の生産性が高い人の5つの特徴!

      2018/06/07

今回は仕事の生産性が高い人の特徴について。

仕事が速く、結果を出す人=生産性の高い人はどの職場にも1人や2人はいるのではないでしょうか?

その人達のことを見て

「結果をしっかり出すあの人と自分は何が違うのだろう?」

「なぜあの人は仕事があんなに速いんだ??」

スポンサーリンク

このように疑問に思うことはありませんか?

生産性が高い人には特徴があります。

その特徴を真似して、自分の物にしていけばあなたも生産性の高い人に確実に近づくことが出来るはずです!

特徴を5つご紹介します。

段取りが非常に上手い

生産性が高い人は段取り上手です。

どの仕事も目標から逆算して計画を立てます。

  • この結果を出すためには何を優先すればいいか?
  • 何から手を付けるとスムーズに進むか?
  • 今の自分の能力でこの仕事はどれくらいの時間がかかりそうか?

このようなことを考えて、与えられた仕事を完成させるための段取りを立てます。

ゴールから逆算して段取りを組んでいるので、締め切りよりも早く仕事が終わります。

思い付いたことから手を付けるのではなく、結果を出すのに必要な手順を選んで取り掛かっているので、結果も出やすくなります。

しかも、スケジュールをカツカツにしすぎず、余裕時間も確保しているので、トラブルがあった時でも余裕を持ちながら計画を修正することが出来るのです。

生産性を高めるアイディアを常に考えている

生産性が高い人は常により上を目指しています。

「どんな方法で行えばもっと生産性が高くなるか?」のアイディアを常に出そうとして日々小さな改善を積み重ねている。

  • 望む結果をもっと速く簡単に得るためにはどんな方法を使えばいいか?
  • 今この仕事に掛かっている時間をもっと短時間で終わらせる方法はないか?
  • 今の10倍の成果を出すにはどうすればいいか?

上記のようなことを常に考えてアイディアを出しています。

思い付いた改善策はどんどんトライして、試行錯誤しながら更なる生産性の向上を追及しているのです。

それぞれの仕事の必要十分を見極めている

生産性が高い人は仕事の必要十分をうまく見極めています。

  • この仕事は70%の完成度で問題ない
  • この仕事はこだわって仕上げる必要がある。
  • この仕事はやる必要がない。

このようにそれぞれの仕事ごとに完成度を調整しています。

全ての仕事をこだわって100%を目指すのは馬鹿げていますし、絶対無理です(笑)

仕事の中には今後の成果に大きく影響する仕事もあれば、やっても意味があるかわからない程度の生産性の低い仕事もあります。

こだわりを持って完成させる仕事は自分がこだわりたい仕事・影響力の大きい仕事だけに絞る。

そして、生産性の低い仕事をやめるか、掛ける時間を極力削減する。

スポンサーリンク

あるいは部下やアルバイトさんに振ることを検討する。

こうゆう仕事の見極めが非常に大事で、生産性が高い人はこれがとても上手です。

自分がどの仕事にどれくらい時間を掛けているのか把握している

あなたはそれぞれの仕事にどれくらいの時間をかけているか把握していますか?

生産性が高い人はこれを把握している人が多い。

要は自分の時間の使い方に敏感になれているかどうか?ということです。

時間の使い方に鈍感だと、必要性の低い資料の細かい部分の修正などに2時間費やしていても、あまりまずいとは思いません。

仕事の必要十分を見極めるうえでも、自分がどの仕事にどれくらいの時間を掛けているかを把握しましょう。

自分でも驚くほど、生産性の低い仕事に時間を掛けすぎていたことに気付くはずです。

生産性が高い人は日々自分の時間の使い方を見直し、改善しているから、短時間で結果を出せるのです。

今やれることは今すぐやる習慣がついている

生産性が高い人は仕事がスピーディーです。

その仕事のスピードを上げるためには、今やれることは今すぐやる習慣をつけることが大事!

  • 今できることは今やる
  • わからないことがあってもわかることだけ出来るだけ進めておく
  • 今この瞬間で、この仕事をどれだけ進めるか?の意識を強く持つ

上記のような意識を強く持って実行するだけでも、意識していない人より圧倒的に仕事のスピードが速くなるはずです!

おすすめ本!

今まで私は生産性や時間効率、段取り関係の本など様々な本を少なくとも100冊以上は読んできました。

その中で自分自身の仕事に大きく影響して、自分の仕事の生産性をめちゃくちゃ高めるのに役立った本をご紹介します。

「生産性を高めたい!」って思っている方にはきっと参考になるはずです!

おすすめ本その1

おすすめの1冊目は、

【自分の時間を取り戻そう~ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方】という本です。

著者は人気ブロガーのちきりんさん。

メリハリをつけた生活をするためには何が大事か?

生産性を高めるとはどうゆうことか?

時間を見える化しているか?

有効活用されていない時間や物を活用することを考える視点などが非常に参考になりました。

新サービスのアイディアが湧きやすくなったり、今の自分自身の働き方がいかに生産性が低いかを痛感させられる本です。

「もっと生産性を高めて働こう!」とめちゃくちゃ仕事のやる気が湧いてくる本でした。

おすすめ本その2!

おすすめの本の2冊目は【世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか あのGoogleが社内でやっている神速仕事術57】という本です。

著者はピョートル・フェリークス・グジバチさん。

本書はグーグルが社内で行っている生産性の高い工夫や、仕事に集中させるための休息の工夫。

そしてピョートルさん自身がモルガンスタンレーやグーグルで働きながら得た神速の仕事術について詳しく書かれています。

参考になることがとても多かったのですが、
私個人として強く印象に残ったのは、今やれることは即座にやってしまうピョートルさんの意識の強さでした。

読むだけで、

「今をいかに動かしていくか?」

「今の密度をいかに高めていくか?」

ということを強く意識するようになって仕事のスピードが上がりました。

様子見をしたり、

「これはあとでやろう」

って考えて後回しにすることがいかに多かったか。

それが自分の行動サイクルの遅さにつながっていたかを痛感して反省させられました(笑)

もう一つ、自分の仕事をいかに無くしていくか、というのも非常に印象的でした。

人口知能AI時代を生き抜くためには、自分が時代より速く動くつもりで変化していく必要があるということを学びました。

人口知能=AIに仕事を奪われるのを恐れるよりも、自分の仕事をAIに任せて、自分はもっと自分にしかできない仕事をしようって考えて生きていった方がよっぽど楽しいですもんね!

今に対する意識が落ちた時に読み返したい本でした。

バックナンバー・関連記事はこちら↓

生産性が劇的に高くなる3つの方法! | シゴトノート
今回は仕事が全然終わらない方へ、生産性を向上させて短時間で結果を出す方法について! 「仕事とプライベートのメリハリをつけて働きたい!」 「圧倒的な成果を出したい!」 「時間に追われながら仕事をするのはもう嫌!」 このように悩んでいるなら生産性を高めましょう。 生産性を高めることで短時間で速く結果を出せるようになります。 自分の時間にも余裕が生まれて日々の生活もメリハリのついた充実したものに近づけるはずです! 生産性を向上させる方法を3つ詳しくご紹介します。 出来る限りその場で仕事を終わらせる 仕事は出来る限りその場で終わらせられるようにしましょう。 取引先のところに行って、わからないことや上司に確認するところがある場合仕事を持ち帰っていませんか? 「一旦上司に確認して後日またご連絡します」というような形で。 こうゆうスタイルで仕事をしていると仕事がなかなか進みません。 もしどうしても一度持ち帰る必要があったとしても、今その場で出来ることは全部行いましょう。 上司に確認を取るにはその場で電話やチャットをするという方法もあるはずです(その会社で出来るならですが、、、) そして、上司に確認を取る以外のことはその場で決めて出来る限りその仕事を進めておく。 とにかく今その場で出来ることは出来る限りやる! 生産性を上げて早く結果を出すためには、このような心掛けが非常に大事です。 もっと短時間で結果を出す方法を常に考える 今行っている仕事に対して「どうしたらもっと短時間で結果を出せるか?」を常に考えましょう。 生産性が高く、速く結果を出す人はこれを常に意識している人が多いです。 そのためにはまず各業務に掛かっている時間をある程度把握しておく必要があります。 タイマー等を使ってそれぞれの仕事に費やしている時間を計ってみましょう。 「自分がどの仕事にどれだけの時間を掛けているか?」を把握して、それぞれ掛かっている時間をより短時間で済ませられるように方法を考えていきます。 段取りはうまくできているか? 部下に任せられる仕事はないのか? 必要以上の完成度で作っていないか?(必要十分を見極められているか?) そもそもこの仕事はやる必要があるのか? もっと効率的な方法はないのか? これがベストの方法か?
仕事を超速で終わらせるための時間活用術4つ!
今回は仕事を速く終わらせるための時間活用術について。 仕事が速くて生産性が高い人は時間の使い方が非常に上手です。 時間の使い方が上手な人は時間に対する意識が高いのも特徴ですね! 仕事が終わらないから働く時間を長くしたり、家に仕事を持ち帰ることは今日で卒業しましょう! 仕事を超速で終わらせるための時間活用方法を4つご紹介します! 時間の使い方に敏感になる 今行っている仕事の大まかな所要時間を把握していますか? 「把握していない、、、」 と思った人は時間の使い方に鈍感になっているかもしれません。 時間の使い方に鈍感になっていると1つの仕事に必要以上に時間を掛けてしまって、それが残業の原因になったりします。 「いつも仕事が終わらない、、、」と感じている人はまず何にどれだけ時間を掛けているのかを分析しましょう。 ストップウォッチなどで1つの仕事に掛けている時間を計りましょう。 今の段階では早くやろうとはしなくていいです。 「今の自分はどの仕事にどれくらい時間が掛かっているのか?」 とりあえず、これが把握出来ればOKです。 所要時間を予測する習慣をつける 今の仕事に掛けている時間をある程度把握したら、今度は所要時間を予測する習慣をつけましょう。 手帳に1日のスケジュールやタスクリストを書いている人が多いと思いますが、それに所要時間の予測も書いておく。 部長への資料作成(30分)って感じで。 恐らく最初のうちはその予測と実際に掛かった時間に大きなずれがあると思います。 ずれがあった場合は 「予測とずれたのは何が原因だったか?」 「予想以上に時間が掛かった仕事をもっと短時間で終わらせるにはどうすればいいだろう?」 このように仕事終わりに振り返って分析をしていきましょう。 所要時間を予測する習慣をつけて日々繰り返し予測と結果を照らし合わせる。 予測と結果がずれたら、その原因を分析して改善案を出していく。 この繰り返しで確実に時間の使い方が上手になり、生産性が上がっていきます。 仕事に費やす時間をあえて制限する 仕事に費やす時間をあえて制限することが生産性を高めるのに非常に有効です。 定時ですぐ帰宅する人や仕事以外にも情熱を燃やしている人は仕事が速いことが多いですよね!? それはその人が絶対に残業しないと決めていたり、仕事以外のことに時間を割けるように工夫しているからです。

生産性を高め続けるために意識すべき超大切な3つの視点!

仕事を前倒しで進めるための4つの方法

仕事を前倒しで進めることの4つの効果!

スポンサーリンク

 - 生産性向上

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status