シゴトノート

仕事に関係する様々なことを網羅していきます!

心が苦しくなった時に絶対チェックして欲しい6つのこと

      2018/02/14

今回は心が苦しくなっている方へ。
苦しさから抜け出すために絶対チェックして欲しいことについてです。

仕事が忙しくなったり、ミスをして上司に怒られたりすると苦しい気持ちでいっぱいになりませんか?

仕事をしている以上、時には苦しい気持ちになるのは避けられないかもしれません。

心が苦しくなっている時は視野が極端に狭くなり、思考が凝り固まっています。

その視野を広げて、苦しい感情から抜け出すために是非チェックして欲しいことを6つご紹介します。

一人で抱え込んでいないか?

仕事で問題に直面したり、人間関係でストレスが溜まったりしている時に人に相談していますか?

「こんな悩みを持っているのは自分だけかも、、、」

「こんなことを相談したら周りの人に変だと思われてしまうのではないか?」

このように不安に思って、ついつい悩みや問題を抱え込んでしまうことってありますよね?

一人で悩みを抱え込んでいる時は、その悩みは実際よりもかなり深刻に思えてしまいます。

苦しい時に、その原因である悩みやストレスを誰にも話していないのであれば、少し勇気を出してみましょう。

周りの人にその苦しい原因を話してみるだけで視野が広がります。心が一気に軽くなります!

人に話すのも、何も無理に暗く話す必要はないんです。

明るく、笑い話のように「昨日さ、こんなことがあって、ストレス溜まったわ~(笑)」って明るく話す。

もちろん真剣に相談をするのもありです。

スポンサーリンク

その時は真剣に人の話を聞いてくれる人を選びましょう。

「こんな悩み自分だけかも」って思うことでも人に話してみたら、「あっわかるわかる!」って共感されて「こうゆう悩みを持っているのは自分だけじゃないんだ!」って楽になることもよくあります。

なので、とにかく心が苦しくなったら、一人で抱え込まない!

これを強く意識しましょう!

今を楽しむのを忘れていないか?

心が苦しくなっている時はきっと今を楽しめていないと思います。

「当たり前だ」と怒られそうですが、先のことばかり考えてイライラしていませんか?

先のことに対する不安やイライラが苦しさにつながっていることも多い。

心が苦しくなったら

「今を楽しむのを忘れていないか?」

「今を楽しもうとしているか?」って一度立ち止まって確認してみて下さい。

「今を楽しもう!」と強く意識して目の前のことに必死になるだけで苦しさが減っていくことも多いです。

素直な気持ちを書き出しているか?

イライラしたり、モヤモヤした時は素直な気持ちを紙に書き出しましょう!

紙に書き出すのがベストですが、スマホのメモ帳に記録するだけでもいいです。

とにかく頭の中のモヤモヤを書き出して外に出す。

そうすると頭の中の考えが整理されて、客観的に今の気持ちや状況を捉えることが出来ます。

心の苦しさが軽減します。

モヤモヤやイライラは心に溜めたままだとだんだん辛くなってしまいます。

なかなか人に話せないことや相談するタイミングがないことも多いと思うので、そうゆう時は紙に誰にも言えない素直な気持ちを書き出して吐き出してしまいましょう!

きっと楽になりますよ!

別の世界に浸る時間を作っているか?

自分の世界とは別の世界に浸る時間を作っていますか?

心が苦しい時は自分の世界しか見えていない可能性が高い。

仕事が忙しい時でも映画やドラマを見たり、漫画を読んだりして自分とは別の世界に浸る時間を少しでも持ちましょう。

映画や漫画で別の世界に浸ることで自分の今の状況を客観的に見ることが出来ます。

それに一時的に苦しさを忘れてポジティブな気持ちに切り替えることも出来ます。

そして自分の世界以外にも色々な世界があることを思い出せます。

いくら今が大変でも、他の世界に行く選択肢が誰でもあります。

それを思い出しましょう!

そうすればもっと今の状況が気楽に感じられるはず。

今の環境の良いところにも少しは気づきやすくなるので、苦しくなってきたら特に別の世界に浸る時間をしっかり持ちましょう。

今の悪いところばかりを見ていないか?

仕事の忙しさに追われて、今の悪いところばかり見ていませんか?

スポンサーリンク

心が苦しい時こそ、「今の良いところを見よう」と強く意識をしましょう。

良いところを見ようとする気にならなくても、無理やりでも1個2個でも出そうとしましょう。

今の良いところに1つ2つ気付いて意識をしていくと心がポジティブになってきて、苦しさが軽減してくる。

どうしても疲れていたり、仕事を忙しいと今の悪いところばかりが気になってしまいがちで、それはしょうがないと思います。

ただそれを防ぐためにもなるべく日ごろから今の良いところを見る習慣をつけておくのがおすすめです。

悲観的な考えにとらわれていないか?

幸せな時に自分を疑って急に不安になってしまうことはありませんか?

そうやって自分を疑って苦しくなっている時は大抵、悲観的な考えにとらわれています。

悲観的な考えを利用して、将来に対する現実的な対策をするのは良い方法ですが、囚われる必要は全くありません。

時々「今の自分の考えは楽観的か?悲観的か?」と自分の思考を観察してみましょう。

悲観的に考えていたら「よし、この悲観的な考えから抜け出そう!」って意識しましょう!

気分は「抜け出す!」と意識すると意外と抜け出せるものです。

そして、楽観的に考えることを強く意識する!

  • きっとなんとかなる
  • 今を頑張っていればいいことがある!
  • 楽しんでいる方がうまくいく!
  • 自分にこれから起こることは全部良いことだ!
  • できるだけのことをやったら、後はなんとかなるさ!

上記のように楽観的で前向きな考えを常に意識しながら日々を過ごしましょう。

そうすれば心が苦しくなる時間が少しずつ減っていくはずですよ!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

仕事で不安になった時に絶対試したい3つの対処法!
今回は仕事で不安になることが多い方へ。不安の対処法についてです。 「あの仕事はうまくできているだろうか?」 「ミスしていたらどうしよう?」 このようにプレッシャーのかかる仕事があると不安になることは誰しも経験すると思います。 全く不安が出ないようにするのはよほど修練を積んだ人しか無理でしょう。 でも、不安との付き合い方は誰でも変えることが出来ます。 上手な付き合い方をすれば不安はむしろ自分のプラスに働かせることができます! 不安になった時に絶対試してほしい方法を3つご紹介します。 感情を無理に安定させようとしない 矛盾しているようですが、不安になった時に感情を無理に安定させようとしないことが大事。 つまり、不安である状態を否定して、不安を無理やり消そうとしない方がいいということです。 なぜなら、不安を無くすことそれ自体が目的になってしまうと、ネガティブな感情に敏感になり過ぎて心が乱れやすいから。 不安になったら、それはそれで、あるがままに受け入れようとしましょう。 不安などのネガティブな感情には多少鈍感になって、今やるべき行動をどんどん行っていった方が感情が安定していきます。 不安な状態のままでもやるべき行動をとりあえずやっていくうちに勝手に不安が消えていくことも意外とあります。 不安な状態は良くない状態ではありません。 その不安に支配されて、やるべきことをやらない方がよっぽど良くありません。 時間がもったいないですし、やるべきことをやらなかった自己嫌悪でさらに不安が大きくなってしまうことが多いからです。 不安になったら、まず無理にその不安という感情を否定しない。 無理に消そうとしない。 これは忘れないようにしましょう。 深い呼吸を50回以上連続で行う 不安になった時に真っ先に変えるべきは呼吸です。 ネガティブな感情になっている時はまず間違いなく呼吸が浅くなっています。 呼吸が浅くなって、柔軟な思考が出来なくなっている可能性が非常に高い。 呼吸に意識を向けて深い呼吸をしましょう! 深い呼吸を数回するだけでも多少変わりますが、出来れば50回以上連続(更に可能なら100回以上連続)で深い呼吸を繰り返します。 そうすると少しずつ気持ちが落ち着いてきます。 冷静にかつ柔軟に考えられるようになってくる。 そして、不安な状態がそれほど大したことがないように感じられてきます。
物事を柔軟に考える4つの方法!悩みやすい自分から脱却する
今回は物事を柔軟に考えて悩みやすい自分から脱却する方法! 「どうしてこんな悩んだり、憂鬱になるんだろう。周りの人はこんなことで悩んでいない、、、」 悩みやすい人はこうやって自分を責めがちです。 悩みやすい人は固定された物の考え方に囚われていることが多いんです。 「~しなければいけない」、「~すべきだ」、という言葉や思い込みに気づかないうちに縛られている。 でもこれはあくまで習慣です。 習慣を変えて、物事を柔軟に考えられるようになることも、悩みやすい自分から脱却することも絶対に可能です! そのヒントを3つご紹介します。 自分とは違う考え方に触れる機会を多くする! 1つの考え方には必ず違う考え方があります。 私たちは今まで生きてきた経験から偏った考え方ばかりしてしまう傾向があります。 悩みやすい人はその固定された考え方に縛られて苦しむことが多い、、、 今ではツイッターなど色々なSNSや本などで色んな人の考えが紹介されています。 それを日々少しの時間でいいので触れましょう。 そして、「いいな!」と思うものを吸収してストックするのです。 私は友達とかドラマ、漫画でも,「いいな!」と思う考え・見方はメモをしてEVERNOTEにまとめています。 それを時々見返すことで固定された考えを弱め、物事を柔軟に考えるのに役立てています。 ツイッターで考えを吸収するためのアカウントを作って色んな考えを吸収する。 あるいは、自分とは考え方が違う友達と会って、考えを吸収したり、と方法は様々。 大事なのはアンテナを張ること! 「今までの自分にはない考え方はないか?」 「新しい見方はないか?」と常に意識していれば日々の中で色々な考え方に気づけるようになるはずです。 自分以外の誰かになりきって考えてみる! 自分以外の誰かになりきってみるのは非常に効果的な方法です! なりきる人は自分が尊敬している人や好きな有名人でも誰でもいい。(明るい人や楽観的な人がいいかもしれません) その人をイメージして、今自分が悩んでいることに関して、 「この人だったらどう考えるだろう? 「どう行動するだろう?」 とその人になりきって、いい悪いの判断せずに考えを出しまくるのです。 そうすると驚くような考えや、「これは自分では考えなかった!」というアイディアが出やすいです。
「これでもう大丈夫!」考えすぎる癖を劇的に改善する方法!
今回は考えすぎる癖を改善方法について! 「考えすぎる自分がもう嫌だ!」 って悩むときってありますよね? 考えすぎる状態を打破するにはコツがあります。 その方法を2つご紹介します。 考えることをメモしておいて、明日以降に考える! 「考えすぎている」 って感じる時は、考えたくないことを考えている時だと思います。 好きなことを考えている時は 「考えすぎてツライ」 とは絶対思いません。 考えたくないことをつい考えてしまうから、自己嫌悪になる。 本来、考えたくないことだから、考えなきゃいい話なのです。 でも、頭のどこかで、 「考えなきゃいけない」 っていう恐れがあるから、つい考えてしまう、、、 それを否定して、 「考えるな!」 って思考を抑えつけようとしても逆効果になるばかりです。 そうではなく、 「今の自分の脳はどうやら~を考えたいらしい」 と素直に受け入れましょう。 そして、それを<いま>考えるのではなく、明日以降に考えるようにする。 「今どうしても考えてしまうこと」を後日考えることとして、メモしておきましょう。 後日考えられるようにメモをしておけば、安心して 「今度考えられるから、今は考えなくていい」 って気持ちになれると思います。 そうすると、考えすぎる状態から脱却できることが多い。 そして、次の日あたりにでもこのリストを見てみてください。 たぶん 「なんでこんなこと考えたいと思ったんだろう」 って思えます。 超ゆっくり思考をしてみる 考えすぎている時って、雑念がぱっと浮かんで、それに、つい反応してしまう。 このような状態になっていることが多いと思います。 つまり、思考を自分でコントロールできていない状態に陥っている。 その状態から抜け出すために、めちゃくちゃゆっくり考えてみてください。 考えているスピードが速いから思考をコントロール出来ず、考えすぎることが多い。 思考のスピードを限りなくゆっくりにすると、自分で考えたいことだけを考えられます。 もし可能な状況なら、自分の動作もゆっくりにしてみてください。 体の動作をゆっくりにすると思考も更にゆっくりにしやすくなります。 イメージはクレヨンしんちゃんのボーちゃんです(ご存知ない方は調べてみてくださいね(笑)) 「さ、て、い、ま、や、る、べ、き、こ、と、を、や、ろ、う」

 - メンタルスキル

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status