シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

経常利益とは?わかりやすい経常利益の解説!

      2018/05/20

今回は経常利益について!

’経常利益’という言葉は、日経新聞を読んでいると頻繁に出てきますね!

「経常ってなに?」

営業利益と何が違うの?」

こんな疑問を持ちながら、なんとなくの理解のままにしてしまっていませんか?(笑)

スポンサーリンク

利益には営業利益や限界利益、純利益など色々種類があります。

会社の経営状態を把握するためには、それぞれの利益が何を表しているのかをしっかり理解する必要があります。

今回はその中で経常利益について詳しく解説致します!

経常利益とは?

経常利益というのは、企業が通常行っている事業の中で得た利益のことです。

<経常>とは、<平常において>という意味なので、経常利益=平常における利益と考えてみるとわかりやすいかもしれません。

日常の業務で経常利益のことを呼ぶ場合、経常をそのまま読んで「ケイツネ」と呼ぶこともあります。

経常利益は、その企業が平常時において、毎年どれくらい稼げるかを表す1つの大事な指標になります。

平常時においてどれくらい稼げるか?を表しているので、普段は発生しないような利益(特別利益)や損失(特別損失)は含まれません。

「普段は発生しないような利益や損失??」

という疑問が出てくるとおもいますが、例えば、

地震などの災害で大きな被害を被った場合は、大きな損失が出ると思います。

でも、それは毎年起こるような損失ではないですよね?

なので、これは普段では発生しない損失=特別損失、ということになり、経常利益には含まれません。

逆に会社で保有している工場や土地を売った場合は、売却利益が生まれますが、これも毎年発生するわけではありませんよね?

なので、これは普段では発生しない利益=特別利益、に該当するので、これも経常利益に含まれません。

細かいことを抜きに、簡単に考えると、
毎年ある程度予想されるような利益と損失なら経常利益に含めて、災害や土地の売却など突発的な利益や損失は経常利益には含めない、というイメージを持っておけばOKです!

経常利益と営業利益との違いは?

経常利益を理解するためには、営業利益との違いをよく理解する必要があります。

営業利益とは?

営業利益は企業が本業で稼いだ利益のことです。

本業で稼いだ利益とは、例えば、清掃業なら清掃サービスで稼いだ利益のこと。

カフェならカフェ業での売上、自動車販売の会社なら、自動車販売の売上で得た利益のことです。

スポンサーリンク

要はその会社の本来の事業で稼いだお金ということです!

この営業利益は

営業利益=売上総利益ー販売費および一般管理費

という式で計算することが出来ます。

売上総利益は売上高から売上原価(商品の仕入れ・製造時に掛かる費用)を引いた金額のこと。

販売費および一般管理費とは、

  • 人件費(給料、ボーナスなど)
  • オフィスの賃貸料
  • 水光熱費
  • 通信費(電話代やFax代など)

などなど会社であればまず必ず支出する必要経費のことです。

個人で考えると生活費だと思ってもらえるとわかりやすいかもしれません^^

経常利益と営業利益は何が違うの?

営業利益は本業で稼いだ利益のことでしたね。

経常利益は通常行っている事業の中で得た利益です。

ここに2つの利益の違いがあります。

経常利益は営業利益に加えて、営業外に発生した損益も加えるのです。

営業外とは本業以外という意味ですね!

営業外に発生した利益を営業外収益

営業外に発生した費用を営業外費用と呼びます。

営業外収益は例えば、貸しているお金に対する利息を受け取った場合(受取利息)や売買目的の有価証券を売却して得た利益(有価証券売却益)などです。

株での儲けも営業外収益に含まれます。

逆に営業外費用は、借入金に対する利息の支払いなどが代表的なものです。

これらは本業以外での損益ですよね!?(銀行にとっては利息は本業に当たりますが(笑))

ただ突発的に起こるようなものではなく、会社を経営していく中で毎年生じる損益になります。

そのため、平常時の利益を表す経常利益に営業外収益と営業外費用を含めるのです。

そのため、経常利益の計算式は

経常利益=営業利益+営業外収益ー営業外費用

となります。

営業利益との違いは、この営業外収益と営業外費用を含めるかどうか、という違いになります。

経常利益が赤字、営業利益が黒字の場合もある

経常利益と営業利益の違いは、営業外の損益を含めるかどうかでした。

そのため、営業利益が黒字でも、営業外損益を含めた経常利益は赤字、という場合も発生してきます。

例えば、

営業利益:200万円(黒字)
営業外収益:50万円(黒字)
営業外費用:-300万円(赤字)

この場合の経常利益は

経常利益=200万円+50万円ー300万円-50万円

となるので、50万円の赤字になります。

というわけで営業利益が黒字でも経常利益が赤字になる場合があるわけです。

逆に営業利益が赤字で、経常利益が黒字になる場合もあります。

ポイントまとめ

今回のポイントは

  • 経常利益は会社の平常時における利益を表している
  • 地震などの突発的に発生する損益は経常利益には含めない
  • 営業利益との違いは、営業外収益と営業外費用を含むかどうか

以上です。是非それぞれの利益を正しく理解して使いこなしてくださいね!

最後までお読み頂き、ありがとうございます^^

合わせて読みたい関連記事!

損益計算書とは!?5つの利益の違いを徹底まとめ! | シゴトノート
あなたは損益計算書を正しく読み解けていますか? 損益計算書を読みこなすことが出来れば、 「この会社は本業で調子がいいか?」 「最終的な利益は黒字だけど、じつは危ない会社かもしれない。」 ということがわかるようになります。 今回は 「そもそも損益計算書って何?」 というところから、損益計算書の5つの利益それぞれの違いやチェックすべきポイントについてまとめていきます! 損益計算書とは? 損益計算書とは、決算書の1つで会社の一定期間の経営成績を表しているものです。 今期に会社がどれだけ収益を上げて、どれくらい費用を使い、どれだけ利益を得たのか、を見ることができます。 損益計算書はP/L(Profit and Loss Statement)と呼ばれ、会社を判断するための1つの基準になります。 損益計算書の中には売上高や本業での利益、突発的な費用、最終的な利益などが表示されています。 この損益計算書を読み解くには、表示されているそれぞれの項目が何を表しているかを理解する必要があります。 5つの利益それぞれの特徴と違い よく日経新聞やニュースで 「最終利益が230億円の黒字」 「営業利益を下方修正」 という用語を読んだり、聞いたりしますよね? ひと口に利益と言っても、損益計算書には5つの種類があります。 商品がどれだけ利益をもたらしているかを示す売上総利益 会社の本業の利益を表している営業利益 平常時の会社の利益を表している経常利益 法人税等を引く前の会社の最終的な利益である税引前当期純利益 会社の最終的な利益である当期純利益 この5つの利益それぞれを区別して、違いを説明出来るレベルになる必要があります。 1つずつ確認していきましょう! 売上総利益(粗利) 売上総利益は、<一定期間にその会社の商品やサービスがどれだけ利益をもたらしているか?>を表している会社の基本的な利益のこと。 粗利と呼ばれたり、売上総利益と呼ばれたりするので、混乱しやすいですが、粗利=売上総利益です。 売上総利益は会社の存続、成長のために絶対必要な利益で、その企業の収益の大元になります。 計算式は以下の通りです。 売上総利益(粗利)=売上高ー売上原価 売上総利益は、一定期間での会社の売上高から売上原価を引いて出すことが出来ます。

粗利(売上総利益)とは?わかりやすい粗利の解説!

営業利益とは?初心者でもわかりやすい営業利益の解説!

税引前当期純利益とは?初めてでもわかりやすい税引前利益の解説!

当期純利益とは?わかりやすい当期純利益の解説!

スポンサーリンク

 - 会計知識

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status