シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

デスクを整理する4つのメリット!

      2018/07/15

今回はデスクを整理する4つのメリットについて。

仕事が出来る人の特徴の1つとしてデスクが整理整頓されていることが挙げられます。

しかし、

「整理したほうがいいのはわかっているけど、つい後回しになっちゃう、、、」

という人も多いですよね(笑)

スポンサーリンク

デスクを整理することはメリットが本当にたくさんあります。

それをしっかり理解すれば、きっとすぐにデスクの整理がしたくなるはずです。

物を探す時間を節約できる

物を探す時間は意外に仕事の時間を奪っています。

物といっても、特に多いのが資料・書類です。

目の前の仕事で使う書類がなかなか見つからなくてイライラしたことはありませんか?

1回の探す時間は1分もかからないかもしれません。

でも1年間の積み重ねではどれくらいの時間が奪われているか?

というのを考えてみると膨大な時間が費やされていることがわかります。

デスクを整理整頓し、何がどこにあるかがわかっていれば、物を探す時間をかなり短縮できます。

「今使いたいのに見つからない」

という小さなストレスも劇的に減ります。

物を探す時間がなくなり、その分仕事の時間に充てられるので、仕事も速く終わるようになります。

目の前の仕事に集中しやすくなる

デスクの上にはなるべく物がないほうが集中しやすいんです。

なぜなら余計なものがあると、目から脳にそれだけ余計な情報が入ってしまうから。

余計な情報がたくさん目に入ると、気が散りやすいんです。

しかし、デスクを整理しておけば問題は解決です。

目の前の仕事に必要なものだけデスクに出る状態にしておく。

そうすれば、目の前の仕事だけに集中できます。

仕事自体の整理力が高まる

デスクを整理する習慣がつくと、それがタスクを整理する習慣につながります。

また、思考を整理したり、段取りをうまくつける習慣にもつながっていきます。

スポンサーリンク

仕事はいかに頭を整理するか、が本当に大事です!

頭の中がごちゃごちゃの人はミスをしやすいです。

「たかがデスクの整理でしょ?」

と思う方もいらっしゃると思います。

しかし、デスクを整理することは、それだけにとどまりません。

常にデスクが整理整頓されているということは、それだけ整理に慣れているということ。

整理の方法に慣れていれば、それが思考であっても、大規模なプロジェクトのタスクであっても応用できます。

だから整理がうまい人は仕事が出来るとよく言われるんです。

資料・書類の紛失を防止できる

会社員であれば、書類の紛失がいかにヤバイことかはご存知だと思います。

デスクが整理されていないと、

「書類がどこにいったかわからない、、、」

「紛失した、、、」

こんなリスクも高まってしまいます。

今まで築いてきた信頼も書類の紛失で壊れてしまう可能性があります。

だからこそ!

デスクは整理整頓して、書類もどこに何があるかはっきりわかるように工夫しておきましょう。

整理整頓してスッキリしていれば、書類の紛失などのミスは防ぐことが出来ます。

バックナンバー・関連記事はこちら↓

バックヤードを整理整頓するメリット2つ!これだけで売上が上がる!? | シゴトノート
今回はバックヤードを整理整頓しておくメリットについて。 バックヤードとは、お客さんに見えない事務所や倉庫、オフィス等のこと。 あなたの会社やお店のバックヤード=裏側がきれいに保てていますか? 「お客さんから見えないところだから」 と物が雑多に積まれたり、汚いまま放置していませんか? バックヤードがきちんと整理されていて、きれいに保っている会社は業績もいい、という話はよく聞きます。 でもそれがなぜなのか? そのメリットをきちんと理解しないとなかなか実践出来ません。 2つご紹介します! 物を探す時間が短縮できる バックヤードが整理整頓されていれば、物を探す時間が短縮できます。 デスクワークをしている方ならご自分のデスクで考えてみてもらうとわかりやすいと思います。 デスクが整理されているとデスク内の資料やペンなどすぐが取り出せますよね。 その結果、物を探す余計な時間を省くことが出来ます。 それと同じで、店内の備品や商品の在庫を収納している倉庫が整理整頓されていれば、無駄に物を探す時間を省けます。 その分の時間で大事な仕事を進めたり、店内の清掃に時間を充てられる。 それにバックヤードが整理整頓されていると物が見つからないイライラや無意識に感じる小さなストレスを感じずに済みます。 気分良く従業員が働けるようになるためにもバックヤードの整理整頓は非常に大切です! 店内の美観を保ちやすくなる あなたが働いているのが飲食店やアパレルなどのお客さんが店に来るサービス業の場合は特にです。 バックヤードをきれいに保っているお店は、店内もきれいなお店が非常に多い。 逆にバックヤードが汚いお店は、店内も汚くなりやすい傾向にあります。 それはなぜかというと、バックヤードが汚いと従業員一人一人の清掃・美観の意識が無意識に下がるからです。 清掃・美観の意識が下がると店内の汚れや煩雑さがあまり気にならなくなってしまう。 それでどんどん店内もバックヤードと同じように汚くなってしまいやすいんです。 もしお客さんが商品を選んだり、飲食をする店内が汚ければ、お客さんはまず間違いなく減っていきます。 汚いお店でご飯を食べたり、服を買ったりしたいと思う人は少ないですからね(笑) 逆にバックヤードをきれいに保てているお店は、清掃・美観の意識が上がりやすい。 そのため、清掃のレベルも上がります。
段取りが劇的に上手になる3つの方法! | シゴトノート
今回は段取り上手になる方法について! 「仕事がどんどん溜まって、何から手をつければいいかわからない、、、」 「締め切りに遅れて一緒に働いている人にいつも迷惑をかけてしまう、、、」 このように悩んでいる方は段取り下手な可能性が高いです。 仕事が出来る人の必須要素が段取りが上手なこと。 この段取り力は、しっかりと知識を持って実践していけば上達できます! その方法を3つご紹介します! 自分の締め切りを設定する 依頼された仕事は、本来の締め切りより前倒しした自分の締め切りを設定しましょう。 例えば、締め切りが10日までの仕事なら、8日を自分の締め切りに設定する。 そして、8日までに必ず終わるように、その締め切りに合わせて仕事を進めていく。 自分の締め切りに合わせておけば、本当の締め切りには余裕を持って、仕事を完了させられます。 こうしておけば、万が一想定外のことが起きて自分の締め切りに間に合わなかったとしても、本当の締め切りには間に合うように修正が出来ます。 「仕事が出来る!」 と言われる人は締め切り(納期)に対する意識がとても強いです。 それは締め切りを守り続けることが上司や取引先からの信用につながることを理解しているからです。 仕事を分解してスケジュールに落とし込む 自分の締め切りを設定したら、大きな仕事を小さい仕事に分割していきます。 依頼された仕事がその日にささっと終わる場合は、はっきり言って分割する必要は全くありません。 でもそんな仕事は上の立場になればなるほど無くなります。 複雑で長期間かかる仕事が多くなってくる。 そうなると、付け焼刃でいきなり取り掛かろうとするとまず失敗します。 失敗しないために、複雑で長期間かかる仕事は、具体的な小さい仕事に分割していきましょう! その仕事でやるべきことをすべて出す。 それを締め切りまでの日数に合わせて割り振っていく。 例えば、1週間後に締め切りの仕事(合計10時間程度)だったら、1~2時間程度の仕事に分割して6日間に割り振っていく。 この場合、7日間全部を使って割り振ると想定外のことが起きたり、予想以上に時間が掛かった場合に締め切りに間に合わなくなる可能性があります。 だから上記のように自分の締め切りを本当の締め切りの1日前に設定しておきます。

できる人はみんなやってる!?仕事が3倍早く終わる段取り術!

仕事を楽しむための効果抜群の工夫Part1

スポンサーリンク

 - 整理整頓, 生産性向上

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status