シゴトノート

仕事に関係する様々なことを網羅していきます!

尊敬される上司の3つの特徴!

      2018/02/10

今回は尊敬される上司の特徴について!

あなたの周りには

「ついていきたい!」

と思う上司がいますか?

もし今いるなら、その上司から出来るだけのことを学びましょう!

もしいないなら、自分自身が部下にそう思ってもらえるような上司になりましょう!

私自身、いろいろな上司の下で働き、両極端のリーダーを経験しました。

現在、上司の立場になってきて、

「まだまだだ」

と感じている真っ只中。

今後忘れないためにも、私が感じる尊敬できる上司の特徴を備忘録として3つまとめていきます!

嫌な顔一つせず部下のフォローをする

「自分がミスしたせいで他の部署に迷惑を掛けてしまった、、、」

そうゆう時に上司が嫌な顔一つせずフォローをしてくれて、その後に

「今後同じミスをしないように」

とだけ指導してくれた。

スポンサーリンク

そんな経験があると、その上司のことを尊敬しますし、

「ついていきたい!」

と感じますよね。

実際、部下のフォローは時間も取られるし、めんどくさいという気持ちが入ってきやすいところ。

それなのに、全く嫌な顔一つせずサッとフォローしてくれる上司はきっと人として器が広いです。

そして、部下に対する深い思いやりがある人だと思います。

感情のコントロールがうまい

感情コントロールがうまい=気分にムラがない上司がいてくれると本当に心強い。

気分にムラがないということは、自分の嫌な感情を部下にぶつけたり、イライラしている様子をほとんど見せない。

だから、部下は安心してその上司に業務の相談をしたり、意見を言いやすいのです。

相談しやすい上司がいてくれると本当に仕事がやりやすくなります。

その上司がいてくれるからこそ、本当に安心して働けるし、色んなチャレンジが出来る!

自分自身も大変な状況なのに、その大変さを部下にぶつけずに、相談や意見をしっかり聞いてくれる。

こうゆう上司についていきたいものですね!

出来ない人の気持ちを理解している

人の上に立って仕事をする人に本当に大切にして欲しいのが、出来ない人の気持ちを理解しようとする姿勢です。

上に立って権力を持てば持つほど、出来ない人の気持ちを理解しようとする姿勢が大事になってくると私は思います。

部下が苦しんでいる時に、上司の視点から一方的に怒ったり、指導したりするのではなく、部下の気持ちを想像してその気持ちを理解する。

その上でフォローが出来る上司は本当にいい上司なんだと思います。

部下からしたら、

「そうゆう弱い立場の人の気持ちをわかってくれる上司についていきたい!」

と思うはずです。

最悪なのは、能力があって仕事は出来るけど、出来ない人の気持ちを理解しようとしない上司。

この上司の下で働く部下は最悪、、、

「なんでこんなこともできないわけ?」

と怒られる。

でも部下からしたら、

「あなたは出来るかもしれないけど、今の自分の能力だとこれが精一杯なんだよ」

「この上司にはついていけない」

という気持ちが出てくる。

これは当然だと思います。(もちろんその仕事に全力を尽くしている場合ですよ笑)

もし今あなたが、過去や現在、仕事がなかなか出来るようにならなくて苦しんだ。

スポンサーリンク

あるいは、出来ないことを上司に一方的に責められてツライ想いをしたことがあるなら、その気持ちは絶対忘れないでください。

きっとその経験はあなたが上司になった時に、部下の気持ちを理解するのにすごく役立つはずです。

むしろそうゆうきつい経験・ツライ経験をしてきた人こそ、人の上に立って仕事をすべきなんだと私は思います。

バックナンバー・関連記事はこちら↓

部下といい関係を築くために上司が気を付けるべき2つのこと | シゴトノート
今回は部下に対して上司が気を付けるべきことについて。 上司になったら、部下とのコミュニケーションが大切になってきますよね? 部下に指導するだけでなく、アイディアや意見をもらいながら、チーム一丸となって仕事を進めていく必要があります。 上司と部下がうまく連携して仕事を進めているチームはきっといい仕事が出来ているはず! でも 「なかなか部下が意見を言ってくれない」 「本音が見えない、、、」 という悩みを持っている上司の方も結構多いのではないでしょうか? 部下に対して上司が気をつけた方がいいことを2つご紹介します。 現場に出て、部下と同じ状況で仕事をする時間を作る サービス業などの仕事では、立場が上になると徐々に現場から離れて、社員やアルバイトを管理する仕事が増えていくと思います。 しかし、現場から遠ざかって管理職的な仕事ばかりしていると、どうしても現場に出ていた時の視点を忘れがちです。 管理する側からの視点でしか物事を見れなくなっていきます。 その結果、現場で一生懸命働いている部下に無理な指示をしたり、管理する側の一方的な指導をしてしまうということになりかねない。 それを防ぐために、管理職の立場になっても、意識的に部下と同じ現場に出て仕事をする時間を作りましょう。 週に少しの時間でも現場で働く時間を作っておけば、現場で働いている側の視点も維持しやすくなります。 現場に出てみたら、今まで現場の部下に指摘したり、アドバイスをしたことが 「これは無茶な指摘だったな」 と思うことがきっとあるはずです。 現場のことを考えずに一方的に指摘したり、指導してくる上司に対して、部下は心を開きません。 「現場のことなんか何も考えてくれない」 と不満が部下の心の中に溜まっていくばかりです。 だからこそ、現場に出る時間を作り、部下と同じ目線で仕事を見てみる。 こうゆう努力が部下に信頼されていくために必要なことだと思います。 部下1人1人に興味を持って話を聞こうとする! あなたは部下の意見を積極的に聞こうとしたり、 「部下の考えをなるべく知ろう」 と努力していますか? もししていないなら、明日からでもしましょう! 上司から部下に指示したり、仕事を頼んだりすることは仕事をしていれば当たり前にあります。
部下を加速度的に成長させる指導方法3つ!
今回は部下への指導方法について! 「部下が全然成長してくれない、、、」 「部下への指導の仕方がよくわからない、、、」 上司の立場になるとこうゆう悩みが付きものです。 「よっぽど自分の仕事レベルを上げる方が簡単だ」 と感じたりしますよね(笑) しかし、本当に優れた上司は部下を育成し、仕事が出来るように成長させるのが上手です。 そのためには、指導方法を工夫し、部下の能力を引き出す手助けをする必要があります。 その指導の工夫について私なりの方法をお話ししていきます。 正解を与えず、正解に気付くための気づきを与える 部下に成長して欲しいなら、簡単に答えばかりを与えないようにしましょう。 正解を見つけるきっかけを与えてあげることがとても重要! 与えられたヒントや気づきから、自分自身で考えて正解にたどり着くことに大きな意味があります。 自分で考え、導いた正解だからこそ、そのことをしっかり理解する。 人から教えられた正解はたとえ良い方法でも、しっかり吸収できるとは限りません。 これは上司になったら、常に意識するようにした方がいいです。 部下自身に自己評価をさせる 部下に対して仕事のフィードバックをする時は、先に部下に自己評価をさせてから伝えましょう。 ただ一方的に上司から部下に結果を伝えて、改善させるだけではあまり成長は期待出来ません。 部下に自己評価をさせるには、 「この提出物は自分としてはどのくらいの完成度?」 などとまず質問をします。 そして、良かった点と悪かった点どちらも出させるようにします。 この方法だと、自分なりの点数をつけた上で、良い点と悪い点をどちらも出せます。 部下は客観的な視点で自分を評価しやすくなります。 そして、次のステップは、 「どうしたら自己評価をより良くすることが出来るか?」 を質問します。 部下にこの質問にしっかり考えてもらって答えさせます。 その答えを尊重しながら、上司のあなたの意見やより良い方法を1つの参考例として伝えていく。 そうすると、部下は自分の意見をはっきり言ってから、あなたの意見を聞けます。 そのため、上司のアドバイスを素直に受け入れやすくなるはずです。 このようなフィードバックの仕方を繰り返していきましょう。 そうすると、いずれ部下は自分自身で仕事の質を上げる方法を考え出すようになります。

 - 上司・部下関連

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status