シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

粗利(売上総利益)とは?わかりやすい粗利の解説!

      2018/05/22

今回は粗利(売上総利益)について!

粗利と聞いて、正確に説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか?

ニュースや新聞でよく耳にする「利益」ですが、この利益には何種類もあるので混同している方も多いと思います。

会計用語って紛らわしい用語ばかりで理解しにくいものが多いですよね?(笑)

「あの会社は利益が出ているのに赤字だ。」
⇒「ん?なんで利益が出ているのに赤字なの?」

スポンサーリンク

「粗利と売上総利益って何が違うの?同じなの?」

今回はそんな疑問を解消しながら、利益の種類とその違いについて頭を整理出来るようにします。

企業の収益の大元である粗利について詳しく解説していきます!

粗利とは一体なに?

粗利は、<一定期間にその会社の商品やサービスがどれだけ利益をもたらしているか?>を表している会社の基本的な利益のことです。

粗利は会社の存続、成長のために絶対必要な利益で、その企業の収益の大元になります。

粗利と呼ばれたり、売上総利益と呼ばれたりするので、混乱しやすいですが、粗利は会計用語の「売上総利益」と同じ意味です。

つまり、粗利=売上総利益、の関係です。

財務上は売上総利益と言われます。

損益計算書に登場する様々な利益の中で一番上に登場する利益がこの売上総利益(粗利)です。

利益には

  • 営業利益
  • 経常利益
  • 税引前当期純利益
  • 当期純利益

などなど複数の利益がありますが、この売上総利益をまず出さないと始まりません。

粗利(売上総利益)の求め方

この粗利は以下の計算式で求めることが出来ます。

粗利(売上総利益)=売上高ー売上原価

上記の式の通り、粗利は、一定期間での会社の売上高から売上原価を引いて出すことが出来ます。

粗利を理解するためには、売上高と売上原価をしっかりと理解する必要があります。

売上高とは?

売上とは商品やサービスをお客様に売ることで頂く代金のこと。

つまり、その会社の本業(雑貨屋さんなら雑貨の売上、アパレル業なら服の売上)によって得られる代金が売上です。

この売上の総額のことを売上高と呼びます。

会社の本業での売上の総額が売上高となるので、株の運用で儲けたお金や土地の売却などで得たお金は含まれませんので要注意です!

この売上高は非常に重要なもので、損益計算書の一番上に載っています。

スポンサーリンク

売上原価とは?

売上原価とは販売した商品の仕入れや製造の際に掛かる費用になります。

製造原価という言葉もありますが、これも広い意味で売上原価に含まれます。

売上原価と製造原価、どちらが使われるかは、業種によって使い分けられます。

ざっくり分けると

商品を仕入れて、そのまま売るスタイルの小売業や卸売業は売上原価を使います。

工場で商品を自分たちで製造したり、仕入れた商品を加工して販売するスタイルの製造業は製造原価を使います。

小売・卸売業は仕入原価(仕入高)をそのまま売上原価として使います。(売上原価に人件費等は含まれません。)

それに対し、製造業は原材料費や人件費、設備の減価償却費も含めた金額を製造原価として使います。

仕入れた商品すべてが売上原価ではない

粗利を計算するために必要な売上原価には1つ注意点があります。

それは仕入れた全ての商品の売上原価が計算対象になるのではない点です。

あくまで販売して売れた商品の仕入れ価格・製造価格が売上原価となります。

仕入れても売れなかった商品は売上原価には含めません。

それに、本年の事業年度中に仕入れた商品で売れ残った分もあれば、前年の事業年度で売れ残った商品が今年度の事業年度で売れた、という場合も結構多いと思います。

売上原価はその期首商品棚卸高(前年までの商品の売れ残り分)と期末商品棚卸高(今年度までの商品の売れ残り分)も計算対象に組み込んで出します。

売上原価の計算方法

売上原価の計算式は以下の通りです。

売上原価=期首商品棚卸高+当期商品仕入高ー期末商品棚卸高

となります。

難しい用語ばかり使われていて、わかりにくいですよね(笑)

でもやっていることは簡単です。

期首商品棚卸高・・・前年度の決算の時の在庫の総額のことです。
⇒たとえ、前年度仕入れた商品で今年度の決算時も売れ残っている商品があっても、全て加えます。

当期商品仕入高・・・今年度中に仕入れた商品(or製造した商品)の金額の総額

期末商品棚卸高・・・今年度の決算時の在庫の総額のこと。

流れで説明すると

前年度決算時に残った商品に今年度仕入れた商品をすべて加える。
期首商品棚卸高+当期商品仕入高

そこから、今年度の決算時に残っている在庫商品を引く
ー期末商品棚卸高

売上原価の総額がわかる。
=売上原価

という流れです。

前年までの商品に今年買った商品を加えて、今年余った商品を引いて、無くなった分が売れた商品というのが簡単なイメージです。

例)
前年度決算時に仕入値1万円の商品(LED電球)が30個残っており、今年度更に同じ商品を100個仕入れて、今年度決算時に50個の在庫があった場合。

LED電球の仕入値:1万円
前年度決算時のLED電球の在庫:30個(30個×1万円=30万円)
今年度中に仕入れたLED電球:100個(100個×1万円=100万円)
今年度決算時に残ったLED電球の在庫:50個(50個×1万円=50万円)

80万円(売上原価)=30万円(期首商品棚卸高)+100万円(当期商品仕入高)-50万円(期末商品棚卸高)

売上原価は売れた商品の仕入高になります。

今回の例でいうと、期首商品棚卸高が30万円、それに今年度新たに仕入れた同じLED電球が100個だったので、1万円×100個=100万円。

期首商品棚卸高と合わせて合計130万円。

そこから、今年度決算時在庫=期末商品棚卸高=50万円(50個残っていましたね)を引いて売上原価を出します。

130万円ー50万円=80万円

というわけで売上原価は80万円と出せます。

このように粗利を求めるには、売上高の意味と売上原価の計算方法をしっかり理解する必要があるので、少しずつ整理してみて下さいね!

粗利率とは?

粗利はその金額だけを見ても、

「粗利額は高いけど、この企業の収益性は同業他社と比べて良いのだろうか?」

という疑問が出てきやすいです。

こんな時に便利なのが、粗利率です。

同業他社との比較などは、粗利率を利用すると非常にわかりやすくなります。

粗利率の計算式は

粗利率=粗利(売上総利益)÷売上高

となります。

この粗利率が高い程、その企業は収益性が高いということです。

売上原価を上手く抑えて販売していたり、売上原価に多くの付加価値を加えて商品を販売して利益を上げているということになります。

この粗利率は業種によって結構な差があるので、比較するなら同業種内の企業同士で比べる必要があります。

ポイントまとめ

今回のポイントは

  • 粗利は売上総利益と同じ意味。
  • 粗利は企業の収益の大元。
  • 粗利=売上高ー売上原価、となり、売上高と売上原価の意味をよく理解する必要がある。
  • 粗利率はその企業がどれだけ付加価値をつけて商品を売っているかがわかる。
  • 粗利率は業種によって差があるので、同じ業種内でまず比較した方がいい。

以上です。

最後までお読み頂き、ありがとうございます^^

バックナンバー・関連記事はこちら↓

損益計算書とは!?5つの利益の違いを徹底まとめ! | シゴトノート
あなたは損益計算書を正しく読み解けていますか? 損益計算書を読みこなすことが出来れば、 「この会社は本業で調子がいいか?」 「最終的な利益は黒字だけど、じつは危ない会社かもしれない。」 ということがわかるようになります。 今回は 「そもそも損益計算書って何?」 というところから、損益計算書の5つの利益それぞれの違いやチェックすべきポイントについてまとめていきます! 損益計算書とは? 損益計算書とは、決算書の1つで会社の一定期間の経営成績を表しているものです。 今期に会社がどれだけ収益を上げて、どれくらい費用を使い、どれだけ利益を得たのか、を見ることができます。 損益計算書はP/L(Profit and Loss Statement)と呼ばれ、会社を判断するための1つの基準になります。 損益計算書の中には売上高や本業での利益、突発的な費用、最終的な利益などが表示されています。 この損益計算書を読み解くには、表示されているそれぞれの項目が何を表しているかを理解する必要があります。 5つの利益それぞれの特徴と違い よく日経新聞やニュースで 「最終利益が230億円の黒字」 「営業利益を下方修正」 という用語を読んだり、聞いたりしますよね? ひと口に利益と言っても、損益計算書には5つの種類があります。 商品がどれだけ利益をもたらしているかを示す売上総利益 会社の本業の利益を表している営業利益 平常時の会社の利益を表している経常利益 法人税等を引く前の会社の最終的な利益である税引前当期純利益 会社の最終的な利益である当期純利益 この5つの利益それぞれを区別して、違いを説明出来るレベルになる必要があります。 1つずつ確認していきましょう! 売上総利益(粗利) 売上総利益は、<一定期間にその会社の商品やサービスがどれだけ利益をもたらしているか?>を表している会社の基本的な利益のこと。 粗利と呼ばれたり、売上総利益と呼ばれたりするので、混乱しやすいですが、粗利=売上総利益です。 売上総利益は会社の存続、成長のために絶対必要な利益で、その企業の収益の大元になります。 計算式は以下の通りです。 売上総利益(粗利)=売上高ー売上原価 売上総利益は、一定期間での会社の売上高から売上原価を引いて出すことが出来ます。
営業利益って何?初心者でもわかりやすい解説! | シゴトノート
今回は営業利益について! 利益には、粗利、営業利益、経常利益、当期純利益など様々な種類があります。 会社で上の立場になり、経営に携わるなら、これらの利益の違いを理解し、これらの用語を使いこなせるようになる必要があります。 今回はその利益の中でも企業の本業の稼ぐ力を表している営業利益について詳しく解説します。 営業利益とは? 営業利益は企業の本業で稼いだ利益のことです。 企業の本業で稼いだ利益とは、 アパレル業なら服を仕入れて売って得た利益 コンビニなら各店舗の商品の売上による利益 カフェならカフェ業で稼いだ利益 のことです。 その会社の中心となる事業での利益が本業での利益ということです。 「じゃ本業以外での利益って何?」 という疑問が湧くかもしれません。 その例としては、例えば、不動産業を本業としている会社が、株の運用もしていて、それで儲けた利益などが該当します。 あるいは他の企業にお金を貸していて、その利息を受け取った場合も本業以外の利益に当たります。 このような本業とは関係ないことで得た利益は営業利益には含ませません。 営業利益を出す計算式は? では、営業利益を出すための式を確認しましょう。 営業利益=売上総利益(粗利)-販売費及び一般管理費(販管費) となります。 売上総利益よりも販売費及び一般管理費が高くてマイナスになる時は、営業損失と呼ばれます。 営業利益が大きい程、本業での利益獲得力があると評価されます。 この営業利益を正確に理解するためには、売上総利益と販売費及び一般管理費を理解する必要があります。 売上総利益とは? 売上総利益とは、会社の基本となる利益のことです。一般的には粗利といわれます。 単純に売上高から売上原価を引いた利益です。 計算式は 売上総利益=売上高ー売上原価 ※売上高=お客様から商品やサービスを売って得た代金の合計 ※売上原価=商品の仕入れや製造に掛かる費用 販売費及び一般管理費とは? 販売費とは商品やサービスを販売するために掛かる営業活動での費用のことです。 チラシを打って宣伝したり、営業マンが顧客に営業したりする時に掛かる費用のこと。 一般管理費とは、会社を運営し、管理するための費用です。 電気代や水道代などの水光熱費や消耗品にかかる費用、人件費、店舗の賃料などが含まれます。

経常利益とは?わかりやすい経常利益の解説!

税引前当期純利益とは?初めてでもわかりやすい税引前利益の解説!

当期純利益とは?わかりやすい当期純利益の解説!

スポンサーリンク

 - 会計知識

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status