シゴトノート

仕事に関係する様々なことを網羅していきます!

仕事でミスをしてショックを受けた時の効果的な対処法2つ!

      2018/02/07

今回は仕事でミスをして、ショックを受けた時の対処法について。

仕事でミスをするのは誰しもが経験することでしょう。

些細なミスなら、前向きに捉えようとすればある程度切り替えられます。

しかし、

「大きなミスをして会社に大きな迷惑をかけてしまった、、、」

「こんなミスをした俺はもう立ち直れない、、、」

というぐらいにミスで大ショックを受けた時は、前を向くなんて簡単にできないはず、、、

ではそうゆう時にどうすればいいか??

2つご紹介します。

 今やれることをやりながらひたすら待つ!

ショックを受けた時に無理に前向きに捉えようとするのはやめましょう。

無理やり前向きに考えようとするのは逆効果になりやすい。

前向きになろうとしても全然なれなくて、自己嫌悪に陥る、、、

だからそうゆう時は、無理に前向きになるのはやめましょう。

ショックを受けたら、それはそれで、少しの間しっかり凹んで絶望感や悔しさを味わう。

しっかり凹んで、悔しさを味わったら、少しずつ行動を起こしましょう。

スポンサーリンク

その凹んだ気持ちのままでいいので行動を起こすことが大事!

今の自分にほんの少しでもやれることを必死にやればいい。

やることの例としては、

  • 仕事をほんの少しでも進める(出来れば単純作業とか考えない系の仕事)
  • 家の掃除
  • ルーティーンワーク(普段やっていること)

などなど。

感情が乱れていても出来ることをやります。

「今やれることをやっていれば、きっといいことがある!」とだけ考える

やれることを少しでもやろうと行動する時に、

  • 「今やれることをやっていれば、必ず希望が見えてくる」
  • 「今を頑張っていれば、きっといいことがある」

と感じでその言葉だけ考えて行動してみてください。

こうゆう考えで行動してみると、次第にショックが和らいできたり、失敗のプラス面が考えられるようになってきたりします。

もちろん時間は多少かかります。

よくやりがちですが、ショックを受けて

「立ち直れない」

と感じている時ほど、凹んでいる時は下手に考えない方がいい。

なぜなら、マイナスの面しか見えなくなっているからです。

それに凹んでいる自分に対して更に自己嫌悪しやすくなります。

もちろんネガティブな考えが次から次に浮かんでくると思いますが、それは完全無視でいいです(笑)

そうではなく、

「やるべきことを少しでもやる」

という行動を起こしていく。

そうすれば、少なくとも何もしていない自分に対する自己嫌悪を防げます。

それに行動を起こしている中でなんかいいアイディアが浮かんだり、物事のプラスの面が見えてきたりしてきます。

ショックを受けた時の対処法を知っていれば、そこまで落ち込み過ぎずに立ち直れるようになります。

大丈夫です。

どんな失敗でもいずれ自分自身のプラスにすることができます!

是非今回の対処法を頭の片隅に入れておいてくださいね!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

仕事のプレッシャーに強くなる方法①

仕事での漠然とした不安を解消する3つの方法

心配性を克服する方法①

考えすぎてしまう自分自身を直すために実際に効果のあった方法Part1

考えすぎてしまう自分自身を直すために実際に効果のあった方法Part1

スポンサーリンク

とてつもなくポジティブになる方法!

 - メンタルスキル

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status