シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

「なんとなくの不安が消える!」仕事での漠然とした不安を解消する3つの方法

      2018/03/25

今回は仕事での漠然とした不安を解消する方法について!

仕事に行く前や、休みの日に仕事のことでなんとなく不安になる時ってありますよね!?

そうゆう時は

「不安なんだけど、はっきりとした理由がわからない」

という状態が多いと思います。

スポンサーリンク

いや~な感じの漠然とした憂鬱感。

出来ればこんな憂鬱感は感じたくないもの。

そういった漠然とした不安を解消する方法をご紹介します!

「不安はなくならないもの」と受け入れよう

仕事をしていれば、不安になることは絶対あります。

なんとなく感じる不安だって1度や2度でなく、感じることは今後もあるでしょう。

不安は人間にとって必要なものです。

不安があるからこそ、危険を予測して事故に合わないように出来たり、様々な危険から身を守ったりできるんです。

ですので、今感じている不安は無理になくそうとしなくていいんです。

しかし、不安を感じると、それを消そうとしたり、不安を感じなくしようとしちゃう人も多いはず。

そうやればやるほど、不安を自分でコントロールできなくなってしまいやすい。

そうではなく

不安はなくならないもの、うまくコントロールをすればいい

と受け入れるようにしてみましょう。

不安になっている自分を否定しない

上記のように、不安を受け入れる。

つまり、不安になっている自分を否定しないことが本当に大事です。

無理に消そうとすることが漠然とした不安感を大きくしている可能性があります。

無理に消そうとするより、

「今、自分は不安になっている」

とその状態をありのままに認める方がよっぽど不安は小さくなります。

いい悪いの判断をせずに、今の不安になっている自分の状態を素直に認める。

スポンサーリンク

「不安になることがあってもいい」

「そうか、そうか、不安なんだね、よくわかるよ」

と自分に言葉をかけてあげてください。

不安になっていることをありのままに受け入れるだけで、漠然とした不安感がかなり解消されることも多いです。

原因の可能性があることを全て書き出す

漠然とした不安が嫌なのは、原因がわからないから。

何が不安感の原因になっているかがわかれば、対処可能な具体的な不安に変わります。

そのためには何が必要か?

それは漠然とした不安の原因になっているかもしれないことを間違ってもいいからどんどん書き出すことです。

頭の中だけで考えないように!

とにかく携帯でも紙でもいいので、頭の中から外に出す!

これが非常に大事です!!

例えば

  • 3日後のプレゼンの準備があまり進んでいない
  • 苦手な仕事を今日しなきゃいけない
  • 職場で苦手な人と仕事をしないといけない
  • 業務が溜まっていて締め切りに遅れそう
  • 重要な仕事だけど後回しにしている仕事がある(これが原因のこと多いです)

こんな感じであまり関係がないと思うことでもとりあえず出しておきます。

1個出していくと次々に

「これかも」

「これが原因か!」

と思うことが出てきやすくなります。

そうやっていく中できっと

「これだ!」

という原因が見つかるはず!

そうすればもう後は具体的な不安に変わるので、対処が簡単になります!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

仕事でミスをしてショックを受けた時の効果的な対処法2つ! | シゴトノート
今回は仕事でミスをして、ショックを受けた時の対処法について。 仕事でミスをするのは誰しもが経験することでしょう。 些細なミスなら、前向きに捉えようとすればある程度切り替えられます。 しかし、 「大きなミスをして会社に大きな迷惑をかけてしまった、、、」 「こんなミスをした俺はもう立ち直れない、、、」 というぐらいにミスで大ショックを受けた時は、前を向くなんて簡単にできないはず、、、 ではそうゆう時にどうすればいいか?? 2つご紹介します。 今やれることをやりながらひたすら待つ! ショックを受けた時に無理に前向きに捉えようとするのはやめましょう。 無理やり前向きに考えようとするのは逆効果になりやすい。 前向きになろうとしても全然なれなくて、自己嫌悪に陥る、、、 だからそうゆう時は、無理に前向きになるのはやめましょう。 ショックを受けたら、それはそれで、少しの間しっかり凹んで絶望感や悔しさを味わう。 しっかり凹んで、悔しさを味わったら、少しずつ行動を起こしましょう。 その凹んだ気持ちのままでいいので行動を起こすことが大事! 今の自分にほんの少しでもやれることを必死にやればいい。 やることの例としては、 仕事をほんの少しでも進める(出来れば単純作業とか考えない系の仕事) 家の掃除 ルーティーンワーク(普段やっていること) などなど。 感情が乱れていても出来ることをやります。 「今やれることをやっていれば、きっといいことがある!」とだけ考える やれることを少しでもやろうと行動する時に、 「今やれることをやっていれば、必ず希望が見えてくる」 「今を頑張っていれば、きっといいことがある」 と感じでその言葉だけ考えて行動してみてください。 こうゆう考えで行動してみると、次第にショックが和らいできたり、失敗のプラス面が考えられるようになってきたりします。 もちろん時間は多少かかります。 よくやりがちですが、ショックを受けて 「立ち直れない」 と感じている時ほど、凹んでいる時は下手に考えない方がいい。 なぜなら、マイナスの面しか見えなくなっているからです。 それに凹んでいる自分に対して更に自己嫌悪しやすくなります。 もちろんネガティブな考えが次から次に浮かんでくると思いますが、それは完全無視でいいです(笑) そうではなく、 「やるべきことを少しでもやる」
「余裕がなくてつらい!」が楽になる!心に余裕を持つための4つの方法! | シゴトノート
今回は心に余裕を持つための方法について! 心に余裕を持って日々過ごせていますか? 仕事で忙しかったり、家事や人付き合いなどが重なるとつい余裕が無くなりがちです。 余裕が無くなると、ネガティブになってしまったり、目標に対してやる気が持てなくなったりしてしまいますよね!? 余裕が無くなることは誰にでもあることで、それが普通だと思います。 私もよくあります。(笑) そういう余裕が無くなった時にちょっとした工夫が出来るか? 余裕を保つための自分なりの方法を知っているか?ということが重要だと思います。 心に余裕を持つ方法を4つご紹介します。 是非あなたなりの方法を見つけるヒントにしてください^^ 余裕がなくなる原因を把握⇒原因別に対処法を実施 あなたは自分に余裕がなくなる時の原因を把握していますか? 余裕がなくなる原因は以下のことが多いのではないでしょうか? 他人の言動に対してイライラする 仕事に追い込まれる 時間に追われている 金銭的にきつくなって我慢が多くなる 寝不足 嫌いな人・苦手な人と仕事をしないといけない 物事がうまく進まない などなど人によって様々だと思いますが、特に 「これが原因の時が多い。」 というのを見つけましょう。 私の場合は、金銭的に厳しい時、やることがたくさんある時、時間的余裕がない時、上司に急な仕事の無茶振りをされた時(笑)に特に余裕がなくなりやすいです。 自分に余裕がなくなる原因を把握しておくと、それだけで気が楽になります。 それに具体的な対策がしやすくなります。 例えば、仕事に追い込まれて余裕がなくなる人なら、仕事を前倒しで進める工夫をする。 時間に追われることが多いのであれば、人付き合いに無理して付き合わないようにしたり、予定を詰め込み過ぎないようにする。 あるいは余裕をもってスケジュールを組むのを徹底する。 このように原因別に改善策を考えて実践していきましょう! ありのままの自分を受け入れる 心に余裕がない時は、余裕がない自分に対して自己嫌悪して、更に余裕が無くなっている場合が多いです。 余裕がない時は素直に 「あっ今俺は余裕がないな。」 と事実を認めた方がいい。 ありのままの自分の状態を受け入れる、とよく言われますが、難しく考えずに 「まぁ長い人生こういう時もあるよね。」 「みんなだってイライラする時はあるもんね。私だけじゃない。」

仕事のストレスを効果的に解消する3つの方法!

仕事のストレスをなくしたい!って方必見!ストレスを溜めない効果的な習慣①

仕事で凹んだ時に上手に気分転換をする3つの方法

前向きな気持ちで頑張れる!仕事のモチベーションを爆発的に上げる3つの方法

ポジティブな人の特徴Part1

これで絶対楽しくなる!仕事を楽しむ効果抜群の方法

スポンサーリンク

 - メンタルスキル

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status