シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

仕事で疲れるのはコーヒーのせい??コーヒーを飲みすぎるデメリット

      2018/03/22

今回はコーヒーを飲みすぎるデメリットについてのお話。

仕事前や仕事中にコーヒーを飲んでいる方は多いと思います。

「仕事で疲れることが多い、、、」

「仕事終わった後、ドッと疲れが出る、、、」

という場合はコーヒーの飲みすぎが原因かも、、、

スポンサーリンク

コーヒーを飲むことはメリットも多いですが、飲み過ぎは疲れやすくなるので避けた方がいいです。

本当に好きで飲んでいる場合よりもカフェイン依存でただ習慣で飲んでいる場合が多いので、自分がどっちのタイプか確認しましょう。

カフェインを摂りすぎるとホルモンの過剰分泌につながる

コーヒーにはカフェインが多く含まれています。

カフェインってよく聞く言葉ですよね?

ノンカフェインを謳っている飲料も多い。

このカフェインには「コルチゾール」というホルモンと「アドレナリン」というホルモンを分泌させる働きもあります。

このホルモン達のおかげでコーヒーを飲むとシャキッとして仕事に集中しやすくなります。

テンションが上がって頑張れたりするのですが、、、

これらのホルモンは分泌が多すぎると体を疲れさせてしまうという大きなデメリットがあります。

コーヒーを何杯も飲んで、カフェインをたくさん摂る。

そうするとコルチゾール・アドレナリンが必要以上に体に分泌されます。

必要以上に分泌されたこれらのホルモンが体を疲れさせていく、、、

だからコーヒーを飲みすぎると疲れやすくなってしまうとよく言われるわけです。

 コルチゾールの過剰分泌のデメリットとは

過剰に分泌された場合のデメリットがコルチゾールとアドレナリンで異なります。

まずコルチゾールです。

 疲れてしまう

コルチゾールは体の色々な部位を刺激してしまいます。

そうすると体が普段以上にエネルギーを使ってしまうんです。

だから一時的に元気になるけど、その後いつも以上に疲れてしまいます。

免疫力低下・憂鬱になりやすい

コルチゾールは別名ストレスホルモンとも呼ばれています。

このコルチゾールは大量に分泌されてしまうと免疫力が低下し、精神的にやる気が出なくなりやすくなります。

スポンサーリンク

仕事のやる気が出ない場合もコーヒーの飲みすぎが原因の可能性もありますね。

アドレナリンの過剰分泌のデメリットとは?

アドレナリンは集中力のアップなど短い時間の適量な分泌ならプラスの効果が多いものです。

でも、長時間や大量に分泌されすぎると残念ながらデメリットの方が大きくなってしまいます。

アドレナリンの過剰分泌のデメリットは以下の通りです。

イライラしやすい

アドレナリンが大量に分泌されるとイライラしやすくなります。

いわゆるキレやすい状態になりやすい。

最近仕事でイライラしやすい方は要注意。

アドレナリンの過剰分泌の可能性があります。

寝れなくなる

「夜にコーヒーを飲むと寝れない」という人は多いと思います。

それはアドレナリンの興奮作用のせいです。

特に寝る前にコーヒーを飲むと睡眠が浅くなるのでやめたほうがいいです。

寝られていると思っても熟睡はできていない場合が圧倒的に多い。

眠りが浅くなると次の日の仕事に多大な悪影響が出ます。

たった1杯のコーヒーで次の日を無駄にしないようにしましょう!

効果的な睡眠についての関連記事はこちら↓

深い眠りにつくための4つの方法 | シゴトノート
今回は深い睡眠をする方法について。 深い睡眠には脳をしっかり休めて、疲労回復、仕事の集中力を高めるなど様々な効果があります。 仕事疲れを取るためには睡眠が最重要! でも 「それが大切なのはわかっているけど、いつも熟睡できてない、、、」 こうゆう方が大半かもしれません。 睡眠時間もそれぞれの生活で十分には確保できないかもしれません。 なので、出来ることをしましょう! それは睡眠の質を上げていくこと。 睡眠効果を最大限高める深い睡眠の方法について4つご紹介します! 寝る前に食事をしない 寝る直前に食べ物を食べないようにしましょう。 食べてしまうとしばらくの間、胃の働きが活発になってしまい、眠りが浅くなってしまいます。 深い眠りのためには成長ホルモンの分泌が非常に大事です。 なぜなら、この成長ホルモンが日中傷ついた細胞の修復を行ってくれるので、疲労回復に非常に効果があるからです。 この成長ホルモンは寝始めてから最初の3時間のうちのノンレム睡眠時(深い睡眠)に最も多く分泌されます。 だから眠りはじめに胃が活発に動いてしまっていると良くないのです。 眠る1~2時間前から部屋の照明を暗くする 眠る1~2時間前から部屋の照明を暗くして、心も体も落ち着かせていきましょう。 睡眠を安定させてくれるメラトニンというホルモンがあります。 このメラトニンが分泌されると脈拍や血圧を下げてくれるので、深い睡眠に入りやすい。 このメラトニンは眠る1~2時間前から増加してくると言われています。 夜に明るい環境で過ごしているとその分泌が抑えられてしまいます。 ですので、部屋の照明を暗くしましょう! パソコン・スマホもなるべく控えましょう。 パソコン・スマホから発せられる光はかなり強いため、その光に刺激されメラトニンが分泌されなくなってしまいます。 眠る時間・起きる時間を一定にする 睡眠の質を上げるためには、体内時計を整える必要があります。 つまり、朝起きて、夜眠るリズムをなるべく同じにすることが大事ということです。 シフト制のお仕事の方はこれは不可能かもしれません。 しかし、働く時間帯が決まっているお仕事の方はこれを徹底しましょう! 1日のリズムが同じになると、ホルモンの分泌や自律神経の中の交感神経と副交感神経の切り替えのリズムも整ってきます。 最初は同じ時間に起きるのを続けましょう!

最後に

コーヒーは適量であればメリットもたくさんあります。

今回お話ししたのは飲みすぎた場合。

コーヒーが好きなら完全にやめる必要はないでしょう。

デメリットも理解した上で、うまくコーヒーを日々に活用していけばいいだけです。

飲みたいのなら、出来れば1日1杯、しかも午前中までに抑えておくのをおすすめですよ!

合わせて読みたい関連記事!

疲れにくい自分をつくる4つの習慣 | シゴトノート
今回は疲れにくい自分を作る方法について! 「仕事で疲れることが多い、、、」 「出勤前からもう体がだるい、、、」 このように仕事疲れが慢性化していませんか? 疲れやすさの原因は生活習慣からきている可能性が高いです。 それを改善しましょう! 改善方法を4つご紹介します! 睡眠の質を高める 疲れにくい人は睡眠の質に気を遣っています。 睡眠時間が短かったり、眠りが浅くなっている場合は、それが疲れやすい原因かもしれません。 眠りが浅いと脳が全然休まりません。 1日中だるかったり、やる気が出ない大きな原因になってしまいます。 眠りが浅くなる原因としては 寝る直前までテレビ、パソコンやスマホを見る 寝る直前に食事をする 寝室が明るすぎる 部屋の温度が暑すぎるもしくは寒すぎる コーヒーを夕方以降に飲む などが原因になります。 眠れている=深い睡眠ではありませんので、要注意です! 上記のようなことをやっている場合は、浅い眠りになっている可能性が高い。 眠りの深さというのが疲労回復にも、疲れにくい体づくりにもめちゃくちゃ重要なんです! 深い眠りをするために 寝る前に食事をしない 眠る1~2時間前から部屋の照明を暗くする 寝る前にテレビや携帯を見過ぎない お酒を飲みすぎない コーヒーを控える(特に夕方以降) などに気を付けてみましょう! あわせて読みたい関連記事! コーヒーをやめる 疲れやすい人でコーヒーを普段飲んでいる方は思い切ってコーヒーをやめてみましょう! 「全然疲れが抜けない」 「いつも疲れやすい」 という人はコーヒーが原因の1つになっている可能性があります。 コーヒーにはカフェインが多く含まれています。 カフェインには「コルチゾール」と「アドレナリン」などのストレスホルモンを分泌させる働きがあります。 このストレスホルモン達のおかげで目が覚めたり、やる気が出たりします。 しかし、、、 コルチゾールは体の色々な部位を刺激して、普段以上にエネルギーを使ってしまう原因に。 アドレナリンは大量に分泌されるとイライラしやすくなり、ストレスが溜まる原因になってしまいます。
スポンサーリンク

 - 体調管理

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status