シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

眠れない時の対処法6つ!

      2018/03/20

今回は眠れない時の対処法について!

「どうしよう、明日仕事があるから寝たいのに、眠れない、、、」

「ふとんに入っても考え事で目が冴えてしまった、、、」

このように次の日朝早くから仕事があるのに、眠れない時がありますよね!?

寝たいのに、なかなか寝付けない時はかなりツライ、、、

スポンサーリンク

本当にたまにであればいいですが、癖になると入眠障害に発展してしまう危険性もあります。

でも対処法を知って、自分なりの眠れない時の対策を立てておけば、眠れない夜も改善出来るはずです!

眠れない時の対処法を6つご紹介します!

まずは眠れない原因を断とう!

まずは眠れない原因を確認して、なるべく控えるようにしましょう。

眠れない原因としては、

  • 寝る直前まで携帯やパソコン・テレビを見る
  • 夕方以降にコーヒーなどのカフェインを多く摂取する
  • 運動不足
  • 寝室の暗さが不十分
  • 寝室の温度・湿度が不適切
  • 不安なことがあってつい考えてしまう
  • 部屋着がきつすぎてリラックスできていない

主な原因は上記のようなことでしょう。

すぐに改善出来ることもあれば、生活習慣を変えていかなきゃいけないこともありますね。

出来ることなら、まずは眠れない根本原因を断つ!

でもそう簡単にできないかもしれません。

あるいは

「ついやってしまった、、、」

という時もきっとあるでしょう。

そんな時の対策もしっかり持っておきましょう!

眠れない時にその場で対処できる工夫を1個ずつ確認していきます。

気になっていることを書き出す

仕事で不安なことがあったり、嫌なことがあってそれが頭の中をグルグル巡っている、、、

こうゆう時は頭が冴えてしまって眠れなくなりやすいです。

そうゆう時は不安なこと・気になっていることを紙に書き出す!

そうやって紙に書き出すことで、頭の中を少し楽にできます。

1日ずっと起きていて脳が疲れている夜に考え事をしても、いいアイディアや答えが見つかることは少ないです。

なので、

スポンサーリンク

「よし!これは明日考えよう!」

と決めちゃう。

何もしないでただ考えないようにしようと思ってもあまりうまくいきません。

なぜなら、心のどこかでそのことについて

「考えなきゃ」

と感じているからです。

でも紙に書き出すと、

「とりあえず明日その紙を見れば思い出せるから今は忘れていい」

という感覚になりやすい。

頭がスッキリすれば、考え事で頭が冴えることも防げるので、そのままスーッと眠りやすくなります。

アイマスクで光を遮断する!

部屋を暗くできない状態で寝なきゃいけないときってありますよね?

部屋が明るいと眠れないという方は多いと思いますが、、、

意外と、薄明かりでも眠れない原因になることが多いんです!

そんな時に便利で効果的なのがアイマスク!

出張先にもアイマスクを必ず持っていくようにすれば、部屋を真っ暗に出来ない状況で眠らないといけなくても問題ありません。

アイマスクの代わりにフェイスタオルを顔の上半分にかけるのも優れた対策になります。

部屋の温度・湿度を調整する

寝室の温度・湿度は眠るためにかなり大事な要素!

エアコンをうまく利用しながら、眠りやすい快適な温度・湿度に寝室を調整しましょう。

電気代節約のためにエアコンをなるべく使わない方もいらっしゃると思います。

でも睡眠の質の方が遥かに大切です。

暑くて眠れなくて次の日を無駄にしたら、電気代節約以上のロスになってしまいます。

なるべく自分で

「寝やすいな」

という温度・湿度に保てるように暖房や冷房をうまく使いましょう!

呼吸に意識を向けていく

呼吸に意識を向けるのも眠れない時の効果的な対処法の1つです。

方法はとてもシンプル!

口(やりやすいなら鼻でも)から吐いて、鼻から吸う。

この呼吸の感覚を、

「繊細に感じ取ろう」

と意識する。

そうやって呼吸を繰り返していくと、徐々に心が落ち着いてきて自然と眠れてくるでしょう。

アロマや睡眠用BGMで五感に意識を向ける

アロマや睡眠用BGMで嗅覚や聴覚などの五感に意識を向けるのも眠れない時に非常に効果的です。

特に悩み事があったり、不安なことを考えて眠れない時に抜群の効果を発揮してくれます。

アロマの香りを嗅いで香りを感じることだけに心を向けていく。

あるいは、睡眠用BGM(スマホのアプリやYOUTUBEで検索すればたくさん出てきます)を聞くことだけに集中する。

そうやって香りや音に意識を集中していくと、脳が静まってきて、心地よい眠りに入りやすくなります。

考え事をして頭が冴えてしまっている時は脳内に意識や心が向いてしまっています。

そうなっているとなかなか眠れない。

大切なことは、嗅覚や聴覚など五感などの体の感覚に意識を向けること!

感覚に意識を向けていると、思考が落ち着いてきて眠りやすくなります。

 

バックナンバー・関連記事はこちら↓

深い眠りにつくための4つの方法 | シゴトノート
今回は深い睡眠をする方法について。 深い睡眠には脳をしっかり休めて、疲労回復、仕事の集中力を高めるなど様々な効果があります。 仕事疲れを取るためには睡眠が最重要! でも 「それが大切なのはわかっているけど、いつも熟睡できてない、、、」 こうゆう方が大半かもしれません。 睡眠時間もそれぞれの生活で十分には確保できないかもしれません。 なので、出来ることをしましょう! それは睡眠の質を上げていくこと。 睡眠効果を最大限高める深い睡眠の方法について4つご紹介します! 寝る前に食事をしない 寝る直前に食べ物を食べないようにしましょう。 食べてしまうとしばらくの間、胃の働きが活発になってしまい、眠りが浅くなってしまいます。 深い眠りのためには成長ホルモンの分泌が非常に大事です。 なぜなら、この成長ホルモンが日中傷ついた細胞の修復を行ってくれるので、疲労回復に非常に効果があるからです。 この成長ホルモンは寝始めてから最初の3時間のうちのノンレム睡眠時(深い睡眠)に最も多く分泌されます。 だから眠りはじめに胃が活発に動いてしまっていると良くないのです。 眠る1~2時間前から部屋の照明を暗くする 眠る1~2時間前から部屋の照明を暗くして、心も体も落ち着かせていきましょう。 睡眠を安定させてくれるメラトニンというホルモンがあります。 このメラトニンが分泌されると脈拍や血圧を下げてくれるので、深い睡眠に入りやすい。 このメラトニンは眠る1~2時間前から増加してくると言われています。 夜に明るい環境で過ごしているとその分泌が抑えられてしまいます。 ですので、部屋の照明を暗くしましょう! パソコン・スマホもなるべく控えましょう。 パソコン・スマホから発せられる光はかなり強いため、その光に刺激されメラトニンが分泌されなくなってしまいます。 眠る時間・起きる時間を一定にする 睡眠の質を上げるためには、体内時計を整える必要があります。 つまり、朝起きて、夜眠るリズムをなるべく同じにすることが大事ということです。 シフト制のお仕事の方はこれは不可能かもしれません。 しかし、働く時間帯が決まっているお仕事の方はこれを徹底しましょう! 1日のリズムが同じになると、ホルモンの分泌や自律神経の中の交感神経と副交感神経の切り替えのリズムも整ってきます。 最初は同じ時間に起きるのを続けましょう!
仕事が休みの日も心が休まらない人必見!休日を心から休む3つの方法 | シゴトノート
今回は休日を心から休めるようになる方法について。 仕事を頑張って、ようやく休みの日! しかし 「休みの日なのに、なぜか心が仕事モードのまま緊張しちゃっている」 「休みたかったのに全然休まった感じがしない」 と憂鬱になりながら、次の日の仕事に向かうのはなかなかツライですよね!? 仕事の時は仕事に集中。 休みの日は思いっきり休んでメリハリをつける。 出来ればこうゆうメリハリのある過ごし方をしたいですよね!? 3つご紹介します! 自分に厳しすぎることに気付く 休みたくても休めない人は、向上心が強い人が多いと思います。 つまり、努力家で自分に厳しい人がこうゆう悩みを持ちがち。 まず休みたくても休めない人のタイプとして、休むことに罪悪感を感じているタイプが挙げられます。 「休むと成長できないんじゃないか?」 「常に成長しなきゃいけない」 「無駄に時間を過ごしてしまうんじゃないか?」 こうゆう考えが休みの日も浮かんできて、仕事をしていない自分、何か努力をしていない自分に焦ったりしませんか? 「そうそう、よくある」 という人は要注意。 「常に成長していなきゃいけない」 「前に進んでいなきゃいけない」 このような思い込みが自分を縛っている可能性が高いです。 休むのは結構勇気がいるんです。 まずはそうやって自分を急かしている思い込みに縛られていることに気付きましょう。 そして受け入れようとしましょう。 それが大事です。 きっとそれは子供の頃や何か大変だった時期に、それから抜け出すために必要な思い込みだったはずですから。 自分を責めずに、 「今の自分はこうゆう思い込みに縛られているんだな」 と観察する感じでOKです。 なっていたい自分を考える 自分を縛っている思い込みに気付いて、受け入れようとする姿勢になったら次に考えてみてください。 「なりたいのはどんな自分か?」 ということを。 休みたくても、何かをやっていなければ落ち着かない。 休日も常に心が張り詰めていて、全然休めない自分。 そんな自分に将来もなっていたいでしょうか? そんな自分が好きですか? 違いますよね? 休む時は心からリラックスして休み、次の日からまた元気に頑張れる自分。 こうなっていたい人が多いのではないでしょうか? 休みたくても休めない人は短期的視野で物事を考えてしまっている可能性があります。

仕事の疲れが取れないならお風呂に入れ!仕事後に入浴する絶大なメリット!

スポンサーリンク

 - 休息法, 体調管理

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status