シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

アルバイトのモチベーションを上げる効果抜群の方法Part1

      2018/03/20

今回はアルバイトスタッフのモチベーション向上方法について!

「アルバイトがすぐやめちゃう」

「アルバイトがいないとまわらないけど、働く意識が低くて活用出来ていない」

アルバイトスタッフを活用している会社でこのような悩みがあるのではないでしょうか?

社員とアルバイトスタッフでは働くことに対しての意識の高さに差があるのは当然です。

スポンサーリンク

アルバイトに不満を持つ時間を

「どうすればアルバイトさんがやる気になってくれるか?」

を考える時間に変えましょう!

アイディアを出して仕組みの改善を重ねていくことがとても大事!

アルバイトのモチベーションアップ方法を2つご紹介します!

「大事にされている」と思ってもらえるようにする

アルバイトスタッフが

「このバイトで頑張ろう!」

と思ってくれるために大事なことがあります。

それは

「この会社はアルバイトの自分を大事にしてくれる!」

「この会社は人がいい」

と感じていること。

この2つのどちらかを感じてくれているアルバイトスタッフのほとんどは長く続けてくれます。

それがたとえ、他のバイトに比べて時給が低くてもです。

逆にいくら時給が高くて稼げるバイトでも、アルバイトスタッフを使い捨てのように扱う会社なら長くは続かない。

稼げるから多少は続くかもしれませんが、それは時給が高いという理由だけ。

やる気を持って働いてくれるスタッフは相当少ないでしょう。

もし今働いてくれているアルバイトスタッフのモチベーションが低いのなら、会社の制度や社員のアルバイトスタッフに対しての接し方に問題があることを疑ってください。

そして、制度の改善や、アルバイトスタッフに対しての接し方の改善を積み重ねていく。

もしくは採用の段階で人選ミスをしている可能性もある。

スポンサーリンク

今一度採用するための条件や面接の仕方を見直す必要があるかもしれません。

定期的に面談をして意見をしっかり聞く

アルバイトスタッフとの定期的な面談を実施するのは有効な方法です。

仕事ではどうしても社員からアルバイトに対して指示を出すばかりの一方通行になりがち。

なかなかアルバイトさんの意見や不満を聞く機会がないです。

それにアルバイトから社員に対して意見や不満を言ったりするのは相当勇気が要ります。

私のように人に意見を言うのが苦手だったタイプの子なんかは特に、、、(笑)

ですので、意見や不満はよほどのことがないかぎりまず言ってくれないでしょう。

そして、不満があった場合、そのアルバイトスタッフの中に溜まっていってしまう。

不満が溜まったアルバイトさんは突然やめてしまったり、

「稼げればどうでもいい」

という感覚で働くようになってしまいます。

こうなったら、会社としてもそのアルバイトさんにとっても良くない状態になってしまいます。

なので、10分でもいいので、定期的にアルバイトスタッフと面談する機会を設けましょう。

アルバイトスタッフが数百人いて厳しいという場合もあると思いますが、数十人なら出来るはず。

面談の感覚は3か月に1回とか半年に1回でいい。

もし面談という形が取れないなら、5分でもいいからアルバイトさん1人1人と社員が話すように努力しましょう。

日頃から社員側から積極的にアルバイトさんの意見や不満を聞こうと接していけば、面談は必要ないかもしれません。

大事なことは面談を行うことより、アルバイトさんが意見・不満を吐き出せる環境や場をつくることです。

それが

「大事にされている」

「この会社は働きやすい」

と感じてもらう土台になると思います。

アルバイトさんがやる気を持って働いてくれるようになれば、驚くほどのパワーが生まれます!

アルバイトスタッフのやる気を引き出す工夫を積み重ねて、ぜひそのパワーを体感してくださいね!

続きはこちら

アルバイトのモチベーションを上げる効果抜群の方法Part2 | シゴトノート
アルバイトを採用している会社では、 「どうすれば、アルバイトスタッフがモチベーション高く働いてくれるか?」 ということが課題になることが多いですよね!? 今回はアルバイトのモチベーションを上げる効果抜群の方法Part1の続きです。 アルバイトのモチベーションを上げる方法について更にお話ししていきます! 直接関わる社員の影響が大きいことを理解する アルバイトスタッフにとって、直接関わる社員の影響は非常に大きいです。 もし会社の制度も良く、上司もアルバイトさんのことをよく考えていたとしても、直接アルバイトスタッフに関わる社員がだめなら意味がありません。 逆に直接関わる社員と良い関係を築けているのなら、アルバイトさんはモチベーション高く働いてくれることが多い。 たとえ、会社の制度や時給に不満があってもです。 それだけアルバイトさんにとって、直接関わる社員の存在は大きい。 社員が話を聞いてくれたり、働きやすいようにフォローしてくれるだけで、多くのアルバイトさんは 「この人のために頑張ろう」 って思ってくれるはずです。 よほど有名で働くことがステイタスに感じるような企業は例外かもしれませんが、アルバイトさんにとって 「会社のために頑張る」 って考えるのはなかなか難しいものです。 それよりも 「お世話になっているこの社員さんに喜んでもらえるように働きたい」とか 「お客さんの笑顔が見たい」 って考えた方が、やる気を持って働ける子が多い。 だからこそ、アルバイトスタッフに直接関わる社員は 「自分次第でアルバイトさんのやる気が大きく変わる」 と自覚して、接し方を工夫していく必要があります。 結果より過程を評価して、しっかり褒める アルバイトスタッフを評価する場合、結果よりも過程を評価するようにしましょう。 結果は後回しでいい。 まず指示したことをしっかりやってくれたなら、やろうとしたことをまずしっかり褒める。 結果が良い悪いに関わらずです。 その上でこちら側が望む結果が出ていない場合は、どうやって結果を出していくかを一緒に考える。 あるいは 「どうやったら改善できるかな?」 とその子に考えさせる。 ここが大事だと思います。 指示したことを一生懸命やってくれる。 たとえ結果が出ていなくても結果を出そうと工夫して努力しているなら、その姿勢を一番評価すべきです。

バックナンバー・関連記事はこちら↓

アルバイトのモチベーションを上げるために社員が意識すべき大切なこと | シゴトノート
今回はアルバイトのモチベーションを上げるために社員が意識すべきことについて! 「アルバイトスタッフにもっとやる気を持って働いてもらいたい」 「なかなかアルバイトスタッフが機能しない、、、」 アルバイトを採用している会社だとこうゆう悩みが出てくるところは多いと思います。 アルバイトスタッフは扱いが難しい面があります。 しかし、アルバイトスタッフのモチベーションを上げて成功している会社もたくさんあるのも事実。 アルバイトさんがみんなやる気を持って働いてくれれば、すごいパワーになってくれます。 そのためには社員がやるべき工夫があります。 その工夫や心掛けをご紹介します! 細かな気遣いを積み重ねる! アルバイトスタッフのモチベーションを上げるには、社員の細かな気遣いがものすごく大切です! 特に直接アルバイトスタッフに指示をしたり、シフト管理をする社員の気遣いが非常に大事! アルバイトさんが会社の理念に共感して会社のために働いてくれることは残念ながらあまりありません。 理念に共感してくれるアルバイトさんがいてくれたらものすごく助かりますけどね(笑) それよりも実際に関わる社員の印象です。 その社員が どうゆう人か どうゆう接し方をしてくれる これらによって、会社に対する印象も、働くモチベーションも大きく変わってきます。 アルバイトさんが 「大事にされている」 と感じるような気遣いを日々積み重ねていく。 それがアルバイトさんのモチベーションのアップに大きく影響してきます。 気遣いを具体的にみていきましょう。 話しかけやすい雰囲気をつくる アルバイトさんが社員に対して 「話しやすいな」 「質問しやすいな」 と感じるような雰囲気を作ることがまず大事です。 聞きたいことも聞きづらい状況だとアルバイトさんは非常に働きにくくなります。 わからないこともなかなか聞けないから仕事もうまく進まない。 わからないまま進めて、ミスが多く出てしまうことにもなりかねない。 社員とアルバイトさんは一線を引くことは大事だと思います。 しかし、一線を引きすぎると本当に心理的にも大きな距離が出来てしまうので要注意! 特に大事なことは、質問された時に絶対嫌な顔をしたり、めんどくさがらないこと! これは絶対です。 アルバイトさんからわからないことを質問された時に嫌な顔をしてしまう社員に対しては
アルバイトの定着率を劇的に高める3つの方法
今回はアルバイトの定着率を高める方法について! あなたのお店では長く続けてくれるアルバイトさんがたくさんいますか? アルバイトを採用している企業やお店では 「アルバイトがすぐ辞めてしまう、、、」 「ようやく慣れてきたと思ったら、辞めたいと言い出した、、、」 このような悩みに頭を抱えていることが多いと思います。 アルバイトを採用することには手間もお金も掛かります。 だからこそ、長く続けてくれるアルバイトさんが増えればものすごく楽になります。 長く続けてもらうためには、アルバイトの働く環境の改善や管理する側の社員の意識が大切になってきます。 定着率を高める方法を3つご紹介します! 採用の時点でどんな仕事をするかを伝えておく まず採用面接の段階でどんな仕事をするのか、をはっきり伝えましょう。 また、面接に来た人がどんな仕事を想像しているのか? このアルバイトを通じてどうゆうことを経験したり、成し遂げたいのかを聞きます。 アルバイトスタッフが入ってすぐ辞めてしまう原因で多いのが思っていた仕事と実際の仕事とのギャップが大きい場合です。 「思っていた仕事と違う、、、」 「接客がしたかったのに、清掃ばかりやらされる、、、清掃スタッフで入ったんじゃないのに(泣)」 このようにアルバイトさんが思ってしまって辞めてしまうケースが多いです。 こういったギャップを少しでも小さくするために採用の段階で この仕事はどういう仕事が多いのか? 店側はアルバイトに何を求めているのか? を明確に伝えるようにしましょう。 採用面接の段階で、アルバイトさんのイメージと実際のギャップを少しでも減らす。 そうすれば、入ってすぐに辞めてしまうアルバイトさんを多少減らすことが出来ます。 社員こそ挨拶を大事にする! アルバイトさんが出勤してきた時や、シフトを上がる時にちゃんと顔を見て挨拶していますか? それが当たり前の習慣になっていますか? 現場でお客さんに対して元気良く挨拶をするのに、事務所などでのアルバイトさんへの挨拶が雑な人が結構います。 こういう所をアルバイトさんは良く見ていますし、気にするものです。 社員がアルバイトとの挨拶をおざなりにしてしまうと、 「挨拶をしたのに、こっちも見ないでうなづくだけ、、、」 と不満を持ったり、 「嫌われているのかも、、、」

アルバイトスタッフと良いコミュニケーションを築くために!社員が気を付けるべき大事なこと

スポンサーリンク

 - アルバイト関連

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status