シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

ストレスに強くなる5つの方法

      2018/03/20

今回はストレスに強くなる方法について。

ストレスに強く、バリバリ仕事をこなしている人がいます。

そうゆう人のように、ストレスに強くなるために適切な方法を知って実践しましょう!

5つご紹介します!

自分なりのストレス発散法を実践する

ストレスに強くなる1つの方法は、上手にストレス発散が出来るようになることです。

スポンサーリンク

ストレスを発散するコツは吐き出すこと!

声を出す。

汗をかく。

などなど、体内に溜まっているものを外に出す行為がとても有効なんです。

なので、例えば

  • 仲のいい友達とおしゃべり
  • カラオケで歌いまくる
  • 運動をして汗をかく
  • スポーツを楽しむ
  • 日記に今の感情を書き出す
  • サウナで汗をかく

このようなことが効果的です!

もちろん人のよって合う、合わないがありますが、色々試してみることが大事!

自分なりのストレス発散法を身につければ、ストレスを溜めてもすぐ解消できるようになりますよ!

柔軟な思考をする

仕事でイライラしやすかったり、悩みから抜け出せない。

「憂鬱でネガティブになりやすい」

という人は思考が凝り固まっているかもしれません。

ストレスに強くなるためには、思考の柔軟性を高めていくことが非常に大事です。

そのためには色々な考えを知っているかどうかということが大切なポイントです。

色々な考えを吸収するためには

  • ツイッターで名言やポジティブな考えを発信しているアカウントをフォローしていい言葉を集めまくる
  • 「前向きな考え、柔軟な考えを吸収しよう!」と考えて、人と会話をする
  • 本を読んで、いい考え方があったら吸収する

このようなことをしながら、EVERNOTEやスマホのメモ帳に

「いいな!」

と感じる言葉をストックしていきます。

そして、それを繰り返し読み返して心に浸透させる。

それを徹底すると徐々に臨機応変に考えられるようになってきます。

自然と前向きな考えが心に浮かんでくるようになります。

スポンサーリンク

そうなると悩みに囚われてストレスが溜まることも減らせてくるはずです。

深い呼吸を習慣にする

「つまらないことにいちいちイライラする」

「どうでもいいことが気になって今に集中できない、、、」

このような症状でストレスを感じている方は呼吸が浅くなっているかもしれません。

浅い呼吸とは息を吸う量が少なかったり、お腹が全然使えず、胸を使って呼吸をしている状態です。

浅い呼吸はデメリットしか生みません。

逆に深い呼吸はメリットが盛りだくさんです。

  • つまらないことが気にならなくなる。
  • 集中力がつく
  • 判断力が高まる
  • 心が安定しやすくなる
  • ストレスを受け流しやすくなる

このように深い呼吸を習慣にすると非常にいいことがあります。

呼吸に関しては様々な方法がありますが、まずは

「深い呼吸をしよう」

と意識することが大事。

そして、ゆっくり長く吐くことを意識して呼吸をしましょう。

息を吸うことは意識しなくていいです。

しっかり息を吐ければ、自然と空気が入ってくる感じで吸えるようになります。

深い呼吸をする習慣、これは本当におすすめです!!

睡眠時間と質にこだわる

ストレスに弱い方はそもそも睡眠時間が少ないことか原因かもしれません。

1日6時間以上、できれば7時間眠るようにしましょう。

仕事が出来る人は睡眠時間を疎かにしません。

深い睡眠=質のいい睡眠をするためには、

  • 寝る1~2時間前くらいからパソコンやスマホを控える
  • 寝る前に食事をしない(最低でも3時間は空ける)
  • 夕方以降にコーヒーを飲まない
  • お酒を飲みすぎない
  • 寝る1時間程度前に入浴して体温を少し上げておく

このようなことが大切です。

全部守ることはなかなか難しいですが、少しずつ取り入れていければいい。

睡眠の質が上がると驚くほど日々元気に過ごせるはずです!

ビタミンCを意識的に摂る

ストレスを感じやすいという人は意識的にビタミンCを摂る習慣をつけましょう!

なぜなら、ビタミンCにはストレス耐性を強める効果があるからです。

ストレスを感じた時に分泌されるストレスホルモンの合成にビタミンCが関わっています。

体内でストレスホルモンが作られる時、大量のビタミンCが必要になります。

体内に十分なビタミンCがあれば、ストレスに対抗するための十分なホルモンが生成できます。

その結果、少々のストレスに強い心につながるのです。

ストレスを感じることが多い人は普通の方より多くのビタミンCを摂るように意識しましょう!

最後に

ストレスに強くなるには、この他にも様々な方法があります。

全部やらなければいけないわけではありません。

1つずつ試しながらご自分に合う方法を見つけていきましょう!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

ストレスを溜めない効果的な習慣Part1! | シゴトノート
今回はストレスを溜めない効果的習慣について。 日々の仕事でストレスが溜まっている人も多いかもしれません、 「もっとストレスを感じないようにできればいいのに」 「この仕事のストレスなんとかならないの??」 と思う時はありますよね!? 同じ仕事をしていても、ストレスを溜めてしまう人もいれば、楽しく仕事をしている人もいます。 何が違うのでしょうか? それはストレスに対する見方と扱い方、そして心の習慣です。 ストレスを溜めないコツについてご紹介します。 ストレスの捉え方を変える! ストレスが溜まりやすい方は、ストレスの悪影響ばかり思い浮かぶと思います。 でもストレスはいいところも結構あるんです! 日々の生活に張りを与えてくれたり、やる気が出るきっかけになったりする。 ストレスが全くなければ、気持ちがだらけて何もする気が起きなくなったりします。 ストレスの度合いがちょうどよければ、日々を充実して過ごす手助けしてくれます。 だからストレスはなくてはならないものでもあります。 ただ、現代社会は、ストレス過多の人がどんどん増えて、そのバランスが崩れていることが問題点。 なので、ストレスを感じやすい人はまずストレスに対する捉え方を変えるところから始めましょう! ストレスを感じることそれ自体ではなく、そのストレスを溜め込みすぎるのが問題です。 いきなり見方は変わらないと思いますが、「ストレスにもいいところはあるんだ!」 ということを頭の片隅に入れておいてください。 ストレスを感じてもいい。 そのストレスに対して上手に付き合い、感じても、溜めない習慣さえつけばいいんです! 些細なストレスの原因を潰していく。 ほんの少しイライラしたり、ほんの少し焦ったりして感じる些細なストレス、、、 1個1個は小さいです。 しかし、それが積み重なると心の中にストレスが大きく溜まる原因になってしまいます。 例えば、 デスクが整理されてなくて、物を探すのに少し時間がかかる パソコンのネット環境が遅い 仕事で使うデータを探すのに時間がかかってしまう 時間に余裕がなく、時間ぎりぎりで出勤する 部屋が片付いていない というような些細なことです。 仕事の重要な課題はすぐ取り掛かるけど、デスクの整理やデータ整理など緊急ではないことは後回しにして放置しがち。
ストレスホルモン”コルチゾール”を減らす効果抜群の方法 | シゴトノート
今回はストレスホルモン〝コルチゾール〝を減らす方法について! 仕事をしているとストレスが溜まりますよね!? 「仕事のストレスでもう限界!」 「つまらないことでクヨクヨしてしまう自分にストレスを感じる、、」 このようにストレス過多に陥って仕事が辛くなっている方も結構多いと思います。 マイナス思考やイライラなどの原因はストレスホルモンである”コルチゾール”が大量に分泌されて放置されているからかもしれません。 そのストレスホルモンであるコルチゾールを減らす方法をご紹介します! コルチゾールとは? コルチゾールは副腎皮質というところから分泌されるホルモンです。 血糖値や血圧を調整したり、朝をスムーズに起きる作用や様々な代謝活動にも大きく関わっています。 そして有名なのが、ストレスに体が対処出来るようにするためにコルチゾールが分泌されること。 ストレスを感じた時に、コルチゾールが分泌されて、血圧等を高めることですぐに活動出来るように準備がされる。 そのためコルチゾールはストレスホルモンと呼ばれるのです。 コルチゾールが増えすぎるデメリットとは? 上記のように、コルチゾールは人間が生きていくために大切なホルモンです。 そう、適度であれば、、、 しかし、仕事上ストレスが多い方や性格上ストレスを感じやすい方にとっては、ストレスが過多になりやすい。 その大量のストレスを受けた結果、コルチゾールが必要以上に分泌されてしまう場合が多いのです。 コルチゾールは増えすぎると以下のようなデメリットがあります。 食欲増進(食欲を抑えるホルモンであるセロトニンを低下させるため) 脂肪が蓄積しやすくなる(インスリンの働きを低下させ、過剰分泌を招くため) 筋肉がつきにくく、脂肪が燃えにくい体になる(成長ホルモンの分泌を抑制するため) 糖尿病や胃潰瘍になりやすい(血糖値や胃酸のコントロールがうまくできなくなるため) 高血圧、不眠症になりやすい うつ病、自立神経失調症になりやすい(セロトニンが不足するため) 記憶力が低下する このように多くのデメリットが生まれてしまいます。 この結果、太りやすくなったり、精神的にうつっぽくなる。 そうなると、更にストレスを感じてコルチゾールが大量分泌という悪循環に陥ってしまいがち。 そうなる前に悪循環から抜け出す方法を知って実践しましょう。

仕事が休みの日も心が休まらない人必見!休日を心から休む方法

仕事のストレスが劇的に減る!楽観的に考えることの5大メリット

仕事で溜まったストレスの効果的な解消法3つ

スポンサーリンク

 - メンタルスキル

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status