シゴトノート

仕事に関係する様々なことを網羅していきます!

仕事のイライラを瞬時に落ち着かせる3つの方法!

      2018/02/03

今回はイライラを瞬時に解消するための対処法について!

仕事をしていると、ついイライラしてしまう時がありますよね?

一瞬でそのイライラが終わればいいですが、長く続く場合はなかなかきつい、、、

イライラを感じたとしても、すぐに解消できれば全然問題ありません。

その解消法を3つご紹介します!

スポンサーリンク

イライラしている自分を実況中継する

イライラした時は自分のことを実況中継してみましょう!

イライラしている時は自分のことを客観的に見られていません。

客観的に自分を見ることが出来るようになれば、イライラしている感情は少し落ち着くはずです。

その1つの方法として、自分を実況中継する方法がおススメ!

その方法とは、アナウンサーのように

「さぁイライラしております!一体何に対してイライラしているのでしょうか?」

「呼吸は浅く、眉間にはシワが寄っています!Aさんに対してイライラしているようです!一体理由はなんなのでしょうか?」

このような感じでイライラしている自分を外から見て、どんな様子かを心の中で実況中継します。

これは緊張している時にも効果的な方法です。

イライラという感情から自分を一旦切り離すことができます。

この方法を実践すれば、少なくともイライラの感情をだいぶ落ち着かせることができるはずです。

自分の思い込みに気付くチャンスだと捉える

誰かにイライラしている時は、自分が思い込み=強い考えに気付くチャンスでもあります。

「なんであなたはこうなの?」

「もっとこうしてよ!」

と思っているということは、その前提に

「~するべきだ!」

という思い込みが自分の中にあるはず。

それに気付こうとしましょう!

例えば、Aさんが全然気配りが出来ないで、あなたがイライラしているとしましょう。

あなたは

スポンサーリンク

「Aさんはもっと気配りをするべきだ」

と感じてイライラしています。

その場合、あなたの中に

「人は気配りが出来るべきだ」

という考えが根底にあります。

だから、気配りが出来ないAさんにイライラしてしまう。

もし他の人にイライラしたら、

「このイライラを生み出している思い込みはなんだろう?」

と自問してみましょう!

そうやって自問していくだけでイライラに振り回されずに、落ち着くことができます。

もしイライラの原因となっている思い込みに気付ければ、一歩前進!

その思い込みを解消すれば周りの人に対してイライラすること自体が減ってきます。

怒りを吐き出すように大きな深呼吸をする

イライラした時に大きな深呼吸を繰り返しましょう!

深呼吸はイライラを落ち着かせる効果があります。

職場でもどこでも出来るので非常に便利!

イライラした感情は押さえつけようとしても反発して大きくなりやすいので、むしろ外に出そうとした方がいい。

でも、キレる、物に当たる、といった出し方はほかの人の怒りを生み出してしまうので絶対やめましょう!

もっと健全な方法がたくさんあります。

その1つが深呼吸。

大きく息を吸って、スーッと息を吐き出す時にイライラした感情も吐き出すようにイメージします。

「イメージするだけ?」

と思われるかもしれませんが、そうです。

イメージするだけでいい。

実際に試せばわかりますが、それだけでイライラが落ち着いてきます。

イライラを大きな深呼吸で吐き出していけば、確実にイライラのレベルが下がり、冷静になれてきます。

バックナンバー・関連記事はこちら↓

怒りをうまくコントロールする3つの秘訣

仕事が出来るようになりたいなら絶対身につけるべき!怒りの感情をコントロールする方法

仕事のストレスが劇的に減る!楽観的に考えることの5大メリット

仕事のストレスに負けない!ストレスに強くなる5つの方法

 - メンタルスキル

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status