シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

怒りをうまくコントロールする3つの秘訣

      2018/06/26

今回は怒りのコントロール方法について!

「イライラに振り回されて1日を無駄にした、、、」

「ついカッとして、些細なことで部下を怒鳴ってしまう、、、」

このように悩んでいるなら、怒りのコントロール方法を学びましょう!

イライラや怒りに対してのアプローチ方法を変えていけば、必ず上手にコントロール出来るようになります。

スポンサーリンク

上手にコントロールというのは怒りやイライラを感じなくなるわけではありません。

感じても、その怒りに振り回されないで最小限に収めるということ。

怒りの感情のコントロール法を身につけてしまえば、これからの生活でものすごく役に立ちます!

3つご紹介します!

「このイライラをプラスのエネルギーに変えるには?」と考える

イライラした時に

「このイライラをプラスのエネルギーに変えるには?」

とアイディアを出そうとしてみてください。

怒りの感情は抑えつけるようとすると、反発して大きくなりやすいです。

だから抑えつけようとするんじゃなくて、利用する。

その怒りの感情をプラスに利用して、自分を奮起させるように使ってしまえばいい。

あるいはその怒りから何かを学ぼうとするのも効果的!

このように考えるだけでまず怒りの感情に振り回されなくなります。

怒りをプラスのエネルギーに変えるアイディアの例としては

  • トレーニングのエネルギー源としてしまう(怒りを利用して、激しめに運動する)
  • 怒っている人の気持ちを理解するいい機会だと捉える。そして、周りの人にどうゆうことをされると怒りが増幅したり、減少するのかを観察して今後の自分の行動に活かす
  • 自分はどういうことで怒りやすいのか、イラッと来るパターンを見つけようとして、より自分を深く知る機会にする。
  • イライラした状況を笑い話にしようとする。

こんな感じです。

いくらでも怒りをプラスに捉えるアイディアはあります。

なので、普段からアイディアを出してみるといいかもしれません。

怒りやイライラを感じたら、

「どうやってこの怒りのエネルギーを使ってやろうかな?」

と考える習慣をつけていきましょう!

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

スポンサーリンク
イライラは抑えるのではなく、プラスに変える!!その効果抜群の方法6つ!
今回はイライラをプラスに変える方法について! イライラすることは誰にでもあります。 仕事で1日中イライラしちゃって疲れたり、つい周りの人にきつく当たってしまったりする時もありますよね!? 「イラつく自分にもっとイライラする、、、」 って人も多いはず。 そんなイライラする時にそのイライラをプラスに変えられればすごく楽になります! イライラをプラスに変える方法を6つご紹介します!! 「このイライラをプラスのエネルギーに変えるには?」と考える イライラした時に 「このイライラをプラスのエネルギーに変えるには?」 とアイディアを出そうとしてみてください。 怒りやイライラの感情は抑えつけようとすると、反発して大きくなりやすい。 だから抑えつけようとするんじゃなくて、利用する。 イライラの感情をどの向きに向けるかがとても重要です。 どうせならイライラの感情をプラスのエネルギーとして利用してしまえばいい。 自分を奮起させるエネルギーにしたり、そのイライラから何かを学ぼうとするのも効果的! プラスに利用しようと考えるだけでまずイライラの感情に振り回されなくなります。 まずはイライラしたら、抑えようとせずに 「プラスに変える方法はないかな?」 と是非考えてみましょう! トレーニングのエネルギー源にする! イライラの感情は体を思い切り動かすエネルギーになってくれます。 「普段は仕事で疲れて運動する気になれない」 という方はイライラした時こそ運動不足解消のチャンスです! イライラしている勢いで今日は運動しまくりましょう! 「このバカヤロウー!!」 と心の中で叫びながら思い切り走るのもあり。 走っているだけで頭がスッキリします。 血行も良くなり、イライラしていたこともいつのまにかどうでも良くなったりします。 ジムでヘトヘトになるまで筋トレをするのもいいですね! イライラがエネルギー源になって、いつもより頑張れるはずです^ ^ イライラしている人の気持ちを理解する機会にする。 イライラしている時は、イライラしている人の気持ちをよく理解する絶好の機会です。 もちろんイライラしている人にはそれぞれ理由があります。 でも、理由はどうであれ、イライラしている気持ちは結構似ています。 自分のイライラしている感情を観察してみてください。 そのイライラはどうしたら和らぎますか?

怒りの度合いを10点満点で点数化する

自分の怒りの度合いを10点満点で点数化するのもいい方法です。

怒りを感じたら、

「10点満点でこの怒りは何点だろう?」

と点数をつけてみましょう。

怒りが出てくること自体に、良い悪いの判断をしない。

客観的にその怒りを観察することにポイントがあります。

そうやって怒りを点数化していく習慣がつけば、こみあげてきた怒りから自分を一旦切り離すことが出来ます。

怒りが出てきたら、まず点数をつける。

これを徹底しましょう!

「今日の夜にこの自分を振り返ったらどう感じるかな?」と考える

イライラが湧いてきて、それに振り回されそうになったら、こう考えてみましょう!

「今日の夜にこの自分を振り返ったらどう感じるかな?」って。

寝る前に1日を振り返って、

「なんであんなにイライラしちゃったんだろう」

と後悔する時ありますよね?

その1日を振り返っている自分を想像して、今の自分を見てみましょう。

イライラしていることに時間を使っているのがバカらしく感じられませんか?(笑)

「このイライラに振り回されているのは時間の無駄だ」

と感じることが出来れば、怒りに振り回されることはなくなります。

多少イライラしつつも、自分がやるべきことをやれるようになる。

イライラしている時は、その感情に振り回されている自分に更にイライラしてしまうという悪循環が起こりやすいんです。

ちょっとイラってくるところで止めることが出来たら、怒鳴るほどキレたり、全く今に集中できないほど感情が乱れることはほぼないはず。

これからはイラっときたら、

「今日の夜にこの自分を振り返ったらどう感じるかな?」

と自問する。

是非試してみてください!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

仕事のイライラを瞬時に落ち着かせる3つの方法! | シゴトノート
今回はイライラを瞬時に解消するための対処法について! 仕事をしていると、ついイライラしてしまう時がありますよね? 一瞬でそのイライラが終わればいいですが、長く続く場合はなかなかきつい、、、 イライラを感じたとしても、すぐに解消できれば全然問題ありません。 その解消法を3つご紹介します! イライラしている自分を実況中継する イライラした時は自分のことを実況中継してみましょう! イライラしている時は自分のことを客観的に見られていません。 客観的に自分を見ることが出来るようになれば、イライラしている感情は少し落ち着くはずです。 その1つの方法として、自分を実況中継する方法がおススメ! その方法とは、アナウンサーのように 「さぁイライラしております!一体何に対してイライラしているのでしょうか?」 「呼吸は浅く、眉間にはシワが寄っています!Aさんに対してイライラしているようです!一体理由はなんなのでしょうか?」 このような感じでイライラしている自分を外から見て、どんな様子かを心の中で実況中継します。 これは緊張している時にも効果的な方法です。 イライラという感情から自分を一旦切り離すことができます。 この方法を実践すれば、少なくともイライラの感情をだいぶ落ち着かせることができるはずです。 自分の思い込みに気付くチャンスだと捉える 誰かにイライラしている時は、自分が思い込み=強い考えに気付くチャンスでもあります。 「なんであなたはこうなの?」 「もっとこうしてよ!」 と思っているということは、その前提に 「~するべきだ!」 という思い込みが自分の中にあるはず。 それに気付こうとしましょう! 例えば、Aさんが全然気配りが出来ないで、あなたがイライラしているとしましょう。 あなたは 「Aさんはもっと気配りをするべきだ」 と感じてイライラしています。 その場合、あなたの中に 「人は気配りが出来るべきだ」 という考えが根底にあります。 だから、気配りが出来ないAさんにイライラしてしまう。 もし他の人にイライラしたら、 「このイライラを生み出している思い込みはなんだろう?」 と自問してみましょう! そうやって自問していくだけでイライラに振り回されずに、落ち着くことができます。 もしイライラの原因となっている思い込みに気付ければ、一歩前進!
自己嫌悪を克服する方法Part1 | シゴトノート
今回は自己嫌悪を克服する方法について! 「仕事でミスをした自分を責めてしまう、、、」 「こんな自分が嫌!」 このように自己嫌悪に陥って、ネガティブな気分になってしまうことがありませんか? 自己嫌悪が多いと、根本的に自分を嫌ってしまって自信が持てなくなります。 自分の可能性も決めつけてしまいやすい。 それに、なにより、毎日辛くないですか? 自分のことを責めずに日々生きていければ、きっともっと楽しくなります! 自己嫌悪を克服する方法をご紹介します! 自己嫌悪に陥りやすい人の特徴 まず自己嫌悪に陥りやすい人の特徴を知っておきましょう。 周囲の人と比較する癖がある 周囲と比較することが癖になっている人は自己嫌悪に陥りやすいです。 自分が出来ないことが出来ている人を見るたびに 「なんで私はだめなんだろう」 と自分を責めがち。 特に自分のこだわっていることで周囲と比較する癖が強くなるようです。 完璧主義者・自分に対して厳しい人 完璧主義者や自分に対して厳しい人も自己嫌悪に陥りやすいです。 自分の中の理想が高いために、現実と理想のギャップから自分を責めやすい。 「こうでないといけないのに!」 と自分を責めがち。 特に完璧主義者は 「完璧以外許せない」 と考えてしまうので、より自分を認める範囲が狭いです。 そのため、自分を責めることが多くなりやすい。 このようなタイプの方は、向上心も強く努力家です。 仕事が出来たり、周囲の人から見ればすごい人だと思われる程の能力を持っている方が多いです。 しかし、本人はその完璧主義のせいで苦しんでいたりします。 この状態は幸せではないですよね? もう少し柔軟に考えられたらきっともっと良くなるはず! 自己嫌悪を克服する方法 それでは自己嫌悪を克服するための方法をみていきましょう。 完璧主義をゆるめる 自己嫌悪が多い人は、程度の差はあれ、完璧主義の可能性が高いです。 なのでそれをゆるめていきましょう。 完璧主義の状態を完全に変えることは難しくても、ゆるめるなら短い期間で出来ます。 そのために、完璧主義をゆるめる言葉を使うのが効果的! 「完璧じゃなくていいんだよ」 と心の中で唱える習慣をつけましょう。 自分の心にささやくようにゆっくりこの言葉を唱えてみてください。 もしくは 「たまには適当でいい、そっちの方が面白い」 と暗示するのもおすすめです。

仕事のストレスに負けない!ストレスに強くなる5つの方法

仕事での漠然とした不安を解消する効果抜群の方法

スポンサーリンク

 - メンタルスキル

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status