シゴトノート

仕事に関係する様々なことを網羅していきます!

仕事力を劇的に高める3つの方法

      2018/02/03

今回は仕事力を高めていく方法について!

仕事力を継続的に高めていく方法を3つご紹介します!!

周りの人から徹底的に学ぶ!

出来る人は素直に周りの人のいいところをどんどん吸収しようとします。

そして、それを自分の糧にしていきます。

上司や部下のいいところを自分のものにしていく。

そのため、どんどん仕事が出来るようになるのです。

周りの人の欠点ばかり粗探しするのはやめましょう。

人の欠点を反面教師にして学ぶならいいです。

でも粗探しはだめです。

探すなら周りの人のいいところを見つけようとしましょう

仕事がどんどんできるようになる人は、周りの人のいいところを素直に認めます。

「どんな立場の人からでも吸収しよう!」

という意識が強い。

自分より低い立場の人、部下、そんなもの全く関係ありません。

いいところがあるなら、誰でも素直に見つけて、

スポンサーリンク

「自分をより高める何かのヒントにしていこう!」

という姿勢がすごく大事です。

もちろん仕事が出来る人から徹底的に学ぶことが最初は最も効率的です。

まずは仕事が出来る人のいいところや仕事の仕方を徹底的に学んでいきましょう!

学習能力をとてつもなく高める

仕事が出来るようになっても、更に成長し続ける人は学習能力がとても高いです。

学習能力が高い人は同じミスを2回しません。

同じミスを2回しないようにすることは周りの人に信頼されるためにかなり大事な要素。

ミスをしないためには、ミスの原因をしっかり分析する。

そして、二度と同じミスをしないように改善策・予防策を考え、実践する習慣が必要。

「同じミスをしないためにはどうすればいいか?」

「この失敗から学べる事を全部学ぼう!」

このように考えて、ミスから学んで次につなげていきます。

更に自分のミスだけでなく、周りの人の失敗からも学んでいくように意識をしましょう!

そうすれば、数段速いレベルで仕事が出来るようになるはずです!

周りの人の失敗も自分の失敗と同じように学習機会と捉える。

そして、そのミスから出来る限りのことを学んでいきましょう。

自己分析して課題を出して克服する!

自己分析して課題を出してそれを克服する。

それを繰り返し続ける!

これをやり続けられる人は仕事が出来る人になっていく確率が非常に高いと思います。

現在の自分を分析して課題を出す。

具体的にいうと、

  • もっと仕事が出来るようになるために何を身につけるべきか?
  • どうゆう行動・努力をするべきか?
  • 目標があるなら、その目標を達成するために今の自分に足りないことは何か?
  • 目指している人がいるなら、その人と自分との間にどのような差があるか?
  • 目指している人と自分との間の差は何が作り出しているのか?

このような質問を自分にして、仕事が出来るようになるために必要なことを挙げていく。

それを今後の課題と考えて、優先順位の高いものから1個ずつ克服していく。

課題を克服するたびに、もう一度振り返る。

そして、課題の優先順位を変更したり、新たな課題を出していく。

このように自己分析と課題の克服を繰り返していくのです。

これが当たり前になったら、その人は1人でもどんどん成長していけるはずです。

いずれはきっと仕事がものすごくできる人になっているでしょう。

バックナンバー・関連記事はこちら↓

仕事ができるようになるためにものすごく大切なこと①

スポンサーリンク

これだけは知っておきたい!残業を劇的に減らすための具体的な方法①

本を読むことの3つのメリット

圧倒的に早く終わる!!段取りをしてから仕事をするメリット5つ

できる人はみんなやってる!?仕事が3倍早く終わる段取り術!

仕事が溜まる原因は段取り下手かも!段取りが劇的に上手になる方法①

 - 生産性向上

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status