シゴトノート

仕事に関係する様々なことを網羅していきます!

研修をする前にやるべき大事なこと!

      2018/02/07

今回は後輩への指導レベルの力を上げる方法について。

「人から教えてもらって、学んでいくのは得意、でも指導するのは苦手、、、」

「何をどう教えたらいいかがよくわからない、、、」

仕事で教育係や研修担当になって、こうゆう悩みを抱えていませんか?

人に教わるよりも、教えるほうが遥かに大変です。

上手に教えるためには色々と工夫も必要です。

指導力を上げる方法について2つご紹介します。

長期的な研修計画を立てる

いきなり研修をし始めて、研修をしながら次の日程を決めるのはやめましょう。

いつ研修が終わるのか?

どんな姿になればいいのか?

目的が曖昧なままスタートしてしまうと

  • 研修終了の日程が延びやすい(締め切りに間に合わない)
  • ゴール像が曖昧なままなので、教わる側がやりにくい
  • その場しのぎの研修になって、計画的な研修がしにくい

このようなデメリットがあります。

まず研修を行う場合は、1週間、1ヶ月と研修のスタートからゴールまでの長期的計画を立てましょう!

いつまでに何が出来るようになっているべきかを明確に示していきます。

大事なことは、教わる側の立場を想像すること。

スポンサーリンク

その上で

「いかに教わる側が頭を整理して、教えたことを吸収してくれるか?」

を考える。

そして、なるべくゴールまでの明確な道筋を示すようにします。

こうやって計画を立てていけば、教える立場の自分自身も頭が整理できます。

研修で使うツールを全て準備

研修で使う資料や道具を研修中に気付いて準備してしまう、、、

これは当たり前ですが、研修に不慣れな場合にやりがちなミスです。

これでは研修時間がもったいない。

また、明らかに準備不足感が教わる側に伝わり、不信感を抱かせてしまう可能性があります。

研修・指導においては、教える側と教わる側の信頼関係が大事になってきます。

ですので、必ず研修に必要な資料や道具は事前に準備しておきましょう。

不安な場合はチェックリストを作成して、必要な物の抜け漏れがないかを確認しておくといいと思います。

まとめ

研修・指導に関して、教える側で大事なことはしっかり準備をすることです。

準備不足でうまくいかないのを指導力のせいにしてしまいがち、、、

「自分は教えるのが苦手」

と思っているのは、実は準備不足からきているからかもしれません。

しっかり準備して研修に臨めば、うまく教えるために必要な課題も見つかってくるはず。

そのためにもまずは準備の徹底をしましょう!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

新入社員に対して研修をする時に意識すべき大事なことPart1

新入社員に対して研修をする時に意識すべき大事なことPart2

部下にうまく指摘が出来ないって人に知ってほしい!部下への上手な指摘の仕方①

教え方がわからないって方必見!研修の効果を高める効果的な3つの工夫

「仕事を任せられない!」って悩んでいるなら絶対知るべき!部下に仕事を任せる上手な方法

スポンサーリンク

 - 指導力向上

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status