シゴトノート

仕事に関係する様々なことを網羅していきます!

「この人話しやすい!」って思われたいなら絶対意識した方がいいことPart3

      2018/02/03

今回も話しやすい人と思われるために意識した方がいいことについてお話しします。

前回の記事はこちら↓
「この人話しやすい!」って思われたいなら絶対意識した方がいいことPart2

相手主体で会話をする!

話をする時は相手主体で会話をするようにしましょう。

自分が話したいことばかり話し続ける人がいます。

話を聞いている側からするとこれはなかなか苦痛です。

相手が話題を変えようとしても、お構いなしに自分が話している話題について延々と話してしまう、、、

確かに自分の話をしている時は楽しいですが、これでは相手の気持ちを全く考えていません。

話しやすい人は相手の気持ちや立場をしっかり感じ取りながら会話が出来ます。

だから会話していて心地いいのです。

相手主体で会話をするというのは、相手が楽しく気持ちよく話せるような会話をするということです。

具体的にはどうゆうことかというと、

  • 相手が話してきたことに対して、質問しながら話を膨らませて、会話を弾ませる。
  • 相手が興味あることについて質問をして、相手が乗り気で話せるようなきっかけを作る。
  • 相手の話に合わせて少し自分の話もして、さらにその会話を発展させる。

このような感じで会話をすることです。

話しやすい人はこうゆう会話が当たり前になっています。

もちろん自分の話もしますが、相手の表情や態度を見ながら話します。

相手の態度を観察しながら、話を膨らませたり、話題を変えて相手の話を引き出そうと修正していきます。

スポンサーリンク

「自分の話ばかりしてしまう、、、」

と自覚がある方は、相手主体の会話をぜひ意識してみてくださいね!

自分の失敗談やコンプレックスを笑いのネタにする

人の自慢話を聞くのは好きじゃない人が結構多いです(笑)

でも、失敗談や自分のコンプレックスを明るく笑いのネタにしている人のことは好きじゃないですか?

失敗した恥ずかしい話やコンプレックスをさらけ出して明るく笑いに変えている人はかっこいいとも私は感じたりします(笑)

そうゆう人に好感を持つ人は多いので、どんどん人が寄ってきます。

「話しやすい人だな」って思ってくれる人もきっと多いはず!

自分を無理に大きく見せようとしない方がいい。

日々の中での失敗した話や恥ずかしかった話を笑い話に変えてどんどん人に話しましょう!

そうすれば、自分の中に溜めてるだけじゃマイナスの出来事も周りの人の笑顔に変えることが出来ます。

自分にとってのプラスの出来事に変えることだって出来ます。

そうすれば、日々の色々な経験が話のネタになっていきますよ!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

「この人話しやすい!」って思われたいなら絶対意識した方がいいことPart1

「この人話しやすい!」って思われたいなら絶対意識した方がいいことPart2

「この人と一緒に働きたい!」って思われる人の特徴4つ

仕事をとことん楽しんでいる人の特徴4つ!

上司に信頼されたいならこれを知れ!上司に信頼される部下の特徴4つ

相談に乗るのが苦手な人必見!!相談に乗るのが上手な人の3つの特徴

ついていきたい上司になるために知っておきたい!尊敬される上司の特徴①

スポンサーリンク

 - 接客関連

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status