シゴトノート

仕事に関係する様々なことを網羅していきます!

部下への上手な指摘の仕方

      2018/02/07

今回は部下への上手な指摘の仕方について!

会社で立場が上になると、後輩や部下が増えてきます。

それとともに多くなってくるのが、部下への指導での悩みではないでしょうか?

特に部下が同じミスばかりをしたり、いい加減な態度で仕事に臨んだりしている場合にどう指摘すべきかは悩みどころだと思います。

部下への上手な指摘の方法を2つご紹介します!

自分のイライラを部下に直接ぶつけない。

部下がミスをして仕事が滞ったりすると自分の上司から怒られることもあります。

そうすると、ついその怒りを部下に直接ぶつけたくなることもあると思います。

しかし、自分がミスをして怒られた時のことを思い出してください。

いくら自分のミスでも、上司が自分の怒りを解消したいがために、自分を怒ってきた場合、素直に聞けますか?

なかなか素直に謝れなかったり、

「結局自分のことしか考えてないじゃん」

と思ったりしてしまいますよね。

もちろんミスについて本当に申し訳なく思っていれば、何を言われても素直に謝れる場合もあります。

しかし、私みたいに生意気だった人や(笑)、プライドが高い部下はそうゆう怒りのぶつけられ方・指摘の仕方をされるとへそを曲げてしまう場合も結構あります。

そもそもいくら部下のミスといっても、すぐに部下を呼んで、怒りをぶつけるのは上司としてやるべきことではない。

スポンサーリンク

もしミスの指摘をするなら、自分の怒りをコントロールして落ち着いてからにしましょう。

自分自身が

「本当に部下のためになるように指摘出来る」

と感じるまで落ち着いてから、部下と話します。

そうすれば部下はしっかりとその指摘を聞いてくれる可能性は高くなります。

上司にはそうゆう感情をコントロールする力や心の広さが必要になると思います。

相手のプライドを傷つけない指摘の仕方をする

部下に指摘する時に大事なのは、相手のプライドを傷つけないような形で指摘をすることです。

真っ向から

「何やってんだ、お前は。こんなことも出来ないの?」

などとは絶対に言わない。

これはただ自分の怒りを部下にぶつけているだけです。

言いたくなる気持ちはわかります(笑)

程度の差はあれ、誰だって自分のプライドがあります。

それを真っ向から否定されて、ダメ扱いされたら嫌ですよね?

私だったら、

「もうこの人にはついていかない」

と思ってしまいます。(笑)

「本当に相手のためになるか?」

を考えれば、そのような指摘の仕方はしなくなると思います。

指摘する場合は、まず

「Aさんなら出来るのに、どうしてこうなったの?」

と相手が出来る前提で指摘しましょう。

まずミスをした原因を本人に確認する。

その上でどこがまずかったか?

やり方なのか?

段取りの組み方なのか?

ダブルチェックを怠ったのか?

ミスした部下にもきっと言い分があったり、ミスの原因がはっきりわかって反省してるかもしれない。

だから頭ごなしに怒る前に、本人の話をしっかり聞くことが大事だと思います。

それをしっかり聞いて、改善すべき点を指摘してあげた方がきっと部下も受け入れやすいはずです。

スポンサーリンク

バックナンバー・関連記事はこちら↓

怒りの感情をコントロールする方法3つ!

ほめ上手な人が使っているほめテクニックPart1

ついていきたい上司になるために知っておきたい!尊敬される上司の特徴①

部下に仕事を任せる上手な方法

アルバイトのモチベーションを上げるために社員が意識すべき大切なこと

新入社員に対して研修をする時に意識すべき大事なことPart1

 - 上司・部下関連, 指導力向上

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status