シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

部下への上手な指摘の仕方!デキル上司が意識している3つの工夫

      2018/07/16

今回は部下への上手な指摘の仕方について!

会社で立場が上になると、後輩や部下が増えてきます。

それとともに多くなってくるのが、部下への指導での悩みではないでしょうか?

特に部下が同じミスばかりをしたり、いい加減な態度で仕事に臨んだりしている場合にどう指摘すべきかは悩みどころだと思います。

部下への上手な指摘の方法を3つご紹介します!

スポンサーリンク

自分のイライラを部下に直接ぶつけない。

部下がミスをして、仕事が滞ったりすると自分の上司から怒られることもあります。

そうすると、ついその怒りを部下に直接ぶつけたくなることもありますよね?

しかし、自分がミスをして怒られた時のことを思い出してください。

いくら自分のミスでも、上司が自分の怒りを解消したいがために、自分を怒ってきた場合、素直に聞けますか?

なかなか素直に謝れなかったり、

「結局、自分のことしか考えてないじゃん」

と思ったりしてしまいます。

もちろんミスについて本当に申し訳なく思っていれば、何を言われても素直に謝れる場合もあります。

しかし、私みたいに生意気だった人や(笑)、プライドが高い部下はそういう怒りのぶつけられ方・指摘の仕方をされるとへそを曲げてしまう場合も結構あるんじゃないでしょうか?

そもそもいくら部下のミスといっても、すぐに部下を呼んで、怒りをぶつけるのは上司としてやるべきことではない。

もしミスの指摘をするなら、自分の怒りをコントロールしてからにしましょう。

自分自身が

「本当に部下のためになるような指摘出来る」

と感じるまで落ち着いてから、部下と話します。

そうすれば、部下はしっかりとその指摘を聞いてくれる可能性は高くなります。

上司にはそういう感情をコントロールする力や心の広さが必要になると思います。

相手のプライドを傷つけない指摘の仕方をする

部下に指摘する時に大事なのは、相手のプライドを傷つけないような形で指摘をすることです。

真っ向から

「何やってんだ、お前は。こんなことも出来ないの?」

などとは絶対に言わない。

スポンサーリンク

これはただ自分の怒りを部下にぶつけているだけです。

言いたくなる気持ちはわかります(笑)

程度の差はあれ、誰だって自分のプライドがあります。

それを真っ向から否定されて、ダメ扱いされたら嫌ですよね?

私だったら、

「もうこの人にはついていかない」

と思ってしまいます。(笑)

「本当に相手のためになるか?」

を考えれば、そのような指摘の仕方はしなくなると思います。

指摘するなら、まず

「Aさんなら出来るのに、どうしてこうなったの?」

と相手が出来る前提で指摘しましょう。

まずミスをした原因を本人に確認する。

その上でどこがまずかったか?

  • やり方なのか?
  • 段取りの組み方なのか?
  • ダブルチェックを怠ったのか?

ミスした部下にもきっと言い分があったり、ミスの原因がはっきりわかっていて、反省しているかもしれない。

だから頭ごなしに怒る前に、本人の話をしっかり聞くことが大事だと思います。

それをしっかり聞いて、改善すべき点を指摘してあげた方がきっと部下も受け入れやすいはずです。

良い面をしっかり認めてから、指摘する

仕事のフィードバックなどで改善点を指摘する場合はまず良い面をしっかり認めましょう。

よく出来ている部分、良いと思うところをいくつかほめる。

その後で改善して欲しいところを指摘する。

この流れで改善点を指摘すれば、部下は受け入れやすくなります。

頑張って作り上げた資料を

「ここを直して」

と改善点だけ指摘されたら、大半の部下はやる気が下がってしまうでしょう。

そうではなく、

「この部分は良く出来ているよ、わかりやすい。後はこのグラフをもう少し見やすくすれば、もっとわかりやすくなるよ。」

と良い面をしっかり褒めてから、具体的な改善箇所を指摘する。

そうすれば、部下は心に余裕が出来るので、指摘を素直に受け止められることが多いです。

むしろ

「よし!もっと良い資料にしてやろう!」

とやる気が上がることが多いはず!

部下が素直にこちらの指摘を聞けるような工夫をすることがとても大事です!

これが出来る上司は、きっと部下からも人望も厚くなるはず!

是非意識してみて下さいね!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

尊敬される上司の3つの特徴! | シゴトノート
今回は尊敬される上司の特徴について! あなたの周りには 「ついていきたい!」 と思う上司がいますか? もし今いるなら、その上司から出来るだけのことを学びましょう! もしいないなら、自分自身が部下にそう思ってもらえるような上司になりましょう! 私自身、いろいろな上司の下で働き、両極端のリーダーを経験しました。 現在、上司の立場になってきて、 「まだまだだ」 と感じている真っ只中。 今後忘れないためにも、私が感じる尊敬できる上司の特徴を備忘録として3つまとめていきます! 嫌な顔一つせず部下のフォローをする 「自分がミスしたせいで他の部署に迷惑を掛けてしまった、、、」 そうゆう時に上司が嫌な顔一つせずフォローをしてくれて、その後に 「今後同じミスをしないように」 とだけ指導してくれた。 そんな経験があると、その上司のことを尊敬しますし、 「ついていきたい!」 と感じますよね。 実際、部下のフォローは時間も取られるし、めんどくさいという気持ちが入ってきやすいところ。 それなのに、全く嫌な顔一つせずサッとフォローしてくれる上司はきっと人として器が広いです。 そして、部下に対する深い思いやりがある人だと思います。 感情のコントロールがうまい 感情コントロールがうまい=気分にムラがない上司がいてくれると本当に心強い。 気分にムラがないということは、自分の嫌な感情を部下にぶつけたり、イライラしている様子をほとんど見せない。 だから、部下は安心してその上司に業務の相談をしたり、意見を言いやすいのです。 相談しやすい上司がいてくれると本当に仕事がやりやすくなります。 その上司がいてくれるからこそ、本当に安心して働けるし、色んなチャレンジが出来る! 自分自身も大変な状況なのに、その大変さを部下にぶつけずに、相談や意見をしっかり聞いてくれる。 こうゆう上司についていきたいものですね! 出来ない人の気持ちを理解している 人の上に立って仕事をする人に本当に大切にして欲しいのが、出来ない人の気持ちを理解しようとする姿勢です。 上に立って権力を持てば持つほど、出来ない人の気持ちを理解しようとする姿勢が大事になってくると私は思います。 部下が苦しんでいる時に、上司の視点から一方的に怒ったり、指導したりするのではなく、部下の気持ちを想像してその気持ちを理解する。

怒りの感情をコントロールする方法3つ!

「仕事がしやすい!」と部下が感じる。デキル上司の仕事の頼み方3つ!

ほめ上手な人が使っているほめテクニックPart1

部下に仕事を任せる上手な方法

アルバイトのモチベーションを上げるために社員が意識すべき大切なこと

新入社員に対して研修をする時に意識すべき大事なことPart1

スポンサーリンク

 - 上司・部下関連, 指導力向上

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status