シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

上司を説得するためのコミュニケーションの2つのコツ!

      2018/03/26

今回は上司を説得するコツについて!

「上司に対して、自分の意見や主張を聞いてもらいたい。」

「自分の企画を通したい、、、けど上司が頑固で、、、」

職場でこうゆう悩みを持っている人も多いかもしれません。

人を説得するには、上手な説得の仕方を理解しておくと少しは楽になります!

スポンサーリンク

上司を説得するコツについて2つご紹介します!

主張することよりも聞くことを重視する

「自分の意見を聞いてほしい」

「企画を通したい!」

このように考えて上司に掛け合っている時は、どうしても自分の主張が強くなりがちです。

上司が器の大きい人で、よく話を聞いてくれるタイプならそれで問題ないかもしれません。

ですが、ワンマンタイプの頑固な上司などの場合は問題ありです。

そのタイプの上司は、自分の主張を強くしたとしてもあまり効果がない可能性が高い。

どうしても反発されてしまって、互いに意見をぶつけ合う形になってしまう。

こうゆう上司の場合、むしろ大事なのは、相手の話をとことん聞くこと。

  • 相手が自分の意見や企画に対してどう思っているのか?
  • 相手がこだわっていることは何か?

相手の話をとことん聞く中でこの2つを把握をしていきます。

出来れば、普段働いている中で

  • 相手は何にこだわるのか?
  • 何を大事にしているのか?

というところを観察して把握しておく。

そうすると意見やアイディアを通したい時に役立ってくれるはずです。

相手を受け入れた上で説得する

上司を説得する際は、相手を受け入れた上で説得する。

これが大事です。

自分が上司の立場を想像してみてください。

自分のこだわりを無視して、主張を通そうとしてくる部下がいたら、反発したくなりませんか?(笑)

なるべくそのような強引な方法はやめましょう。

自分が損するだけです。

自分の主張をわかってもらいたいなら、別の方法を使いましょう。

スポンサーリンク

相手のこだわりや意見をしっかり把握した上で、自分の意見や企画を主張しましょう。

その際に大事なのは、相手のこだわりを尊重することです。

自分の意見や企画を、相手のこだわりに反さないように主張していく。

「Aさんが大事にしているこのポイントもこの企画なら達成できます。いかがでしょうか?」

このように相手と自分が同じ方向を向いていることをちゃんと伝える。

そうすれば、そこまでの反発を受けないと思います。

むしろ、肯定的な改善点や課題を指摘してもらえる可能性が高くなるはず!

最後に

コミュニケーションで常に意識して欲しいことは、まず相手の立場に立って物事を考えてみる。

これが習慣になって、相手の立場で物事を考えるのが当たり前になれば、コミュニケーションは非常にスムーズになるはずです!

「自分だったら、どうゆう提案の仕方なら受け入れやすいか?」

これを考えて、徹底すれば、提案の仕方もどんどん改善していけるのではないでしょうか?

合わせて読みたい関連記事!

部下のやる気を引き出すたった1つの大事なこと。 | シゴトノート
今回は部下の指導・育成方法について。 上司の立場になって、一番悩むのは部下のやる気を引き出す方法かもしれません。 「部下がやる気を持って仕事に打ち込んでくれない、、、」 このように部下に対して不満がある場合、部下を変えようとしがち、、、 でも、上司である自分自身のやり方を変えなければ、部下はなかなか変わってくれません。 あなた自身がやり方を改善していけば、部下もやる気を持って仕事をしてくれるようになるはず。 大事なことはたった1つです! 「この仕事は価値がある!」と思わせる! たった1つの大事なこととは、いかに部下に 「この仕事は価値がある!」 と思わせるか、です! 仕事に価値があると思わせるというのは、部下が 「この仕事は自己実現につながる!」 って思うようになること。 お金は仕事のやる気には必ずしもつながらない 給料を上げて仕事のモチベーションを上げることも1つの方法です。 でも、それでは限界があります。 人事や役員等も関係してきちゃいますし、一人じゃなかなか難しい。 それにお金をたくさん稼ぐこと、それ自体が目標になりがちですが、実際はそうではありません。 お金を稼いで自分の欲しい物を手に入れる。 あるいは、自分のやりたいことを実現し、自分のなりたい人物像に近づく。 そのためにお金を稼ぎたいと思っている人が多いはずです。(金を稼ぐことが目的になってしまっている人も確かにいますが(笑)) 仕事をすること自体が自分のやりたいことを実現したり、欲しい物を手に入れられる。 部下自身がそう思えるようになれば、きっと半端じゃないやる気で仕事に臨んでくれるようになるはずです! 魅力的な上司になる努力をしよう! そのためには上司のあなた自身が仕事に前向きに取り組むことが非常に大切です。 なぜなら、上司が魅力的かどうかも部下にとって大きく影響するからです。 「ついていきたい!」 って思うような上司のもとだったら、仕事のやる気は絶対上がりますもんね! 仕事に前向きで魅力的な上司になる! これが部下のやる気を高めることにつながってくれます。 もしあなた自身が前向きに仕事に取り組めていないのだったら、部下のやる気がないのも仕方ないです。 その場合は、まず自分自身が仕事にワクワク取り組めるように仕事の意味や考え方を見直してみましょう。 仕事に対する前向きな捉え方を教える
尊敬される上司の3つの特徴! | シゴトノート
今回は尊敬される上司の特徴について! あなたの周りには 「ついていきたい!」 と思う上司がいますか? もし今いるなら、その上司から出来るだけのことを学びましょう! もしいないなら、自分自身が部下にそう思ってもらえるような上司になりましょう! 私自身、いろいろな上司の下で働き、両極端のリーダーを経験しました。 現在、上司の立場になってきて、 「まだまだだ」 と感じている真っ只中。 今後忘れないためにも、私が感じる尊敬できる上司の特徴を備忘録として3つまとめていきます! 嫌な顔一つせず部下のフォローをする 「自分がミスしたせいで他の部署に迷惑を掛けてしまった、、、」 そうゆう時に上司が嫌な顔一つせずフォローをしてくれて、その後に 「今後同じミスをしないように」 とだけ指導してくれた。 そんな経験があると、その上司のことを尊敬しますし、 「ついていきたい!」 と感じますよね。 実際、部下のフォローは時間も取られるし、めんどくさいという気持ちが入ってきやすいところ。 それなのに、全く嫌な顔一つせずサッとフォローしてくれる上司はきっと人として器が広いです。 そして、部下に対する深い思いやりがある人だと思います。 感情のコントロールがうまい 感情コントロールがうまい=気分にムラがない上司がいてくれると本当に心強い。 気分にムラがないということは、自分の嫌な感情を部下にぶつけたり、イライラしている様子をほとんど見せない。 だから、部下は安心してその上司に業務の相談をしたり、意見を言いやすいのです。 相談しやすい上司がいてくれると本当に仕事がやりやすくなります。 その上司がいてくれるからこそ、本当に安心して働けるし、色んなチャレンジが出来る! 自分自身も大変な状況なのに、その大変さを部下にぶつけずに、相談や意見をしっかり聞いてくれる。 こうゆう上司についていきたいものですね! 出来ない人の気持ちを理解している 人の上に立って仕事をする人に本当に大切にして欲しいのが、出来ない人の気持ちを理解しようとする姿勢です。 上に立って権力を持てば持つほど、出来ない人の気持ちを理解しようとする姿勢が大事になってくると私は思います。 部下が苦しんでいる時に、上司の視点から一方的に怒ったり、指導したりするのではなく、部下の気持ちを想像してその気持ちを理解する。

上司に信頼されたいならこれを知れ!上司に信頼される部下の特徴4つ

部下が本音を言わなくなる前に!上司が気を付けるべき3つのこと

怒りの感情をコントロールする方法3つ!

スポンサーリンク

 - 上司・部下関連

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status