シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

接客に自信がないって人に実践して欲しい!接客力向上の方法

      2018/07/16

今回は接客力向上の方法について!

「接客に自信がなくて、びくびくしてしまう」

「お客さんに話しかけるのが苦手、、、」

接客の経験があまりない時はこういう苦手意識や不安は誰しもが持つものだと思います。

しかし、いつまでも接客が苦手じゃツライですよね?

スポンサーリンク

接客は経験が非常に大事です。

ですが、心掛けや工夫も同じくらい大事だと思います。

そのポイントをご紹介します。

接客の天才になりきる!

自分は接客が苦手と感じているなら、ドラマの役になりきるイメージで、

自分は接客の天才だ!」

と思い込んでみましょう!

自分とは別の、<接客の天才>と言われている人が自分に乗り移っているイメージです。

「接客の天才ならどうするか?」と徹底的に考える!

接客の天才と言われている人なら、お客さんに対して明るく元気に接客しますよね?

お客さんに対して細やかな気遣いが出来ますよね?

接客の天才と言われている人は

  • どんな考え方で接客をしているか?
  • どんな想いで接客をしているか?
  • どんな行動をとるか?
  • お客さんに対してどんな言葉をかけるか?

このように考えて、徹底して接客の天才の真似をする。

いつも

「接客の天才だったらどう行動する?」

と考えて行動して接客してみてください。

きっと驚くぐらいの接客が出来るはず!

そして、お客さんに対して

「良い接客が出来た!」

という経験が増えていくはずです!

なりきっている間は接客に対する苦手意識が小さくなるのを感じると思います。

具体的に接客がうまい人が職場にいたり、知っているのであれば、その人を徹底して真似しましょう!

スポンサーリンク

まずは5分間なりきりから始める

仕事の間ずっとなりきるのが難しければ、5分と時間を決めてなりきって接客をしてみる!

「よし!ここから5分は私は接客の天才だ!」

と心の中で宣言します。

5分だったらなりきることに集中して、全力を注げます。

接客に限りませんが、

なりきる!

という方法は本当に効果が高い方法だと私は思います。

苦手意識やマイナス思考などが自分の望む状態を妨げている場合に、自分以外の誰かになりきる。

そうすると、なんか自分ではない感じがして、普段自分がしないような行動が取れるんです!

そのおかげで自分で限界を決めてしまっている行動パターンをぶち壊すことが出来たりする。

是非試してみてくださいね^ ^

バックナンバー・関連記事はこちら↓

接客上手になるための3つのコツ | シゴトノート
今回は接客上手になるためのコツについて! 接客に携わっていて、 「なかなか笑顔が作れない」 「いざお客さんと接するとうまく会話ができない」 このように悩んでいる方は案外多いと思います。 ただそういう悩みも、接客のコツについて知識をつけるだけで少しは解決の道筋が見えるはずです。 接客上手になるためのコツを3つご紹介します! 笑顔!無理なら明るい顔でい続ける! 接客は笑顔!これは必ず言われると思います。 しかし、特に男性で接客業に従事している方は笑顔が苦手で悩んでいる方が結構います。 「笑顔がうまい人はもともとの性格だ」 と思っている人も多いかもしれません。 しかし、笑顔が得意だと思われている方も最初はそうでない場合が大半。 実際は、家で笑顔の練習をしていたり、接客を何年もし続けてようやく笑顔が得意になった人のほうが多いです。 笑顔が苦手な方は笑顔を作る練習や接客で笑顔を意識する経験が絶対的に不足している可能性があります。 接客で笑顔がなかなか出せないなら、まずは明るい顔を意識してみてはいかがでしょうか? 笑顔よりは劣るとは思いますが、少なくとも暗い顔・真顔よりは絶対に印象がいいはず! そうやって、明るい顔を意識し続けながら、笑顔の練習を日々していく。 そうすれば笑顔が自然と接客中に出てきて印象がどんどん良くなっていくと思いますよ! そのためには 鏡の前で笑顔の練習をする どうやったら明るい表情がつくれるか鏡でいろいろ試してみて研究する 笑顔を強く意識して接客してみる(実際に笑顔が出なくてもいい) このような工夫と努力をぜひしてみてくださいね。 きっとほんの少しでも変わってくるはず! 自分の大切な人だと思って接客する 「疲れてるのに、接客をしないといけない、、、」 こうゆう時も仕事をしていればありますよね!? そんな時にお客様が来たら、わずかながらでも態度に出てしまいがち。 「めんどくさい、、、」 こうゆう気持ちが生まれてくるといい接客はできないでしょう。 もしそうゆう状況になったら、 「もしこのお客さんが自分にとって本当に大切な人だったらどうゆう接客をするか?」 「自分がお客さんの立場だったら、どんな接客をされたいか?」 これを考えて接客してみましょう。 大切な人に対してだったら丁寧に接客をするのではないでしょうか?

お客さんから好かれる接客をするために意識すべき大事なこと

接客でのクレーム対応がうまくなる!クレーム対応で意識すべき2つのコツ

接客上手はみんな陰でやってる!?接客力向上のためにやるべき3つのこと

「この人話しやすい!」って思われたいなら絶対意識した方がいいことPart1

人をほめるのが劇的にうまくなる!ほめ上手な人が使っているほめテクニックPart1

スポンサーリンク

 - 接客関連

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status