シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

とてつもなくポジティブになる方法!③

      2018/02/02

今回は

とてつもなくポジティブになる方法!②

の続きです。

ポジティブになる方法をさらにご紹介していきます。

今の状況のプラス面に目を向ける

ポジティブでいたいなら、今の環境・状況のプラス面を強く意識しましょう!

スポンサーリンク

どんな環境でもプラスの面は必ずあります。

「プラスの面を見ようとしても、難しい、、、」

と思う人は以下の例を参考にしてください。

例:嫌な上司の下で働いている場合

  • 上司のどこが嫌なのかを学んで自分は絶対そうならないように反面教師にするいい機会
  • 上司以外の一緒に働く仲間は働きやすくていい人が多い
  • 自分のやりたい仕事が少しは出来ている
  • 体調的には何も問題なく仕事が出来ている
  • お金には不自由せずに暮らせてる
  • 仕事で出来ることが少しずつ増えてきている

このように普段は当たり前だと思っていることも今の状況のプラスの面です。

「こんなことでいいの?」

って思いましたか?(笑)

それでいいんです。

大切なことは失ってから気付くってよく言われますよね!?

実際に仕事を辞めて、今までの職場のありがたさがよくわかるってことは結構多い。

環境が変わってから後悔したくはないですよね!?(笑)

だったら、今の環境・状況のありがたさを今から強く意識しましょう。

そして、感謝していきましょう。

今の環境のプラス面は見つけようと意識すればいくらでも出てきます。

毎日が今の状況のプラス面を見る訓練だと考えましょう。

1日1つは絶対プラス面を見つけるように頑張りましょう。

プラスの面を見ようとしているだけで心がポジティブになってきます!

愚痴や人の悪口は言わない

愚痴や人の悪口は極力言わないようにしましょう!

愚痴を言っても、それは自分にとってマイナスにしかなりません。

言えば言うほど自分の中のネガティブな部分が大きくなってしまいます。

スポンサーリンク

もちろん、どうしてもストレスが溜まったり、イライラする時もあるでしょう。

そうゆう時は愚痴を言ったり、人の悪口を言ったりするのもいいと思います。

人に話すことで楽になったり、心が和らぐこともあるでしょう。

ただし!!

言うなら心を許せる信頼できる人に、たまにこぼす程度にしましょう。

色んな人に愚痴を言ったり、人の悪口を言うのは絶対やめた方がいい。

愚痴や悪口は周りを不快にします。

それにあなたに対する評判も悪くなります。

愚痴を言っている時間があるなら、周りの人のいいところを見つける時間に使う。

その方が絶対人生楽しくなります!

陰口を言うかわりに、陰で周りの人をほめまくってた方が自分も周りの人どっちもハッピーになれるはず!

今自分が使っている時間を確認して、ポジティブなことに使う時間を少しずつ増やしてみてください。

それが確実にあなたをポジティブにしていってくれるはずです!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

ポジティブな人の3つの特徴!
今回はポジティブな人の特徴について! あなたの周りにいつも前向きで明るい雰囲気を発している人はいませんか? いつもポジティブな人にはどんどん人が寄ってきます。 元々ポジティブな人もいれば、苦しんだ経験から這い上がって、強いポジティブさを手に入れた人もいます。 でもどんなタイプであれ、ポジティブな人には共通点があります。 その共通点を知り、真似る。 そして、今からでも少しずつポジティブな人に近づいていきましょう! 特徴を3つご紹介します! どんなことも前向きに捉える! ポジティブな人はどんな時でも前向きです。 どんな状況でも前向きな気持ちで行動することが習慣になっています。 他の人から見れば、不幸に見えることでもポジティブな人はプラスの意味づけをして 「チャンス!」 と考えます。 ポジティブな人は、出来事や事実に対して、自分にとってプラスになるように捉え直すのが上手なんです! 例えば、仕事で業務が重なって追い込まれている時の場合。 ネガティブな人なら 「なんでこんな仕事が多いんだ、、、」 と愚痴をこぼすところですね。 でも、ポジティブな人は 「自分のキャパシティを広げるチャンス!」 「仕事がもっと出来るようになる大チャンス!」 と捉えて前向きにこの状況に臨んでいく。 こうゆう違いの積み重ねがポジティブな人とネガティブな人を分けていきます。 状況に対する考え方はいくつもあります。 なるべく柔軟に、前向きなものを選択していきましょう! ポジティブな人が周りにいる ポジティブな人の周りにいる人もポジティブな人が多くないですか? きっと、ポジティブな人に同じポジティブな人が寄ってくるのでしょう。 ポジティブな人は、自分よりもポジティブな人から言葉や行動を吸収しています。 その人を出来るだけ観察して、ポジティブさを作っている要因を見つけ出す。 そして、それを自分も真似てみる。 ポジティブな人はそうゆうことをするのも上手です! 小さな楽しみや幸せを見つけるのがうまい ポジティブな人は小さな幸せを見つけるのがとっても上手です! 仕事中にお客さんからほめてもらったことを思い出して嬉しくなる。 仕事で少し出来ることが増えたことに幸せな気持ちを感じる。 あるいは、昼ごはんがおいしかったことや誰かの助けになれたことを覚えている。 そして、その嬉しさや楽しさを十分に味わっています。
楽観的に考えることのメリット5つ!
今回は、楽観的に考えることのメリットについて! 成功者の多くは楽観思考とよく言われますね。 逆に仕事の能率を下げたり、楽しさを減らす原因が心配性。 仕事だけでなく、長い人生で楽観的に考えるのと悲観的に考えるのだとどっちが楽しい人生になりそうでしょうか? 悲観的な自分のことは好きでしょうか? 今まで悲観的に物事を考えて仕事で無駄にストレスを感じたなら、それから脱却しましょう! 今日から楽観的に考える習慣をつけ始めましょう! そのためにはまず楽観的に考えるメリットをしっかり理解することが大事です。 5つご紹介します! ストレスが劇的に減る! 楽観的に考える習慣がつくとストレスが劇的に減ります! 楽観的に考える人は将来に対して楽観的です。 なので、まだ起こるかわからないことに対してあれこれ心配したりしません。 そのため、余計な不安や恐怖にかられてストレスを感じる機会が非常に少ないのです。 それに楽観的に考える習慣は人間関係におけるストレスも劇的に減らしてくれます。 なぜなら 「あの人に悪口を言われているんじゃないか?」 という本当かどうかがわからない不安な予測や被害妄想をしなくなるからです。 これは今まで悲観的に考えてきた人にとっては相当大きいはず! そして、余計なストレスが減るので、心が安定してきます。 また、今まで余計な心配に費やしてきた時間を、将来の希望を考える時間に充てることが出来ます! 過去を引きずらなくなる! 楽観的に考えていくことは過去に囚われにくいという大きなメリットもあります。 過去に起きたことに対しても、引きずったり、クヨクヨすることが少ない。 「過去のあのことがあるから今の自分はうまくやれている」 「どんなこともいずれきっと自分のプラスになる」 という感じで過去のことを捉えています。 だから、後悔から生まれるストレスも少ない。 過去にクヨクヨしていても何も変わりません。 変えられるのは今から先のことだけ! だったら、過去に囚われるのではなくて、今を楽しみながら、より良い未来をつくっていきましょう! 楽観的に考えることは、これからの明るい未来をつくるために非常に効果を発揮してくれるはずです! 今を楽しんで、この瞬間に集中できる! 楽観的に考えると過去を引きずらなくなります。 将来の起こるかわからないことに対してもいちいち不安になったりしません。
自分をほめると仕事もプライベートも楽しくなる!!自分をほめることのメリット4つ!
今回は自分をほめることのメリットについて! 自分をほめることを普段意識していますか? 「自分をほめたら自分に甘くなる」 「自分をほめるなんてなんか恥ずかしい」 このように考える方が多いかもしれません。 自分をほめる習慣が今現在で無い人にとっては、 「こんなの意味あるの?」 と思うかもしれません。 しかし! 自分をほめることは日々の生活の充実度を上げてくれます。 また、仕事のやる気を高めるのに非常に効果的なんです!! 今までやっていなかった人も自分をほめるメリットを知ればきっとやりたくなります! メリットを4つご紹介します! 自己嫌悪が減る 「自分をほめる習慣がない」 という人は自分に厳しい人が多いです。 自分に厳しいのは成長したり、経験を積んで仕事が出来るようになりやすい大事な要素です。 しかし、厳しすぎるよはよくありません。 今の自分を否定し、責めて自己嫌悪に陥ることが多くなってしまいがちです。 自己嫌悪に陥っている時は嫌な気分ですよね? そうゆう時は仕事への集中力も下がります。 やりたいことへのやる気も出にくくなります。 こうなると自分に厳しいことはマイナスになってしまいます。 自分をほめる習慣がつくと、自分をありのままに受け入れやすくなります。 今の自分を少しずつ好きになっていける。 それはなぜか? それは、自分をほめようと意識していると、自然と自分のいいところに目が向くようになるからです。 自分のことが嫌いな人でも、自分のいいところに目が向くようになると、自分のことを少しずつ好きになってきます。 そうなるにつれて、自分を責めて自己嫌悪になることも少なくなります。 充実感が高まる! 自分をほめる習慣をつけると仕事でもプライベートでも充実感が高まります。 ほめられる経験は、育った環境などによって人それぞれ全然違っています。 自分に厳しい人は、ほめられた経験が他の人より少ないかもしれません。 そのため、ほめられることに慣れていない。 だから自分をほめることにも抵抗があるのです。 しかし、 「ほめられることが嬉しくない」 という人はほとんどいないはずです。 誰だってほめられたらうれしい。 ただ、人にほめられることはなかなかないですよね? もちろん仕事の種類や上司のタイプによって全然変わると思いますが、、、
スポンサーリンク

 - メンタルスキル

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status