シゴトノート

仕事に関係する様々なことを網羅していきます!

部下のやる気を引き出すたった1つの大事なこと。

      2018/02/02

今回は部下の指導・育成方法について。

上司の立場になって、一番悩むのは部下のやる気を引き出す方法かもしれません。

「部下がやる気を持って仕事に打ち込んでくれない、、、」

このように部下に対して不満がある場合、部下を変えようとしがち、、、

でも、上司である自分自身のやり方を変えなければ、部下はなかなか変わってくれません。

あなた自身がやり方を改善していけば、部下もやる気を持って仕事をしてくれるようになるはず。

大事なことはたった1つです!

「この仕事は価値がある!」と思わせる!

たった1つの大事なこととは、いかに部下に

「この仕事は価値がある!」

と思わせるか、です!

仕事に価値があると思わせるというのは、部下が

「この仕事は自己実現につながる!」

って思うようになること。

お金は仕事のやる気には必ずしもつながらない

給料を上げて仕事のモチベーションを上げることも1つの方法です。

でも、それでは限界があります。

スポンサーリンク

人事や役員等も関係してきちゃいますし、一人じゃなかなか難しい。

それにお金をたくさん稼ぐこと、それ自体が目標になりがちですが、実際はそうではありません。

お金を稼いで自分の欲しい物を手に入れる。

あるいは、自分のやりたいことを実現し、自分のなりたい人物像に近づく。

そのためにお金を稼ぎたいと思っている人が多いはずです。(金を稼ぐことが目的になってしまっている人も確かにいますが(笑))

仕事をすること自体が自分のやりたいことを実現したり、欲しい物を手に入れられる。

部下自身がそう思えるようになれば、きっと半端じゃないやる気で仕事に臨んでくれるようになるはずです!

魅力的な上司になる努力をしよう!

そのためには上司のあなた自身が仕事に前向きに取り組むことが非常に大切です。

なぜなら、上司が魅力的かどうかも部下にとって大きく影響するからです。

「ついていきたい!」

って思うような上司のもとだったら、仕事のやる気は絶対上がりますもんね!

仕事に前向きで魅力的な上司になる!

これが部下のやる気を高めることにつながってくれます。

もしあなた自身が前向きに仕事に取り組めていないのだったら、部下のやる気がないのも仕方ないです。

その場合は、まず自分自身が仕事にワクワク取り組めるように仕事の意味や考え方を見直してみましょう。

仕事に対する前向きな捉え方を教える

部下には仕事の方法だけでなく、仕事に対する前向きな捉え方も教えてあげましょう!

部下が仕事に対して前向きに取り組めるように、前向きな捉え方を伝えまくる。

今行っている仕事の意味や、この仕事をすることで今後の人生にどうプラスになっていくのか。

そのようなことを熱く語れるようになりましょう。

部下がやる気を持って仕事が出来ないのは、仕事の意味を理解していないせいかもしれません。

後ろ向きな気持ちで仕事に臨んでいるから、そりゃやる気も出ません(笑)。

前向きな捉え方とは例えば、

  • この仕事のおかげで「助かった」って言ってくれる人が必ずいる
  • 今これをやっておけば、上司になってから必ず部下の指導に活きるぞ
  • 納期を守ることは周りからの信頼を獲得することにつながる。その信頼の積み重ねがいずれ君を支えてくれるようになる
  • この仕事をしっかり行えば、お客さんの笑顔を増やせる。周りの人を楽しませることができるぞ。

ちょっと抽象的になってしまいましたが(笑)

このような感じです。

それぞれの仕事にそれぞれ意味があり、その仕事をすることで得られるものがあるはずです。

なので前向きな捉え方もいくらでもあります。

あなたがワクワクしながら仕事に取り組んでいる時に、仕事をどう捉えているのかを観察してみてください。

そして、そのワクワクしている時の仕事の捉え方を部下に何度も伝えましょう。

はじめは伝わらないかもしれません。

でも、繰り返していくうちに影響されて、やる気になってくれる部下は必ず出てくるはずです!

スポンサーリンク

 

バックナンバー・関連記事はこちら↓

部下を加速度的に成長させる指導方法3つ!
今回は部下への指導方法について! 「部下が全然成長してくれない、、、」 「部下への指導の仕方がよくわからない、、、」 上司の立場になるとこうゆう悩みが付きものです。 「よっぽど自分の仕事レベルを上げる方が簡単だ」 と感じたりしますよね(笑) しかし、本当に優れた上司は部下を育成し、仕事が出来るように成長させるのが上手です。 そのためには、指導方法を工夫し、部下の能力を引き出す手助けをする必要があります。 その指導の工夫について私なりの方法をお話ししていきます。 正解を与えず、正解に気付くための気づきを与える 部下に成長して欲しいなら、簡単に答えばかりを与えないようにしましょう。 正解を見つけるきっかけを与えてあげることがとても重要! 与えられたヒントや気づきから、自分自身で考えて正解にたどり着くことに大きな意味があります。 自分で考え、導いた正解だからこそ、そのことをしっかり理解する。 人から教えられた正解はたとえ良い方法でも、しっかり吸収できるとは限りません。 これは上司になったら、常に意識するようにした方がいいです。 部下自身に自己評価をさせる 部下に対して仕事のフィードバックをする時は、先に部下に自己評価をさせてから伝えましょう。 ただ一方的に上司から部下に結果を伝えて、改善させるだけではあまり成長は期待出来ません。 部下に自己評価をさせるには、 「この提出物は自分としてはどのくらいの完成度?」 などとまず質問をします。 そして、良かった点と悪かった点どちらも出させるようにします。 この方法だと、自分なりの点数をつけた上で、良い点と悪い点をどちらも出せます。 部下は客観的な視点で自分を評価しやすくなります。 そして、次のステップは、 「どうしたら自己評価をより良くすることが出来るか?」 を質問します。 部下にこの質問にしっかり考えてもらって答えさせます。 その答えを尊重しながら、上司のあなたの意見やより良い方法を1つの参考例として伝えていく。 そうすると、部下は自分の意見をはっきり言ってから、あなたの意見を聞けます。 そのため、上司のアドバイスを素直に受け入れやすくなるはずです。 このようなフィードバックの仕方を繰り返していきましょう。 そうすると、いずれ部下は自分自身で仕事の質を上げる方法を考え出すようになります。

ついていきたい上司になるために知っておきたい!尊敬される上司の特徴①

上司を説得するためのコミュニケーションのコツ!

「この人と一緒に働きたい!」って思われる人の特徴4つ

上司に信頼されたいならこれを知れ!上司に信頼される部下の特徴4つ

 - 上司・部下関連

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status