シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

部下を加速度的に成長させる指導方法3つ!

      2018/03/02

今回は部下への指導方法について!

「部下が全然成長してくれない、、、」

「部下への指導の仕方がよくわからない、、、」

上司の立場になるとこうゆう悩みが付きものです。

「よっぽど自分の仕事レベルを上げる方が簡単だ」

スポンサーリンク

と感じたりしますよね(笑)

しかし、本当に優れた上司は部下を育成し、仕事が出来るように成長させるのが上手です。

そのためには、指導方法を工夫し、部下の能力を引き出す手助けをする必要があります。

その指導の工夫について私なりの方法をお話ししていきます。

正解を与えず、正解に気付くための気づきを与える

部下に成長して欲しいなら、簡単に答えばかりを与えないようにしましょう。

正解を見つけるきっかけを与えてあげることがとても重要!

与えられたヒントや気づきから、自分自身で考えて正解にたどり着くことに大きな意味があります。

自分で考え、導いた正解だからこそ、そのことをしっかり理解する。

人から教えられた正解はたとえ良い方法でも、しっかり吸収できるとは限りません。

これは上司になったら、常に意識するようにした方がいいです。

部下自身に自己評価をさせる

部下に対して仕事のフィードバックをする時は、先に部下に自己評価をさせてから伝えましょう。

ただ一方的に上司から部下に結果を伝えて、改善させるだけではあまり成長は期待出来ません。

部下に自己評価をさせるには、

「この提出物は自分としてはどのくらいの完成度?」

などとまず質問をします。

そして、良かった点と悪かった点どちらも出させるようにします。

この方法だと、自分なりの点数をつけた上で、良い点と悪い点をどちらも出せます。

部下は客観的な視点で自分を評価しやすくなります。

そして、次のステップは、

「どうしたら自己評価をより良くすることが出来るか?」

スポンサーリンク

を質問します。

部下にこの質問にしっかり考えてもらって答えさせます。

その答えを尊重しながら、上司のあなたの意見やより良い方法を1つの参考例として伝えていく。

そうすると、部下は自分の意見をはっきり言ってから、あなたの意見を聞けます。

そのため、上司のアドバイスを素直に受け入れやすくなるはずです。

このようなフィードバックの仕方を繰り返していきましょう。

そうすると、いずれ部下は自分自身で仕事の質を上げる方法を考え出すようになります。

この自分自身で改善の方法を考える習慣をつけさせることが非常に大事です。

この習慣さえついてしまえば、部下は勝手にどんどん成長していくはずです。

そうなれば、あなたからのフィードバックもあまり必要なくなり、頼りになる部下になってくれます。

自分のやり方を教えて、従わせるのは簡単です。

その場では一番早いかもしれません。

しかし、必ずしも良い方法とは言えません。

一時的には部下の仕事の効率が良くなったり、仕事が出来るようになるかもしれません。

しかし、それ以上はなかなか伸びません。

なぜなら、自分で改善の方法を考える習慣がつかないからです。

やり方を伝えて、それを真似させるだけだと、

「また上司にやり方を教えてもらえばいいや」

という気持ちに部下がなりやすいんです。

部下に自己評価をさせるというフィードバックの仕方は少し時間がかかります。

根気が必要なので、面倒に感じる方もいるとは思います。

しかし、それだけの効果が出る指導方法だと思います。

部下がなかなか成長してくれないと悩んでいる方はぜひ試してみてください。

一段階レベルの高いポジションと役割を与える

部下にもっと成長して欲しいと思っていたり、伸び悩んでいる部下がいるなら、今より一段階レベルの高いポジションを与えましょう。

そういった権限がなくても、今まで任せていた仕事よりもっと難しく責任がある仕事をあえて任せてみるのです。

成長してから、一段階レベルの高い役割を任せるのではありません。

成長してもらうために、

「現状だと重すぎるかも」

と思うような責任と役割を与えるのです。

人は与えられたポジション・役割によって成長することが多いです。

立場も責任の大きさも変われば、仕事に対する意識も変わってきます。

「この仕事をするには今の自分のままじゃだめだ」

と部下に思わせてしまえば、もう成功したようなものです。

必死にもがきながら部下は自分の仕事のレベルを上げる方法を考えるようになってくれます。

その際に大事なのは

「責任は私が取るから」

という姿勢を示すことです。

そうすれば部下も安心して、難しい仕事にチャレンジできます。

バックナンバー・関連記事はこちら↓

部下のやる気を引き出すたった1つの大事なこと。 | シゴトノート
今回は部下の指導・育成方法について。 上司の立場になって、一番悩むのは部下のやる気を引き出す方法かもしれません。 「部下がやる気を持って仕事に打ち込んでくれない、、、」 このように部下に対して不満がある場合、部下を変えようとしがち、、、 でも、上司である自分自身のやり方を変えなければ、部下はなかなか変わってくれません。 あなた自身がやり方を改善していけば、部下もやる気を持って仕事をしてくれるようになるはず。 大事なことはたった1つです! 「この仕事は価値がある!」と思わせる! たった1つの大事なこととは、いかに部下に 「この仕事は価値がある!」 と思わせるか、です! 仕事に価値があると思わせるというのは、部下が 「この仕事は自己実現につながる!」 って思うようになること。 お金は仕事のやる気には必ずしもつながらない 給料を上げて仕事のモチベーションを上げることも1つの方法です。 でも、それでは限界があります。 人事や役員等も関係してきちゃいますし、一人じゃなかなか難しい。 それにお金をたくさん稼ぐこと、それ自体が目標になりがちですが、実際はそうではありません。 お金を稼いで自分の欲しい物を手に入れる。 あるいは、自分のやりたいことを実現し、自分のなりたい人物像に近づく。 そのためにお金を稼ぎたいと思っている人が多いはずです。(金を稼ぐことが目的になってしまっている人も確かにいますが(笑)) 仕事をすること自体が自分のやりたいことを実現したり、欲しい物を手に入れられる。 部下自身がそう思えるようになれば、きっと半端じゃないやる気で仕事に臨んでくれるようになるはずです! 魅力的な上司になる努力をしよう! そのためには上司のあなた自身が仕事に前向きに取り組むことが非常に大切です。 なぜなら、上司が魅力的かどうかも部下にとって大きく影響するからです。 「ついていきたい!」 って思うような上司のもとだったら、仕事のやる気は絶対上がりますもんね! 仕事に前向きで魅力的な上司になる! これが部下のやる気を高めることにつながってくれます。 もしあなた自身が前向きに仕事に取り組めていないのだったら、部下のやる気がないのも仕方ないです。 その場合は、まず自分自身が仕事にワクワク取り組めるように仕事の意味や考え方を見直してみましょう。 仕事に対する前向きな捉え方を教える
部下への上手な指摘の仕方 | シゴトノート
今回は部下への上手な指摘の仕方について! 会社で立場が上になると、後輩や部下が増えてきます。 それとともに多くなってくるのが、部下への指導での悩みではないでしょうか? 特に部下が同じミスばかりをしたり、いい加減な態度で仕事に臨んだりしている場合にどう指摘すべきかは悩みどころだと思います。 部下への上手な指摘の方法を2つご紹介します! 自分のイライラを部下に直接ぶつけない。 部下がミスをして仕事が滞ったりすると自分の上司から怒られることもあります。 そうすると、ついその怒りを部下に直接ぶつけたくなることもあると思います。 しかし、自分がミスをして怒られた時のことを思い出してください。 いくら自分のミスでも、上司が自分の怒りを解消したいがために、自分を怒ってきた場合、素直に聞けますか? なかなか素直に謝れなかったり、 「結局自分のことしか考えてないじゃん」 と思ったりしてしまいますよね。 もちろんミスについて本当に申し訳なく思っていれば、何を言われても素直に謝れる場合もあります。 しかし、私みたいに生意気だった人や(笑)、プライドが高い部下はそうゆう怒りのぶつけられ方・指摘の仕方をされるとへそを曲げてしまう場合も結構あります。 そもそもいくら部下のミスといっても、すぐに部下を呼んで、怒りをぶつけるのは上司としてやるべきことではない。 もしミスの指摘をするなら、自分の怒りをコントロールして落ち着いてからにしましょう。 自分自身が 「本当に部下のためになるように指摘出来る」 と感じるまで落ち着いてから、部下と話します。 そうすれば部下はしっかりとその指摘を聞いてくれる可能性は高くなります。 上司にはそうゆう感情をコントロールする力や心の広さが必要になると思います。 相手のプライドを傷つけない指摘の仕方をする 部下に指摘する時に大事なのは、相手のプライドを傷つけないような形で指摘をすることです。 真っ向から 「何やってんだ、お前は。こんなことも出来ないの?」 などとは絶対に言わない。 これはただ自分の怒りを部下にぶつけているだけです。 言いたくなる気持ちはわかります(笑) 程度の差はあれ、誰だって自分のプライドがあります。 それを真っ向から否定されて、ダメ扱いされたら嫌ですよね? 私だったら、 「もうこの人にはついていかない」 と思ってしまいます。(笑)
スポンサーリンク

 - 上司・部下関連, 指導力向上

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status