今回は仕事で凹んだ気持ちを切り替える方法について。

嫌な出来事があったり、仕事で怒られたりして、気分が落ち込むことはしょっちゅうありますよね?

そのように凹んだ気持ちを切り替えて、前向きな気分にしていく方法を3つご紹介します。

スポンサーリンク

「凹んだ出来事を笑い話にできないか?」と考えてみる

「上司に怒られた」

「仕事で失敗した」

こうやって凹む時は誰だってあると思います。

しかし、その出来事を自分だけで溜めてしまうとマイナスの感情が残ってしまいがちです。

そういう出来事も、

「話のネタになるな!笑い話にするにはどうすればいいだろう?」

と考えて、ちょっと大げさにしてみたり、明るくおもしろおかしくなるように友達や周りの人に話してみましょう。

そうすると、スっと気分が楽になったり、自分の鉄板ネタになったりします。

自分だけで抱え込むとマイナスの出来事も、

「人に話すネタが出来た!」

と考えると少しはポジティブに捉えられるようになるんじゃないでしょうか??

わかってくれる人に話す

「そんな前向きになれない」

「面白い話になんか出来ないよ」

というような、もっと深刻な出来事なら、共感してくれる信頼できる友達にそのまま話す。

これが一番てっとり早く自分の気持ちを楽にできます。

どんな話をしても共感してくれる人、話をしっかり聞いて、辛さやきつさをわかってくれる人が周りにいるならその人に凹んだ出来事を話してしまいましょう。

その時に、無理に明るく装ったりする必要はないですよ。

自分の素直な気持ちを認めて、その気持ちごと話してしまいましょう。

あなたが信頼している人ならきっと共感してくれるはずです。

スポンサーリンク

同じような出来事で凹んだ人を見つける

周りにそんなに素直な感情を話せる人がいない、、、という方はネットでも漫画でもドラマでもなんでもいいです。

あなたと同じ凹んだ体験をした人を探しましょう。

凹んでる時は

「なんで自分ばっかり」

と、自分だけが凹んだ状態にいると考えがちです。

もっと視野を広げてみましょう。

同じように凹んで苦しんでいる人はきっとたくさんいます。

そのような人たちの体験を知ったり、そこからどう立ち直ったかを知ると希望が湧いてきます。

元気になってくるはずです。

むしろ自分の方から、ツイッターなど、SNSで凹んだ出来事を載せたら、もしかしたら同じような出来事をしている人が反応してくれるかもしれない。

凹んだ気持ちを共感してくれる人が現れればかなり気分は楽になるはず!

もし可能なら、その凹んだ状態からどうやって立ち直ったかもいずれ情報でどんどん発信してあげて下さい。

それを見て救われる人が世の中には必ずいるはずですから。

以上!

とにかく大事なのは自分の中だけで抱え込まないこと。

飲みに行って友達に話すでもいいので、凹んだ気持ちをどんどん外に出して発散してしまいましょう!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

「余裕がなくてつらい!」が楽になる!心に余裕を持つための4つの方法!

前向きに仕事に取り組める言葉7選!これで今日から仕事が楽しくなる!

焦りを解消する3つの方法!

「なんとなくの不安が消える!」仕事での漠然とした不安を解消する3つの方法

スポンサーリンク
おすすめの記事