今回はイライラをコントロールする方法について!

ついていきたい上司や一緒に働きやすい人っていますよね!

そういう人達はイライラや怒りの感情に振り回されることが非常に少ないんです。

それはイライラの感情をコントロールするのが上手だからです。

仕事で立場が上になればなるほど、このイライラをコントロールする力が重要になってきます。

コントロールする方法を3つご紹介します!

スポンサーリンク

イライラを文章にして書き出す

イライラしたり、怒っている時はマイナスの考えが頭の中に渦巻いているはず。

それをそのままにしておくと怒りが増幅してしまう時もあります。

そういう時はイライラしている素直な気持ちを文章にして書き出しましょう。

出来ればゆっくり紙に書き出すことをおすすめします。

ゆっくり字を書くという行為自体が気持ちを落ち着かせてくれます。

それに、頭の中で渦巻いている言葉を文字にして頭の外に出すだけでスッキリします。

そして、考えが整理しやすくなります。

何に対してイライラしているのか?

ということも明確にわかるようになるのでおすすめです。

このように、イライラしている時はその気持ちを書き出す!

そうすれば、怒りの感情はだいぶ落ち着くはずですよ!

もっとイライラしようとしてみる

イライラが全然収まらない時は無意識にそのイライラの感情を抑えようとしているせいかもしれません。

直接イライラしたことに対してではなく、イライラしていること自体に自己嫌悪をして、更にイライラするということがよく起こります。

怒りは抑えつけようとするから反発して大きくなる。

だったら逆をやればいい。

あえてもっとイライラしようとしてみましょう!

「よし!いいぞいいぞ!もっとイライラしてこい!」

「極限までイライラの感情を高めよう!」

と考えてみる。

そうするとなぜかイライラが収まってきやすいんです。

特に自分に厳しい人にとってはこの方法は有効ですよ!

自分に厳しい人は、どうしても

「イライラしてはいけない」

という考えがあって、イライラしている自分を否定してしまいがちです。

「イライラしてもいい」

と自分に許可を出すと自己嫌悪は発生しにくくなる。

そのため、

「もっとイライラしよう!」

と考える方法は効果があるんです。

私は

「もっともっと限界までイライラしてから、その状態を制圧してやる」

と考えると不思議とイライラが落ち着いてきます。

スポンサーリンク

イライラしている人の気持ちを理解するチャンスだと捉える

イライラしている時は悪いことばかりではありません。

なぜなら、イライラしている人の気持ちがよくわかるからです。

イライラしている人に何をしてあげたら、イライラを落ち着かせてあげる助けになるか?

そうゆうことがわかる貴重な経験です。

自分が楽しい時とか、幸せな時って、イライラしている人を見たら

「なんであんなにイライラしているんだろう?もっと楽しめばいいのに」

と思ったり、つい言ってしまったりしませんか?

でもイライラしている人からしたら、そんなアドバイスは更にイライラするだけ。

だから、イライラしている人に対して適切に対処する方法を見つけるために、自分がイライラしている時に出来る限り学びましょう!

イライラしている時に

  • 周りの人にどういう行動をしてもらうとうれしいのか?
  • どういう言葉を掛けられるとイライラが落ち着くのか?
  • 逆にどういう行動や話をされるとイライラが高まるのか?
  • イライラしている時の辛さはどうか?

こうゆうことを学ぶ機会にしてしまえばいい。

そうすればイライラしていることも自分にとって少しはプラスにできるはずです!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

仕事のイライラを瞬時に落ち着かせる効果抜群の3つの方法!

怒りをうまくコントロールする3つの秘訣

仕事で凹んだ時に上手に気分転換をする3つの方法

スポンサーリンク
おすすめの記事