今回はアイディアを出しやすくする方法について!

仕事でアイディアを出す必要がある場面はたくさんあります。

「アイディアを出すのが苦手」

という人は方法を知らないだけかもしれません。

アイディアが出しやすくする工夫を4つご紹介します。

スポンサーリンク

考える場所を変える

場所が変わるとアイディアが出やすくなります。

アイディアが出ない時はさっさと場所を移動しましょう。

そして気分転換をしながらアイディアを出しましょう。

トイレや電車の中、カフェあるいは布団の上など場所を変えることで、脳に違う刺激が与えられます。

その結果、アイディアが生まれやすくなります。

よくないのは、アイディアを出そうと同じ場所でずっと踏ん張っていること。

アイディアって出ない時はそんなに無理やりひねり出そうとしても出ません(笑)

一度しっかりアイディアを出そうと考えたら、あとは潜在意識に任せる。

意識的には考えるのを一旦やめる。

そして、場所を変えて新鮮さを味わったり、リラックスする。

そういう時の方がパッといいアイディアが出ます。

同じ場所で考え続けない。

これを覚えておきましょう。

旅行に行く!

もし時間があるなら定期的に旅行に行きましょう!

決まった生活ルーティンで過ごしている同じ刺激が多いです。

そのため、アイディアが湧きにくくなってしまいます。

旅行に行くことはそれを打破するのにとても効果的!

普段行かない場所に行くことで新鮮さに触れられます。

環境が変わることでいいアイディアを思いつきやすくなったり、地元の人と話したりして新たな視野を得ることが出来る!

デキる人は常に視野を広く保って、アイディアを出すために色んな工夫をしています。

「新しい視野・視点を見つけよう!」

「新たな発見をしよう!」

このように考えながら旅行をすると、ただ楽しむよりも、より充実して多くのことを吸収できるのでオススメです!

スポンサーリンク

視点を変える

視点を変えることもアイディアを出しやすくする効果的な方法です。

「あの人だったらどう考えるだろう?」

と他の誰かになりきってアイディアを出してみましょう!

優れた経営者やお客様などをイメージしてアイディアを出すなど、自分の視点以外の視点で考えようとしてみる。

そうすると色んな発見があります。

アイディアは人の視点だけあります。

なので、アイディアがなかなか出ない時は、自分以外の人の視点でアイディアを出そうとする習慣をつけましょう!

他人になりきろうとしながらアイディアを出すと、自分の常識を超えたアイディアが結構出てきますよ!

本を読む

そもそもアイディアがたくさん出るようになるには、その分野に詳しくなっている必要があります。

新入社員が仕事のアイディアを出そうとしてもなかなか出ないのは、その仕事に関連する知識が少ないから。

いくらアイディアを出す工夫が上手でも、関連する知識がある程度ないとアイディアは出てこない。

ですので、アイディアを出したい分野の本をたくさん読むのも非常に効果的です!

5冊~10冊、同じ分野の本を読めばある程度関連する知識はつけられるはずです!

また、本を読むことは仕事の忙しさで狭まった視野を広げてくれます。

仕事に関する本を読むと、アイディアを知るだけでなく、仕事に対する前向きな考え方も知ることが出来るので、非常におすすめです!

是非試してみて下さいね!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

仕事の発想力を高める3つの方法!

物事を柔軟に考える5つの方法!悩みやすい自分から脱却する

スポンサーリンク
おすすめの記事