今回は売上高営業利益率について!

会社の収益性の分析で便利な売上高利益率。

その中で特に重要なのが、営業利益を基にした売上高営業利益率です。

今回はこの売上高営業利益率について

「売上高営業利益率っていったい何?」

「平均はどれくらい?」

「売上高営業利益率を改善するには?」

「どうやって分析すればいい?」

こういった疑問を1つずつ潰していきます!

スポンサーリンク

売上高営業利益率ってなに?

売上高営業利益率とは、会社の売上高の中で、本業の儲けである営業利益がどれくらいの割合を占めているかを表す指標です。

この売上高営業利益率が高ければ高い程、営業活動が効率的に行われていて

「本業で稼ぐ力が強い!」=「本業で儲けている」

ということになります。

そのため、売上高営業利益率は高ければ高い程良いとされます。

この売上高営業利益率は①会社の商品力の強さ、②経営者がいかに会社内部を上手に管理出来ているか、の2点がよく分かる指標とも言えます。

そもそも営業利益とは?

営業利益は会社が本業で稼いだ利益のことです。

会社の売上総利益(粗利)から販管費(広告宣伝費や人件費、家賃など)を除くと営業利益となります。

つまり、

営業利益=売上総利益ー販管費

という計算式です。

ちなみに<本業>っていうのは、カフェならカフェ業(飲み物やデザートなど)で稼いだお金が該当します。

カフェの売上がメインの会社が、株を運用して稼いだお金は本業には該当しません。

営業利益は、売上高から売上原価を引いた売上総利益から、更に広告宣伝費や人件費、店舗の家賃などを引くので、

「本業でどれくらい稼いでいるのか」

がわかる利益です。

そのため、売上総利益(粗利)よりも重要な利益になります。

売上高営業利益率は、

「この営業利益を売上高からどれだけ効率的に絞り出せているか?」

の割合を判断できる数値です。

仮にA社とB社ともに売上高100億円だった場合、A社が営業利益率が5%、B社が10%だとすると

A社の営業利益=5億
B社の営業利益=10億

と利益の額が大きく変わってくるのです。

この売上高営業利益率は、売上高総利益率と合わせて確認すると、より効果的な分析が出来ます。

計算方法は?

売上高営業利益率の計算式はとても簡単です。

売上高営業利益率(%)=営業利益÷売上高×100%

営業利益を売上高で割って、100%掛ければすぐに出せます。

スポンサーリンク

平均はどれくらい?

売上高営業利益率の全業種の平均は3~4%と言われています。

ただ2017年度のトヨタ自動車は7.2%、ヤフーは営業利益率が20%を超えているなど、業種や会社によっても差があります。

ただ差があると言っても、業種によってめちゃくちゃ大きな差がある売上高総利益率に比べると差はかなり小さくなります。

国内だと営業利益率10%を超えていれば、高い利益率の優良会社と言えるのではないでしょうか。

売上高営業利益率を改善するには?

売上高営業利益率を改善するには以下の方法が考えられます。

  • 値上げ
    →とてもシンプルで強力な方法だけど、商品力が強くないと逆に客離れを引き起こす原因となってしまう。
  • 商品の構成を変える
    →たいていの会社は利益率が低い商品と利益率が高い商品を組み合わせて売っていることが多い。(カップ麺とナナチキみたいな感じで)
    その構成を利益率が高い商品の比率を高められるように販売戦略を工夫する。例えば、コンビニで最近多いプライベートブランド(ローソンならローソンセレクトなど)は小売店が自社で企画・製造まで行う商品なので利益率が高い。→そのプライベートブランドが多く売れるようになれば利益率が高まるってわけです。
  • 人件費や店舗の家賃などのコストカット
    →売上高総利益率が高いのに、営業利益率が低い場合は広告宣伝費や人件費などのコストがかかり過ぎていることが原因。なぜなら、営業利益=売上総利益ー販管費だから、広告宣伝費や店舗の家賃、人件費などの販管費の金額次第で大きな差が出るからです。そのため、人件費の掛け方を見直して不要な人件費をカットしたり、費用対効果が低い販促手段を行わないようにしたりしてコストをカットするための工夫をする必要があります。

上記のような方法があります。

もちろん、それ以外にも営業利益率が改善する方法はあります。

例えば、売上高が大きく増えた場合です。

売上高が大きく増えたら商品の仕入れがもっと大量に出来るようになるかもしれません。

そうすれば、仕入れ先との交渉で値引きをしてもらえて、もっと売上原価を下げることが出来るかもしれないですね。

それに売上高が増えれば、商品の売上数に関係なくかかる固定費(家賃や店舗の水光熱費など)の割合が小さくなるので、その分、営業利益率が改善していきます。

売上高営業利益率はどう分析する??

売上高営業利益率は業種やビジネスモデルによっても結構差があります。

まずは同じ業種・ビジネスモデルの他社と比べてみて、自社がどうなのかをチェックしてみましょう。

合わせて、自社の数年分の売上高営業利益率の推移もチェックするといいでしょう。

例えば、過去5年で徐々に営業利益率が下がっているのであれば、本業の調子が悪く、会社の経営としては黄色信号が灯っている可能性があります。

また、売上高総利益率と一緒に分析するのもおすすめです!

上記の改善方法の章でも記載しましたが、売上高総利益率が高いのに、売上高営業利益率が低い場合は、人件費などのコストが掛かり過ぎている可能性が高いです。

もし同業他社と同じぐらいの売上高総利益率なのに、自社の方が営業利益率が高い場合は、自社の方がうまく人件費や広告宣伝費を管理出来ている可能性が高いです。

ただ、どの分析の指標もそうですが、1つの指標だけを見るのではなく、複数の重要な指標を見比べながら総合的に判断することが必要になるでしょう。

合わせて読みたい関連記事!

売上高総利益率とは!?意味から分析の仕方までわかりやすく解説!

総資産回転率とは!?目安や改善方法、ROAとの関係性までわかりやすく解説!

ROEとは!?意味からROAとの違いまでわかりやすく解説!

損益計算書とは!?5つの利益の違いを徹底まとめ!

営業利益とは?初心者でもわかりやすい営業利益の解説!

スポンサーリンク
おすすめの記事