今回は仕事の成長速度が速い人の特徴について。

「最近あの人がメキメキと力をつけてきて昇進した」

「前まで私の方が出来ると思っていたのに、あっという間に抜かされた、どうして?」

このように世間には仕事での成長速度がものすごく速い人がいます。

そのような仕事の成長速度が速い人には共通している大事な特徴があります。

その特徴を3つご紹介します!

スポンサーリンク

常に向上心を持って仕事に臨んでいる

仕事がどんどんできるようになる人は常に向上心を持って仕事に臨んでいます。

  • 今の仕事をもっと効率よく出来ないか?
  • 何か改善出来ることはないか?
  • このルーティーンワークをより速く終わらせるためにはどうすればいいか?
  • この課題を解決するために必要なことは何か?
  • もっともっと仕事が出来るようになるためにはどうすればいいか?

このようなことを仕事中は常に頭の片隅に入れています。

そして、より仕事が出来るようになるためのアイディアを更に出そうとしています。

アイディアは、出そうとする姿勢を持つかどうかで出てくる度合いが全然変わってきます。

改善しようと思わなければ、改善のアイディアは出てきません。

だから、今の仕事の現状を分析し、課題を見つけて、

「日々改善してやる!」

という意識を持って仕事に取り組みましょう。

結果はすぐには出ないと思います。

でも、小さな改善の積み重ねをしていけば、必ず半年後、1年後に成長を実感できるはず!

向上心を常に持つ!

ここが仕事がどんどんできるようになるための大前提です。

出来ることが前提で物事を考える

任せられた仕事は

「絶対出来る!」

という前提で考えていきましょう。

仕事の成長速度が速い人は、出来る前提で物事を考えます。

仕事を任されたときは、

「絶対出来る!」

「なんとしてでもやり遂げる」

と考えてその仕事に臨みます。

その姿勢で仕事に臨むので、

「出来るようになるためにはどうすればいいか?」

をとことん考える。

そして、改善のアイディアや解決策を出します。

その結果、ほかの人が

「これは難しいよ」

という仕事でも達成してしまいます。

大事なのは、

「出来る!」

という前提に立って考えること!

その前提に立つからこそ、

「なんとしてもやりきる!」

という意志が生まれてくる。

逆に

「できないかも」

という不安な前提で仕事に臨むと、うまくいかない時に、出来ない理由や言い訳を探してしまいがち、、、

そうなると、その分

「出来るようにするためにはどうすればいいか?」

というアイディアを出す方に頭が回らなくなりやすいんです。

「絶対できる!」

「なんとしてもやり遂げる!」

という決意で、任された仕事をやろうとする。

その習慣がつけば、きっと達成できる仕事も増えていくはずです。

スポンサーリンク

人のいいところを貪欲に吸収する

仕事が出来るようになっていく人は、人のいいところを素直に認められます。

人のいいところを素直に認めて、そこから吸収する。

たとえ後輩であっても、嫌いな人であっても、自分より優れていることがある点を素直に認められるかどうか?

ここが大事だと思います。

これが出来る人は、どんな人からでも学んで、自分に必要なことをどんどん吸収していけます。

周りの人のいいところに気付いて、それをヒントに自分の課題を見つける。

そして、その課題を1個ずつクリアしていって、どんどん成長していく。

もし現在同じ職場に、

「ついていきたい!」

「すごい!」

という上司や先輩がいるなら、ラッキー!

その人のいいところ・すごいところを徹底的に観察しましょう。

そして、そのいいところですぐに真似出来ることは明日から真似をする!

すぐに真似できないものは今後の自分の課題として、ストックしておく。

それを繰り返していけば、きっと仕事での成長速度も人としての成長速度もきっと速くなるはずです!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

できる人はみんなやってる!?仕事が3倍早く終わる段取り術!

仕事の生産性が高い人の5つの特徴!

仕事を超速で終わらせるための時間活用術4つ!

スポンサーリンク
おすすめの記事