シゴトノート

仕事に関係する様々なことを網羅していきます!

有形固定資産って何!?わかりやすい有形固定資産の解説!

      2018/02/07

今回は

流動資産って何?初めての人でもわかりやすい解説!

の続き。

今回は固定資産の内の有形固定資産に関して、わかりにくい用語の解説をしていきます。

【貸借対照表】

<資産>       <総資本>

流動資産
(現金・受取手形・
有価証券・売掛金、
商品)
流動負債
(買掛金・短期借入金)
固定資産
(建物・機械・土地)
固定負債
(長期借入金・社債)
資本
(資本金・利益剰余金・
利益準備金)

上記はすごく簡単な貸借対照表の表です。

今回は左下の部分=固定資産について説明していきます。

固定資産とは?

固定資産は、流動資産とは違い、簡単には現金に換えることが出来ない資産。

つまり長期的(1年以上)に保有をする資産のことです。

具体的な例で挙げると、建物、機械設備、土地、工具・器具などのことです。

この固定資産は、3つに分類されます。

その3つとは、

  • 有形固定資産(ゆうけいこていしさん)
  • 無形固定資産(むけいこていしさん)
  • 投資その他の資産

です。

今回は有形固定資産について知っていきましょう!

有形固定資産とは?

有形固定資産は漢字の通り、形の有る固定資産のこと。

スポンサーリンク

つまり、目に見える、手で触れられる固定資産です。

●有形固定資産に当てはまるもの

  • 建物
  • 構築物
  • 機械装置
  • 車両運搬具
  • 工具・器具・備品
  • 土地
  • 建設仮勘定(けんせつかりかんじょう)

などです。

わかりずらいものばかりですよね?(笑)

1個ずつ簡単に説明します。

<建物>はわかりやすいですね?

一般的な建物のことです。

例えば、事務所や倉庫、工場などです。

<構築物>は、

「建物と何が違うの?」

と感じると思います。

構築物は建物とその建物に付属している設備以外の建造物や土木設備、工作物のことです。

例えば、塀や煙突、広告塔、看板などのことだとイメージしてもらえるといいと思います。

<機械装置>とは、工場における製造・加工の部分を構成する設備とその付属的な部分を構成する設備が一体となって一つの機能を発揮するもの、です。

ん、よくわからない??(笑)ってなりますよね?

例えば、パンの製造設備に関わるもの全部という感じ。

こらはこの程度の理解でいいと思います。

本当に必要な人以外、ここは簡単にイメージしてもらえればいい。

<車両運搬具>はわかりやすい。

自動車やトラックなどのことです。

<工具・器具・備品>はドリルの刃などの工場で使う道具、パソコンやコピー機などの事務機器がこれに当てはまります。

<土地>はその名の通り。イメージ通りのもの。

<建設仮勘定>???

と初めて見たら思いますよね(笑)

大きなビルなど完成に時間がかかる建物の代金は、完成する前に少しずつ払うことが通常です。

そして、そのビルの完成までに支払った金額が建設仮勘定となります。

完成した建物に代金を払ったなら上記の<建物>の勘定項目で処理出来ますが、完成していない場合はそうはいきません。

そのために仮で勘定として処理する。

だから建設仮勘定、とイメージしておくと覚えやすいかもしれません。

続きはこちら↓

スポンサーリンク

固定資産って何?わかりやすい固定資産の解説!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

貸借対照表がわからないならまずここから!貸借対照表のわかりやすい解説!

流動資産って何?初めての人でもわかりやすい解説!

前受金とは一体なに??わかりやすい前受け金の解説!

売掛金って何?売掛金のわかりやすい解説と注意点!

財務会計と管理会計って何が違う?2種類の会計の違いをわかりやすく解説!

 - 会計知識・簿記

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status