シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

研修の効果を高める3つの方法!

      2018/03/24

今回は研修の効果を高める効果的な方法について。

研修はなかなか難しいものですよね!?

「ちゃんと教えているはずなのに思うように成長してくれない」

このように悩んでいる人も多いと思います。

研修で効果を上げるには、しっかりと効果を出すための工夫をする必要があります。

スポンサーリンク

その方法を3つご紹介します。

ゴール像をはっきりと示す!

研修ですごく大事なのは、ゴール像をはっきり示すことです。

「ゴールの状態はこの姿だ!」

「このレベルの能力だ!」とはっきり示す。

イメージしやすくするために、実際にゴール像を研修者自身がお手本として見せると効果的です。

ゴール像がはっきりわかれば、どこに到達すればいいのかがわかる。

その上で

「自分には何が足りないのか?」

「どんな課題を克服する必要があるのか?」

を研修者が伝える。

出来れば、教わる本人自身で気付けるようにしていく。

到達すべき場所と自らの課題がわかれば、何をやればいいのかが明確になります。

徐々に教わる側が自ら進んでやるべきことをやってくれるようになってきます。

主体的に教わる側が動くようにするために、ゴール像を示したら、次は

  • 今回の研修では何を学べばいいのか?
  • 次回の研修までにどんな課題をやってきて欲しいか?

これを伝えていくといいと思います。

その際、教わる側に上記2つの質問をして、教わる側に答えさせてから研修者としての答えを伝える。

そうすると、より研修者のアドバイスや伝えたいことが相手に響いてくるはずです。

仕事でのつながりを理解させる

研修をする際に仕事でのつながりを示すことも重要です。

  • この研修にはどうゆう意味があるのか?
  • 今後の仕事にどうつながるのか?
  • この研修で学んだことが何に活きるのか?

それをしっかり伝えて理解してもらえるようにする。

そうすれば、ただ必要なことを教えるだけよりもきっと少しは教わる側もモチベーションが上がるはずです。

スポンサーリンク

メリットや目的を伝えていないで研修をすると、研修を受けること自体が目的になりやすいので注意が必要です。

たとえ話をうまく活用する!

想像してみてください。

仕事で、自分が全く興味のない・全く知らない分野の研修を受ける時のことを。

はっきりいって話を聞いてもあまりイメージ出来ないですよね?

理解しにくいですよね?

教わる側はもしかしたら、そうゆう感覚になっているかもしれません。

なので、研修者は相手がイメージしやすく、話に興味を持てるように工夫をした方がいい。

それにはどうすればいいか?

1つの方法として、研修の内容を、相手の趣味や興味のある分野に当てはめて、たとえ話をしてみること。

相手にとって興味がある分野なら、相手も理解しやすく、その研修の内容に興味を持ちやすくなるはずです。

例えば、仕事では情報共有が大事なことを研修で伝えるとする。

教わる側はサッカー経験者の新入社員。

だったら、仕事での情報共有の大切さをサッカーチーム内での情報共有の大切さに当てはめて説明してみる。

「もしチームでの作戦の情報共有が出来ていなくて、主力の数人だけにしか伝わっていなかったら、どう?

パスはうまく通らないだろうし、攻めるのか、守り重視でいくのか?もあいまいになってしまうよね?

チームの作戦はチーム内の選手全員が把握しているからその作戦の成功確率は高まる。

それと一緒で仕事も必要な情報をみんなで共有していかないと連携がうまく取れない。

その結果、お客さんに迷惑をかけたり、チームのプロジェクトがうまくいかなかったり、ミスが多くなってしまうんだ」

という感じで相手がイメージしやすいサッカーに例えて仕事で大事な点をわかってもらおうとする。

この例はものすごく簡単ですけどね(笑)

要は、教わる側にとって興味がある分野のたとえ話を使えると、イメージしにくい馴染みのない分野の話でも分かってもらえやすい、ということです。

間違っても専門用語を多用したり、あえて難しい表現を使おうとはしないように(笑)

まとめ

今回のポイントを意識すると少しは研修を改善出来ると思います。

  • ゴール像を示す
  • 仕事でのつながりを示す
  • たとえ話をうまく使う

上記のポイントを是非ご自身の研修の際に意識してみてください。

バックナンバー・関連記事はこちら↓

部下への上手な指摘の仕方 | シゴトノート
今回は部下への上手な指摘の仕方について! 会社で立場が上になると、後輩や部下が増えてきます。 それとともに多くなってくるのが、部下への指導での悩みではないでしょうか? 特に部下が同じミスばかりをしたり、いい加減な態度で仕事に臨んだりしている場合にどう指摘すべきかは悩みどころだと思います。 部下への上手な指摘の方法を2つご紹介します! 自分のイライラを部下に直接ぶつけない。 部下がミスをして仕事が滞ったりすると自分の上司から怒られることもあります。 そうすると、ついその怒りを部下に直接ぶつけたくなることもあると思います。 しかし、自分がミスをして怒られた時のことを思い出してください。 いくら自分のミスでも、上司が自分の怒りを解消したいがために、自分を怒ってきた場合、素直に聞けますか? なかなか素直に謝れなかったり、 「結局自分のことしか考えてないじゃん」 と思ったりしてしまいますよね。 もちろんミスについて本当に申し訳なく思っていれば、何を言われても素直に謝れる場合もあります。 しかし、私みたいに生意気だった人や(笑)、プライドが高い部下はそうゆう怒りのぶつけられ方・指摘の仕方をされるとへそを曲げてしまう場合も結構あります。 そもそもいくら部下のミスといっても、すぐに部下を呼んで、怒りをぶつけるのは上司としてやるべきことではない。 もしミスの指摘をするなら、自分の怒りをコントロールして落ち着いてからにしましょう。 自分自身が 「本当に部下のためになるように指摘出来る」 と感じるまで落ち着いてから、部下と話します。 そうすれば部下はしっかりとその指摘を聞いてくれる可能性は高くなります。 上司にはそうゆう感情をコントロールする力や心の広さが必要になると思います。 相手のプライドを傷つけない指摘の仕方をする 部下に指摘する時に大事なのは、相手のプライドを傷つけないような形で指摘をすることです。 真っ向から 「何やってんだ、お前は。こんなことも出来ないの?」 などとは絶対に言わない。 これはただ自分の怒りを部下にぶつけているだけです。 言いたくなる気持ちはわかります(笑) 程度の差はあれ、誰だって自分のプライドがあります。 それを真っ向から否定されて、ダメ扱いされたら嫌ですよね? 私だったら、 「もうこの人にはついていかない」 と思ってしまいます。(笑)
研修をする前にやるべき大事なこと! | シゴトノート
今回は後輩への指導レベルの力を上げる方法について。 「人から教えてもらって、学んでいくのは得意、でも指導するのは苦手、、、」 「何をどう教えたらいいかがよくわからない、、、」 仕事で教育係や研修担当になって、こうゆう悩みを抱えていませんか? 人に教わるよりも、教えるほうが遥かに大変です。 上手に教えるためには色々と工夫も必要です。 指導力を上げる方法について2つご紹介します。 長期的な研修計画を立てる いきなり研修をし始めて、研修をしながら次の日程を決めるのはやめましょう。 いつ研修が終わるのか? どんな姿になればいいのか? 目的が曖昧なままスタートしてしまうと 研修終了の日程が延びやすい(締め切りに間に合わない) ゴール像が曖昧なままなので、教わる側がやりにくい その場しのぎの研修になって、計画的な研修がしにくい このようなデメリットがあります。 まず研修を行う場合は、1週間、1ヶ月と研修のスタートからゴールまでの長期的計画を立てましょう! いつまでに何が出来るようになっているべきかを明確に示していきます。 大事なことは、教わる側の立場を想像すること。 その上で 「いかに教わる側が頭を整理して、教えたことを吸収してくれるか?」 を考える。 そして、なるべくゴールまでの明確な道筋を示すようにします。 こうやって計画を立てていけば、教える立場の自分自身も頭が整理できます。 研修で使うツールを全て準備 研修で使う資料や道具を研修中に気付いて準備してしまう、、、 これは当たり前ですが、研修に不慣れな場合にやりがちなミスです。 これでは研修時間がもったいない。 また、明らかに準備不足感が教わる側に伝わり、不信感を抱かせてしまう可能性があります。 研修・指導においては、教える側と教わる側の信頼関係が大事になってきます。 ですので、必ず研修に必要な資料や道具は事前に準備しておきましょう。 不安な場合はチェックリストを作成して、必要な物の抜け漏れがないかを確認しておくといいと思います。 まとめ 研修・指導に関して、教える側で大事なことはしっかり準備をすることです。 準備不足でうまくいかないのを指導力のせいにしてしまいがち、、、 「自分は教えるのが苦手」 と思っているのは、実は準備不足からきているからかもしれません。

アルバイトのモチベーションを上げる効果抜群の方法Part1

アルバイトスタッフと良いコミュニケーションを築くために!社員が気を付けるべき大事なこと

新入社員に対して研修をする時に意識すべき大事なことPart1

スポンサーリンク

 - 指導力向上

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status