• 笑顔の女性 アルバイト関連
    「あの人に相談したい!」と思われるにはワケがある!相談しやすい人の特徴とは?
    2016年8月12日
  • 電話をかけるビジネスマン 仕事効率化
    「仕事が速い人はここが違う!」生産性が劇的に高くなる3つの方法!
    2017年4月7日
  • 笑顔の女性 メンタルスキル
    心が苦しくなった時に絶対チェックして欲しい7つのこと
    2017年5月15日
  • 笑顔の上司 アルバイト関連
    尊敬される上司の3つの特徴!
    2016年7月29日
  • 笑顔のビジネスマン 上司・部下関連
    「仕事を頼むならあの人だ!」と思われる理由がここにある!仕事を頼みやすい人の4つの特徴
    2018年1月8日
  • 笑顔の女性 メンタルスキル
    「休みなのに気が休まらない」を解消する!休日を心から休む4つの方法
    2016年6月27日
  • 接客する女性 上司・部下関連
    「あの人はなぜあんなに気遣い上手なの!?」気が利く人の3つの特徴とは!?
    2016年10月24日
  • ビジネスマン 仕事効率化
    「出来る人は何が違う!?」仕事ができる人の5つの特徴
    2016年8月13日
  • リラックス 女性 メンタルスキル
    【休息法】休日をリラックスして楽しむための過ごし方10選!
    2018年4月6日
  • 笑顔の女性 メンタルスキル
    「この憂鬱を解消したい!」仕事で憂鬱な時の対処法15個まとめ!
    2018年3月27日
深い眠りにつくための5つの方法

今回は深い睡眠をする方法について。

深い睡眠には脳をしっかり休めて、疲労回復、仕事の集中力を高めるなど様々な効果があります。

仕事疲れを取るためには睡眠が最重要!

でも

「それが大切なのはわかっているけど、いつも熟睡できてない、、、」

こういう方が大半かもしれません。

睡眠時間もそれぞれの生活で十分には確保できないかもしれません。

なので、出来ることをしましょう!

それは睡眠の質を上げていくこと。

睡眠効果を最大限高める深い睡眠の方法について5つご紹介します!

スポンサーリンク

寝る前に食事をしない

寝る直前に食べ物を食べないようにしましょう。

食べてしまうとしばらくの間、胃の働きが活発になってしまい、眠りが浅くなってしまいます。

深い眠りのためには成長ホルモンの分泌が非常に大事です。

なぜなら、この成長ホルモンが日中傷ついた細胞の修復を行ってくれるので、疲労回復に非常に効果があるからです。

この成長ホルモンは寝始めてから最初の3時間のうちのノンレム睡眠時(深い睡眠)に最も多く分泌されます。

だから眠りはじめに胃が活発に動いてしまっていると良くないのです。

 眠る1~2時間前から部屋の照明を暗くする

眠る1~2時間前から部屋の照明を暗くして、心も体も落ち着かせていきましょう。

睡眠を安定させてくれるメラトニンというホルモンがあります。

このメラトニンが分泌されると脈拍や血圧を下げてくれるので、深い睡眠に入りやすい。

このメラトニンは眠る1~2時間前から増加してくると言われています。

夜に明るい環境で過ごしているとその分泌が抑えられてしまいます。

ですので、部屋の照明を暗くしましょう!

パソコン・スマホもなるべく控えましょう。

パソコン・スマホから発せられる光はかなり強いため、その光に刺激されメラトニンが分泌されなくなってしまいます。

スポンサーリンク

眠る時間・起きる時間を一定にする

睡眠の質を上げるためには、体内時計を整える必要があります。

つまり、朝起きて、夜眠るリズムをなるべく同じにすることが大事ということです。

シフト制のお仕事の方はこれは不可能かもしれません。

しかし、働く時間帯が決まっているお仕事の方はこれを徹底しましょう!

1日のリズムが同じになると、ホルモンの分泌や自律神経の中の交感神経と副交感神経の切り替えのリズムも整ってきます。

最初は同じ時間に起きるのを続けましょう!

そのうち、寝る時間帯も安定してきます。

朝も目覚ましなしで自然に同じ時間に起きられるようになってきます。

こうなってしまえば、睡眠の質はかなり上がっているはずです。

夕方以降にコーヒーを飲まない

夕方以降はコーヒーを飲まないようにしましょう。

コーヒーにはカフェインが多く含まれていて、他よりカフェインの吸収率も非常に高いです。

このカフェインには覚醒作用があります。

夕方以降にコーヒーなどのカフェイン入りの飲み物を飲むと、深い眠りの妨げになってしまいます。

カフェインは分解されるのに4~5時間かかると言われています。

なので、コーヒーを飲むのであれば、夕方以降は控えましょう。

出来れば昼以降は控えるともっといいですね!

 継続的に運動をする

継続的に運動をしましょう!

フィットネスクラブで運動するしたり、朝の散歩の習慣でもいいです。

なぜ継続的に運動するのがオススメなのかというと、日中にしっかり体を動かして体のエネルギーを使うことが深い眠りにつながるからです。

多くの方の場合、仕事で頭ばかり使っているので、体は元気で頭だけ疲れている状態になりやすいのです。

睡眠は脳と体どちらも休めて回復させてくれます。

しかし、運動をせずに脳だけ疲れていると、脳は眠りを欲するのに、体は疲れていないのであまり眠りを必要としません。

このアンバランスな状態が睡眠の質を下げてしまうのです。

運動は1日だけだと効果な薄いので、継続的にしましょう!

その継続的な運動が深い睡眠につながり、仕事の活力につながっていきます。

深い睡眠のためには、色々気を付けることがあって大変かもしれません。

でもだからこそ習慣に出来れば、仕事にもプライベートでも他の人の何倍も元気に過ごせるはずです!

是非深い睡眠の習慣をつける努力をしてみてくださいね!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

デキる人は休み上手!仕事が出来る人の休日の過ごし方の特徴5つ

仕事のストレスが劇的に減る!楽観的に考えることの5大メリット

仕事で疲れるのはコーヒーのせい??コーヒーを飲みすぎるデメリット

スポンサーリンク
体調管理の関連記事
  • デスクワークの人なら絶対やっておきたい!眼精疲労を防ぐ3つ方法
  • 仕事後に入浴する3つの効果!
  • 入浴効果を引き出す抜群の方法!仕事疲れを効果的に解消する!
  • 深い睡眠で得られる3つの効果!
  • 深い眠りにつくための5つの方法
  • 仕事で疲れるのはコーヒーのせい??コーヒーを飲みすぎるデメリット
おすすめの記事
とてつもなくポジティブになる方法4つ!
メンタルスキル
今回はとてつもなくポジティブになる方法について! 「ネガティブな自分が嫌い!」 「どうにかしてこの暗い性格を変えたい!」 このようにネガティ...
仕事のイライラを解消する3つの方法!
メンタルスキル
今回はイライラを瞬時に解消するための対処法について! 仕事をしていると、ついイライラしてしまう時がありますよね? 一瞬でそのイライラが終われ...