今回はお客さんから好かれる接客をするために大事なことについて!

「接客業をしているけど、なかなか固定客がつかない、、、」

「周りのスタッフにお客様からの人気で負けている、、、」

このように接客がうまくいかなくて悩んでいる方は多いと思います。

自分のファンをどんどん増やして楽しく結果を出している人とそうでない人はどこが違うのでしょうか?

お客様から好かれる接客で意識すべきことを2つご紹介します!

スポンサーリンク

話しかけられた時に絶対に嫌な顔をしたり、めんどくさがらない

話しかけられた時に絶対に嫌な顔をしたり、めんどくさがらない。

これは接客で人気を得るためには基礎の基礎。

むしろ、これが出来ていなければ、どんな接客テクニックをしようとしても無駄です(笑)

お客さんが話しかけてきてくれた時に、嫌な顔や

「めんどくさいな」という態度を出した時点でそのお客さんとの関係は終了だと肝に銘じておいてください。

ほぼ間違いなく

「もう二度とこのスタッフには話しかけない」

「この店はスタッフの態度が悪い」

と思われてしまいます。

お客さんが店員に話しかけてくる時は結構勇気を出して聞いてくれている人が多いです。

特に人見知りのお客さんだったら特に。

そんな時に店員が嫌な顔したら、自分がお客さんだったらどう思いますか?

私は絶対嫌です(笑)

もちろん店員に話しかけるのに何の抵抗もなくガンガン話しかけてくるおばさまとかおじさまもいらっしゃいます。

そういう方は例外です。少し距離取ったりしても良いと思います。(笑)

お客さんの話を覚えておく!

お客さんの話を覚えておいて、次回会った時にその話題を出す。

お客さんを自分のファンにするために、すごく大切なコミュニケーションスキルです。

会員制のお店であったり、常連のお客さんがよくきてくれる場合はこの方法は絶大な効果を発揮してくれます。

初めてそのお客さんの接客をした際に、お客さんの姿や話していたことを覚えておきましょう。

例えば、

  • 服装
  • 身につけている物(バック、イヤリング等)
  • 好み(商品の好みなど)
  • 悩み、困っていること
  • お客さんのいいところ(いい笑顔をする、爽やか、など)
  • お客さんが話していた雑談

これらのことを1つでもいいので、しっかり覚えておく。

自分でお客さんごとにメモをしておくのもいいかもしれません(人数的に可能であれば)。

そして、それを次回そのお客さんが来られた際に、その話題を出すんです!

「この前話されていた~は解決されましたか?」って感じで。

もしくは

「お客様の笑顔が抜群に良かったので、今度はいつ来て下さるかな?って楽しみしていました」

と話す。

そうすると、そのお客さんも悪い気はしないはずです。

話しかけてお客さんが興味のない話題を話してしまうという失敗も、この方法なら起こりません。

それに

「自分のことを覚えていてくれたんだ」

と感動してくれる方も多いです。

そして、そのお客さんも自分のことを覚えてくれやすい。

接客に限らず、相手が自分に興味を持ってくれると、その相手に自分も興味を持つようになる場合が多いんです。

特に接客してくれた店員さんが自分のことを覚えてくれていたら、その店員さんというかそのお店のことが好きになりませんか?

もしお客さんが接客してくれた店員に好意を持てば、

「次回もそのお店を使おう」

と考えてくれる可能性が高くなります。

そういう方を1人ずつでも増やしていけば、確実にあなたのファンは増えていきます。

お客さんの話を覚えて、それを話題に出すのが当たり前になってくるようになればもうバッチリです!

ただマニュアル通りの浅い接客をしている他のスタッフに比べて、間違いなくあなたは人気が出るでしょう。

スポンサーリンク

最後に

いかがですか?

接客サービスって普段のコミュニケーション力がかなり影響するものだと思います。

もちろんそれだけじゃないですけどね(笑)

普段のコミュニケーションから相手の話を覚えて、話題に出すということを是非意識してみてくださいね!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

接客時に笑顔でいることのすごい効果とは!?

接客に自信がないって人に実践して欲しい!接客力向上の方法

スポンサーリンク
おすすめの記事