シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

前受金とは!?わかりやすい前受金の解説!

      2018/05/21

今回は前受金(まえうけきん)について。

経理関係の仕事をしていると目にすることが多くなる言葉です。

しかし、あまりこの言葉の意味を理解しないままなんとなく使っていませんか?

今回はこの前受金についてわかりやすく解説をします!

前受金とは?

前受金とは、通常の営業取引における商品・製品や原材料の引き渡しや役務の提供前に受け取った内金や手付金を一時的に処理するための負債勘定をいいます。

スポンサーリンク

わかりづらいですね(笑)

後にお話しする日常例でイメージ出来ればとりあえず十分です。

前受金の条件と具体例

前受金には条件があります。

  1. 金を受け取った側がその内容について把握している
  2. 支払った側に対し、その内容に応じて、その後に果たすべき義務が生じる

上記の2つの条件を満たした時に、事前に受け取る代金のことを前受金と呼びます。

例えば、①新作の洋服の予約販売や②フィットネスクラブの入会時の月会費先払いなどで考えてみましょう。

新作の洋服の予約をしたお客さんがその店にその洋服代を払った場合。

その店は洋服の販売が可能になったら、お客さんにその新作の洋服を引き渡さなきゃいけないですよね?

お客さんから代金をもらったお店には新作の洋服をお客さんに渡す義務が生じている。

しかし、お金を払ってもらった時には、新作の洋服はお店になくてその義務は果たせません。

だから、後にその義務を果たすんです。

こうゆう例だと、日常的に体験している方が多いかもしれません。

これが前受金なんです。

もう一個の例。

フィットネスクラブに通われている方は結構いらっしゃると思います。

フィットネスクラブは口座の登録等の関係などで最初の2ヶ月間程度、月会費の先払いをお客さんに求めているところが多い。

例えば、7月30日にそのクラブに行って入会手続きをして、8月1日~スタートすることにした。

その際、入会金や登録料と合わせて、8,9月分の2か月分の月会費を払ったとします。

フィットネスクラブ側はそれが月会費の先払いだと理解しているので、1の条件を果たします。

そして、入会して2か月分先払いしてくれたお客さんに対し、クラブの利用を8月1日~2か月間提供する義務が発生します。

支払ってくれた時にすぐに提供できるものではないですよね?

スポンサーリンク

これが2の条件。

この2つの条件を満たしているので、入会時に支払った2か月分の料金は前受金として勘定することになります。

前受金は難しく考えずに、日常生活で結びつけるとイメージしやすいと思います。

言葉が難しいので、難しく思えますけどね(笑)

難しいと感じたら、日常の例を探してみましょう!

今回のポイント

今回のポイントを整理しましょう!

  • 前受金には2つの条件がある。
    ①金を受け取った側がその内容について把握している
    ②支払った側に対し、その内容に応じて、その後に果たすべき義務が生じる
  • 上記2つの条件を満たしていた時に、事前に受け取る代金が前受金と呼ばれる
  • 前受金は日常の例にあてはめると断然わかりやすくなる!

とにかく頭が混乱したら、日常の例で是非考えてみてください。

少しは理解しやすくなるはず!!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

売掛金ってなに??売掛金のわかりやすい解説と注意点! | シゴトノート
今回は売掛金について。 経理関係のお仕事をしている方は<売掛金>という言葉は必ず目にすると思います。 でも 「なんとなくわかっているつもりだけど、説明できない」 という方も多い気がします。 ここで他の人に説明出来るようなレベルで売掛金について理解しておきましょう。 売掛金とは? 売掛金とは、商品の販売やサービスの提供をした際に、一定期間後に代金(現預金で)を回収する予定の未収入金のことです。 要は<ツケ>ですね。 昔はよく 「ツケといて」 と飲み屋の店主に言って帰る常連客の姿が良く見られましたが、最近はかなり減りましたね(笑) 売掛金がわかりずらいという方は、売掛の<掛>=まだ、と考えてください。 売ったけど、まだお金をもらっていない=売掛金(それ以外にも種類はありますよ)と考えてもらうと少しはわかりやすくなります。 売掛金の条件とは? 売掛金は条件があります。 売掛金というためには、 企業の主な営業取引でなければならないこと。 1年以内に現預金で回収が出来ると見込まれるものでなければならないこと この2つです。 もし、企業(小売業)が持っている建物などの固定資産を売却して、1年以内に回収する予定の代金は売掛金になりません。 それは未収入金といいます。 なぜなら、固定資産の売却はその企業の主な営業活動ではないから。 小売業の主な営業取引は商品の販売ですからね。 売掛金の分類は?? 売掛金は営業活動から生じる売上債権です。 貸借対照表においては、資産の部に計上される※流動資産の中の当座資産に含まれます。 売掛金は回収が大事! 売掛金は商品やサービスを提供して、一定期間後に料金を回収するものです。 なので、回収できなければ意味がない。 よって、大事なのはいかに回収出来るように管理するか、です。 商品の販売を大量に取引先企業にする場合は、相手の企業の経営状況等はしっかり把握しておきましょう。 万が一相手企業が倒産した場合、莫大な損失を負う可能性があります、、、 売掛金には時効がある また、売掛金には時効があることも注意をしましょう。 それぞれ種類によって時効期間が変わります。 建築工事などの請負代金が3年 製造業、卸売業、小売業の売掛金が2年 運送料、ホテルの宿泊代、飲食代等が1年 このように時効があります。
損益計算書とは!?5つの利益の違いを徹底まとめ! | シゴトノート
あなたは損益計算書を正しく読み解けていますか? 損益計算書を読みこなすことが出来れば、 「この会社は本業で調子がいいか?」 「最終的な利益は黒字だけど、じつは危ない会社かもしれない。」 ということがわかるようになります。 今回は 「そもそも損益計算書って何?」 というところから、損益計算書の5つの利益それぞれの違いやチェックすべきポイントについてまとめていきます! 損益計算書とは? 損益計算書とは、決算書の1つで会社の一定期間の経営成績を表しているものです。 今期に会社がどれだけ収益を上げて、どれくらい費用を使い、どれだけ利益を得たのか、を見ることができます。 損益計算書はP/L(Profit and Loss Statement)と呼ばれ、会社を判断するための1つの基準になります。 損益計算書の中には売上高や本業での利益、突発的な費用、最終的な利益などが表示されています。 この損益計算書を読み解くには、表示されているそれぞれの項目が何を表しているかを理解する必要があります。 5つの利益それぞれの特徴と違い よく日経新聞やニュースで 「最終利益が230億円の黒字」 「営業利益を下方修正」 という用語を読んだり、聞いたりしますよね? ひと口に利益と言っても、損益計算書には5つの種類があります。 商品がどれだけ利益をもたらしているかを示す売上総利益 会社の本業の利益を表している営業利益 平常時の会社の利益を表している経常利益 法人税等を引く前の会社の最終的な利益である税引前当期純利益 会社の最終的な利益である当期純利益 この5つの利益それぞれを区別して、違いを説明出来るレベルになる必要があります。 1つずつ確認していきましょう! 売上総利益(粗利) 売上総利益は、<一定期間にその会社の商品やサービスがどれだけ利益をもたらしているか?>を表している会社の基本的な利益のこと。 粗利と呼ばれたり、売上総利益と呼ばれたりするので、混乱しやすいですが、粗利=売上総利益です。 売上総利益は会社の存続、成長のために絶対必要な利益で、その企業の収益の大元になります。 計算式は以下の通りです。 売上総利益(粗利)=売上高ー売上原価 売上総利益は、一定期間での会社の売上高から売上原価を引いて出すことが出来ます。

流動資産って何?初めての人でもわかりやすい解説!

有形固定資産って何!?わかりやすい有形固定資産の解説!

無形固定資産って何!?わかりやすい無形固定資産の解説!

限界利益っていったい何??わかりやすい限界利益の解説!

営業キャッシュフローとは!?わかりやすい営業キャッシュフローの解説!

スポンサーリンク

 - 会計知識

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status