シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

仕事のミスが少ない人の4つの特徴!

      2018/06/07

今回は仕事のミスが少ない人の特徴について!

あなたの職場に、

「なんであの人は全然ミスをしないんだろう?」

って思うくらいミスをしない人っていませんか?

仕事でミスが少ない人は仕事も速い人が多いですよね!?

スポンサーリンク

仕事でミスが少ない人には特徴があります。

その特徴を知り、実践すれば、ミスは確実に少なくなるはずです。

その特徴を4つご紹介します!

頭が整理されている

仕事のミスが少ない人は頭が整理されています。

そして、目の前の仕事に集中するのが上手です。

ミスをする原因で多いのが、集中力不足で注意力散漫になっている時。

注意力が必要な仕事をしている時に

「あれ?あの仕事って終わってるっけ?」

「あっこの仕事も残っていた!」って他の仕事のことも考えながら行っていませんか?

もし行っていたら、それがミスの大きな原因です。

車の事故の原因は慣れた時の不注意が相当多いですよね?

仕事もそれと同じで不注意でミスをしている場合が非常に多いんです!

頭が整理されて、目の前の仕事に集中するのが習慣になればミスは激減します。

仕事のミスが少ない人は目の前の仕事に集中しやすくするために以下のような工夫をしています。

  • スケジュールや業務を無理に記憶しようとしない⇨手帳やリマインダーを使って、見れば思い出せる仕組みを作っている
  • 気になることは手帳など紙に書き出して、後で考えるようにしている
  • デスクの上の物を出来る限り排除している
  • 仕事の優先順位をしっかり立て、優先順位の高い仕事から手をつけている

上記のような工夫をすることで目の前の仕事だけを考えて取り組んでいます。

「私は集中力がない、、、」

と嘆く前に集中しやすくなる工夫をしてみましょう!

少しずつでもきっと改善できるはずです!

同じミスをしない努力をしている

仕事でミスが少ない人は同じミスを二度しません。

だからミスが少ないんです。

スポンサーリンク

慣れていない業務や複雑な仕事ではミスが出ることだってあります。

この世でミスを全くしないビジネスマンなんていません、きっと(笑)

ミスをした後どうするか?

これがミスが少ない人と多い人を分けています。

ミスが少ない人は同じミスをしないようにミスを徹底的に分析します。

  • なぜこのようなミスが起きたのか?
  • 二度とミスが起きないようにするにはどうすればいいのか?

この2つを徹底的に考えて、対策を立てます。

そして、対策を立てるだけでなく、それを実践し、習慣化しています。

ミスをしてもいいんです。

ただ同じミスを繰り返す人は、ミスが多い人という印象を周りに与えてしまいます。

二度同じミスをしない!

これを強く意識してミスが起きたらしっかり分析する!

この習慣がミスの少ない人につながっていきます。

ゴール像をしっかり共有する

上司から仕事を頼まれた時に上司としっかり完成像を共有していますか?

仕事でミスが少ない人はそこをしっかり重視しています。

例えば、資料の作成では。

  1. 何のために使う資料か?
  2. 期限はいつまでか?
  3. どうゆう情報が欲しいのか?
  4. 完成図はどういうイメージか?

上記のようなことを確認しています。

更に簡単な資料の校正のラフ(プロトタイプ)を作って、それを上司に見せながら

「こうゆう校正の資料でよろしいですか?」

と完成図のイメージをはっきり共有してからその仕事に取り掛かっています。

この確認は面倒に感じるかもしれません。

ですが、ゴール像の確認をしっかりすることでミスを激減させることが出来ます。

もし仕事を頼んできた人と頼まれた人でイメージがずれていたら、大きなミスにつながりかねません。

資料を一から作り直すなど、リスクが非常に高くなってしまいます。

ゴール像を具体的にすり合わせる!という意識が仕事のミスを格段に減らしてくれますよ。

デスクが整理されている

仕事のミスが少ない人のデスクをよく見てみて下さい。

整理整頓されていませんか?

デスクが整理されていると書類の紛失という重大なミスも防止できます。

デスクのスッキリ感が頭のスッキリ感にもつながって、やるべきことが明確になりやすいんです。

「たかがデスクの整理」と甘く見ない方がいいです。

デスクの整理も業務の整理も、整理は整理。

共通しているところが多いんです。

だからデスクの整理が上手な人は仕事の整理も上手でミスが少ないのです。

「仕事でミスが多い、、、」

と悩んでいる方はまず週1回のデスク整理を習慣つけてみましょう!

参考本

もっとミスをなくす仕組み・習慣を知りたい方は以下の本をぜひ読んでみて下さい。

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

仕事のミスを減らすためにはいかに頭を整理するかが大事!ってことがとても分かりやすく書いてあります。

ミスはするものという前提で頭を使っていく方法がミスをしない頭の使い方なんだと理解させてくれる良本だと思います。

すぐに仕事で使える方法もたくさんありますので、「ミスが多い」と悩んでいる方はぜひこの本を読んでみて下さいね!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

仕事のミスを激減させる4つの方法!
今回は仕事のミスを激減させる方法について! 「仕事が速い人ほどミスが少ない」ってよく聞くのではないでしょうか!? 仕事にミスは付きものですが、そのミスを出来る限り減らしていければ、もっと仕事が出来る状態に近づけるはず! 仕事でのミスを減らすための方法を4つご紹介します。 自分でダブルチェックをする習慣をつける これは当たり前ですが、自分でダブルチェックをする習慣をつけましょう。 仕事のミスが多い人はこれが出来ていない人が結構多いです。 上司に提出する資料など他の人に見せる物は、まず自分で一度作ったら、その後、もう一度ミスがないか自分でダブルチェックをします。 最初に作った資料は、まず何かしら細かいミスがあるという前提で、自分でダブルチェックをしましょう。 「ダブルチェックしている時間がもったいない。ミスがあれば相手が指摘してくれる」って考えている人は要注意! 1つ1つは細かいミスでも積み重なれば、相手に「これは本当に自分でチェックしたのか?」と疑われます。 それが続くと信用を失うことにつながってしまいます。 媒体や手段を変えてチェックする ダブルチェックをする場合、媒体を変えてチェックするのが効果的です。 例えば、パソコンで作成した資料なら、一度印刷して紙の状態でミスがないかをチェックする。 特にExcelのシートなどは、パソコン上だと罫線などが確認しずらいです。 印刷すると文字が切れている場合も多いので必ず印刷してチェックしましょう。 業者への発注でFAXを送ったなら、電話で相手方に①FAXが届いているか?②数量や注文品は合っているか?③納期はいつか?を確認します。 メールを送った場合もそのメールが届いているかどうかを電話で確認する。 このようにメールという伝達手段と電話という伝達手段の2つを組み合わせることでミスを減らしやすくなります。 ヒヤリ・ハットを記録しておく 「あー危なかった!あやうく大きなミスをするところだった。」 このように重大なミスの直前で気付いて、ぎりぎりミスには至らなかった場合があります。 この時に「よかったよかった、気付けてラッキー」で終わる人は、また同じようなミスを繰り返す可能性が高い。 こうゆうヒヤリ・ハットは必ず記録しておき、対策を立てましょう。 「危うくミスをするところだったのは何が原因なのか?」

相手と話の前提をすり合わせればコミュニケーションミスは激減する!

仕事のミスが驚くほど減る!チェックリストを使うことのメリット3つ!

上司とのコミュニケーションミスが激減する3つの方法!

「やばい、忘れてた!」が無くなる!タスク漏れを防ぐ4つの方法!

スポンサーリンク

 - 仕事ミス防止

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status