今回は「一緒に働きたい!」と思う上司の特徴について!

特別カリスマ性があるわけではないけど、職場にいてくれると安心する。

職場で一緒にいても、ピリピリした雰囲気にならず、和やかな雰囲気で働ける

このような上司とは一緒に働きたいと思うのではないでしょうか?

「一緒に働きたい!」

「こんな上司が職場にいればいいのに!」

という上司は、他の上司とどこが違うのか?

一緒に働きたい上司の特徴についてご紹介します。

スポンサーリンク

仕事の相談がしやすい!

上司への仕事の相談がしやすいというのは部下にとって非常に大切です。

仕事はコミュニケーションの連続!

特に上司へのこまめな連絡や相談は必須です。

もし上司が相談しにくい雰囲気を出す人だと部下は仕事がやりづらくなってしまいます。

「相談したいけど、なんか機嫌悪そうだし、、、」

このように相談すべきことや業務改善の提案なども部下は言わなくなってしまいがち。

その結果、仕事が進まなかったり、ミスをして上司に怒られるという悪循環に陥る可能性が高くなります。

「一緒に働きたい!」

と部下が感じる上司は、仕事の相談がとてもしやすいです。

気軽にちょっとしたことでも相談したり、質問が出来る。

相談がしやすいということは要は話しかけやすい雰囲気があるということです。

  • 話しかけた時に明るい顔で聞いてくれる
  • 感情が安定していて、八つ当たりをしない
  • 上司の方からよく話しかけてくれる
  • 聞き上手で部下の話をしっかりと聞いてくれる

このような特徴があるため、話しかけやすく、相談がしやすいんです。

もし上司の立場で、

「部下の相談が少ない、、、」

と悩んでいるなら自分自身が話しかけやすい雰囲気を出せているか?と疑ってみましょう。

指示・指摘が具体的でわかりやすい

指示や指摘が具体的でわかりやすいのも一緒に働きやすい上司の特徴。

資料の修正を頼まれた場合に、指摘が抽象的でわかりずらいと困りますよね?

頼まれた部下はどう直せばいいか途方に暮れてしまいます。

自分で考えて修正してみても、

「ここが直してほしかったんじゃない。やり直して」

と言われてしまう。

こんなやり取りはものすごい時間の無駄です(笑)

もちろん部下もわかるまで上司に細かく確認を取るべきではありますが(笑)

抽象的な指示をしてしまう上司は説明が下手な人が多いです。

部下が細かく確認しようとしても理解しずらい説明しかできない場合がよくあります。

こんな指示・指摘が下手な上司は部下からすれば一緒に働きたくないですよね(笑)

それに対し、一緒に働きたいと思われる上司は説明が上手です。

具体的に指摘してくれるので、部下も上司の意図を把握しやすく仕事もスムーズに進められます。

部下が意図をうまく把握出来ず、ミスをすることが多い場合は、まず上司である自分自身の指示・指摘の仕方を見直しましょう。

合わせて読みたい関連記事!

「仕事がしやすい!」と部下が感じる。デキル上司の仕事の頼み方3つ!

部下を加速度的に成長させる指導方法3つ!

部下に上手に仕事を任せる3つの方法!

スポンサーリンク
おすすめの記事