シゴトノート

仕事に関係する様々なことを網羅していきます!

仕事が休みの日も心が休まらない人必見!休日を心から休む3つの方法

      2018/02/08

今回は休日を心から休めるようになる方法について。

仕事を頑張って、ようやく休みの日!

しかし

「休みの日なのに、なぜか心が仕事モードのまま緊張しちゃっている」

「休みたかったのに全然休まった感じがしない」

と憂鬱になりながら、次の日の仕事に向かうのはなかなかツライですよね!?

仕事の時は仕事に集中。

休みの日は思いっきり休んでメリハリをつける。

出来ればこうゆうメリハリのある過ごし方をしたいですよね!?

3つご紹介します!

自分に厳しすぎることに気付く

休みたくても休めない人は、向上心が強い人が多いと思います。

つまり、努力家で自分に厳しい人がこうゆう悩みを持ちがち。

まず休みたくても休めない人のタイプとして、休むことに罪悪感を感じているタイプが挙げられます。

  • 「休むと成長できないんじゃないか?」
  • 「常に成長しなきゃいけない」
  • 「無駄に時間を過ごしてしまうんじゃないか?」

こうゆう考えが休みの日も浮かんできて、仕事をしていない自分、何か努力をしていない自分に焦ったりしませんか?

「そうそう、よくある」

スポンサーリンク

という人は要注意。

「常に成長していなきゃいけない」

「前に進んでいなきゃいけない」

このような思い込みが自分を縛っている可能性が高いです。

休むのは結構勇気がいるんです。

まずはそうやって自分を急かしている思い込みに縛られていることに気付きましょう。

そして受け入れようとしましょう。

それが大事です。

きっとそれは子供の頃や何か大変だった時期に、それから抜け出すために必要な思い込みだったはずですから。

自分を責めずに、

「今の自分はこうゆう思い込みに縛られているんだな」

と観察する感じでOKです。

なっていたい自分を考える

自分を縛っている思い込みに気付いて、受け入れようとする姿勢になったら次に考えてみてください。

「なりたいのはどんな自分か?」

ということを。

休みたくても、何かをやっていなければ落ち着かない。

休日も常に心が張り詰めていて、全然休めない自分。

そんな自分に将来もなっていたいでしょうか?

そんな自分が好きですか?

違いますよね?

休む時は心からリラックスして休み、次の日からまた元気に頑張れる自分。

こうなっていたい人が多いのではないでしょうか?

休みたくても休めない人は短期的視野で物事を考えてしまっている可能性があります。

1週間とか1か月単位だと確かに1日や2日休むのは大きい感じがします。

しかし、1年や3年のスパンで捉えるとどうでしょうか?

1日や2日休むことなんてすごく小さいことに感じませんか??

長期的視野でなりたい自分の姿をしっかり考えるようにしてみましょう。

自分がこれからの人生、どんな過ごし方で仕事をしていきたいのかをしっかり考えてみることをおすすめします。

休む時は前向きに休む!

休みの日は前向きな考えを持って休みの日を過ごすようにしましょう。

  • 「しっかり休めるようになれば、なりたい自分に近づける!」
  • 「一流の休み方を見つけてやる!」
  • 「しっかり休めば、明日から元気に仕事ができる!」

このように前向きに考えるだけでも、休むことに対しての罪悪感を小さくし、積極的に休めるように少しはなると思います。

スポンサーリンク

あるいは

「明日からの仕事が楽しくなる準備をしよう!」

と考えて短時間だけ行動する。

例えば、仕事で使うペンを高級な物に変えてみたり、髪形を変えたり、ネクタイなど身につける物を買い替えてみたり。

このような次の日からの仕事が楽になったり、楽しくなるような準備を休日にする。

その行動が次の日の仕事に対する憂鬱感を減らしてくれます。

メリハリをつけるために、休日は一切仕事をしないし、考えないという方法が有効な人もたくさんいます。

しかし、少しだけ次の日の仕事の準備をしておく方が気が楽になるタイプもいます。

自分がどっちのタイプか二通り試してみて、心が楽になる方を見つけてくださいね!

続きはこちら↓

仕事が休みの日も心が休まらない人必見!休日を心から休む方法Part2 | シゴトノート
今回は 仕事が休みの日も心が休まらない人必見!休日を心から休む方法 の続きです。 「仕事のことが常に頭から離れない、、、」 「休みの日でも全然心が休まらない」 ということはありませんか? そうゆう時は、次の日の仕事の活力にもマイナスの影響が出てしまいがちです。 それを防ぐためにも、自分なりの心の休ませ方・ゆるめ方を持つ必要があります。 休日の心の休ませ方について更に2つ紹介します。 家の掃除・整理をする! 心が乱れている時は頭の中がゴチャゴチャになっていることが多いです。 頭がゴチャゴチャになっている時は、イライラしやすかったり、心に余裕がなくなりったらしがち、、、 その原因の一つとして、部屋が散らかっていることが挙げられます。 汚い部屋が目に入ることで小さなストレスが心に溜まっている可能性があります。 また、部屋の散らかり具合と頭の中は連動しているともいわれます。 なので、頭を整理するためにも部屋を整理するのが効果的です! その時に前向きな気持ちで部屋の整理をするのがすごく大事! 好きな音楽を聴きながら行う。 鼻歌を歌いながら、ノリノリで掃除する 「部屋の整理をしていると心まで整理されてくる」と前向きに考えて行う 「自信を持って人を呼べる部屋にしよう!」と目標を決めて行う このように前向きな考えや、楽しみな目標を持って行うのがおすすめです! 部屋が片付くうちに心が前向きになったり、頭がすっきりしてくることが多いですよ! 現実とは違う世界に浸る! 心を休ませる方法として現実とは違う世界に浸る!方法がすごくおすすめです! 心が休まらない原因は、現実に起きている仕事のプレッシャーや人間関係、 「~しなきゃいけない、、、」 という思い込み等で心が追い込まれていることが非常に多い。 視野が狭くなって、今の状況を自分の視点だけでしか見えなくなっています、、、 つまり、客観的に自分を見れなくなっているんです。 だから、一旦現実世界から離れちゃいましょう!(笑) 自分が今生きている現実の世界とは違う世界を見たり、疑似体験する。 そうすることで、 「こうゆう世界もあるんだな」 「なんか小さいことで追い込まれていたな」 と今の状況を客観的に見やすくなります。 この客観的に自分の状況を見るということが非常に大事です。 「私なんかよりはるかに大変な状況の人がいる」

バックナンバー・関連記事はこちら↓

仕事での漠然とした不安を解消する3つの方法 | シゴトノート
今回は仕事での漠然とした不安を解消する方法について! 仕事に行く前や、休みの日に仕事のことでなんとなく不安になる時ってありますよね!? そうゆう時は 「不安なんだけど、はっきりとした理由がわからない」 という状態が多いと思います。 いや~な感じの漠然とした憂鬱感。 出来ればこんな憂鬱感は感じたくないもの。 そういった漠然とした不安を解消する方法をご紹介します! 「不安はなくならないもの」と受け入れよう 仕事をしていれば、不安になることは絶対あります。 なんとなく感じる不安だって1度や2度でなく、感じることは今後もあるでしょう。 不安は人間にとって必要なものです。 不安があるからこそ、危険を予測して事故に合わないように出来たり、様々な危険から身を守ったりできるんです。 ですので、今感じている不安は無理になくそうとしなくていいんです。 しかし、不安を感じると、それを消そうとしたり、不安を感じなくしようとしちゃう人も多いはず。 そうやればやるほど、不安を自分でコントロールできなくなってしまいやすい。 そうではなく 「不安はなくならないもの、うまくコントロールをすればいい」 と受け入れるようにしてみましょう。 不安になっている自分を否定しない 上記のように、不安を受け入れる。 つまり、不安になっている自分を否定しないことが本当に大事です。 無理に消そうとすることが漠然とした不安感を大きくしている可能性があります。 無理に消そうとするより、 「今、自分は不安になっている」 とその状態をありのままに認める方がよっぽど不安は小さくなります。 いい悪いの判断をせずに、今の不安になっている自分の状態を素直に認める。 「不安になることがあってもいい」 「そうか、そうか、不安なんだね、よくわかるよ」 と自分に言葉をかけてあげてください。 不安になっていることをありのままに受け入れるだけで、漠然とした不安感がかなり解消されることも多いです。 原因の可能性があることを全て書き出す 漠然とした不安が嫌なのは、原因がわからないから。 何が不安感の原因になっているかがわかれば、対処可能な具体的な不安に変わります。 そのためには何が必要か? それは漠然とした不安の原因になっているかもしれないことを間違ってもいいからどんどん書き出すことです。 頭の中だけで考えないように!
仕事が出来る人の休日の過ごし方の特徴5つ | シゴトノート
今回は仕事の出来る人の休日の過ごし方について! 「休みの日も思い切り休めない、、、」 「仕事が休みの日もなぜか憂鬱、、、」 こんな風に悩んでいるのは上手な休み方を知らないせいかも、、、 休み方を知らないなら、仕事が出来る人や休み上手な人から休み方を学びましょう! 5つご紹介します! 仕事のメールは見ない 休日に仕事のメールは見ないようにしましょう。 頭の中から仕事のことを一切追い出すことは、仕事で張りつめた心をゆるませるのにとても効果的! メールを見たら、どうしても仕事のことが頭に出てきます。 それが楽しいなら別に問題ありません。 そうじゃないなら避けたほうがいい。 特に休日に心が休まらないと感じている方は絶対やめましょう。 本当に緊急で重要なことなら電話が掛かってくるはずです(笑) 休みの日は普段張り詰めている心を緩ませて、リラックスさせる。 そうすることでメリハリがついて、次の日から仕事の活力が生まれやすくなります! 旅行に行く! 同じ職場、決まった生活ルーティンで過ごしていると気付かないうちに視野が狭まりがち。 それに同じ刺激が多いので、アイディアが湧きにくくなってしまいます。 休日に旅行に行くことはそれを打破するのにとても有効です! 普段行かない場所に行くことで新鮮さに触れることが出来ます。 環境が変わることでいいアイディアを思いつきやすくなったり、地元の人と話したりして新たな視野を得ることが出来る! デキる人は常に視野を広く保って、アイディアを出すために色んな工夫をしています。 「新しい視野・視点を見つけよう!」 「新たな発見をしよう!」 このように考えながら旅行をするとただ楽しむよりも、より充実して多くのことを吸収できるのでオススメです! 好きなことにとことん没頭する 自分の好きなことに没頭することは、仕事のことを一切忘れられる貴重な時間。 仕事の日は仕事のことだけ考えて頑張っている人こそ、仕事のことを一切忘れる時間がとても重要なんです!! なぜなら、休みの日に仕事を忘れる時間を持つことが、次の日からバリバリ仕事をこなすエネルギーになってくれるからです。 仕事を忘れる時間を作るために、自分の好きなことを休みの日にやりましょう! 絵を描く 漫画を読む カラオケで歌いまくる 楽器を演奏する 映画やドラマの世界に浸る 料理を作る 恋人に会う 温泉・銭湯に行く

 - 休息法

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status