シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

働きやすい職場にするために自分一人でも出来ること!Part1

      2018/12/08

今回は働きやすい職場にするために自分一人でも出来ることについて。

働きやすい職場は人間関係が良いです。

そのため、人間関係でのストレスが非常に少ない。

「働きやすい職場にするに、どうしたらいいか?」

今の自分が出来ることから1個ずつ改善していきましょう。

スポンサーリンク

「ありがとう!」を積極的に使う。

仕事をしている時に積極的に

「ありがとう!」

と言うようにしましょう。

働いている人それぞれが

「ありがとう!」

とお互いに言い合える環境になるのがベスト。

そのためにまず自分自身から変えていきましょう。

仕事を手伝ってもらった時などに

「言わなくても伝わるから」

と考えて、お礼を言わないで済ます。

こんなことはありませんか?

そういう思い込みから、すれ違いが生まれてくる可能性があります。

手伝ってくれた人が

「あの人は手伝ってもお礼すら言ってくれない」

って心の中に不満を感じてしまうかもしれません。

そう感じさせてしまったら、それ以降はあまり手伝ってくれなくなるかもしれません。

言わないで伝わることは思いのほか少ない。

そのことをしっかり心に刻んでおきましょう。

これからは、助けられたり、感謝することがあったら、積極的に

「ありがとう!」

スポンサーリンク

とお礼や感謝を積極的に伝えましょう。(もう既にやっているという方はより意識して!)

「ありがとう!」

とお礼を言って、相手のリアクションが薄くても気にしないでOK!

お礼を言われた相手も照れているだけで、内心嬉しいと感じていることも多いです。

「ありがとう!」

の言葉を積極的に使って、得することはあっても、損することはまずありません(笑)

そうやって自分から

「ありがとう!」

の言葉を積極的に使うのが当たり前になってくれば、それに影響されてくる人だって絶対います。

職場で

「ありがとう!」

と積極的に言う人が1人でも増えてくれば、働きやすい職場に少しずつ近づくはずです!

一緒に働いている人を積極的にほめる

一緒に働いている人のことを積極的にほめましょう!

けなし合って足を引っ張る関係はマイナスでしかありません。

それよりもほめ合ってお互い成長し合っていける関係が絶対いい!

今の職場がお互いにほめ合う環境でないのなら、まず自分だけでも一緒に働いている人をほめる習慣をつけましょう!

一緒に働いている人をほめるためには、

「相手のいいところを見つけようとする」

この習慣をつけることが大事!!

あなたの周りにほめ上手な人っていませんか?

もしいるのならラッキーです!

徹底的に観察してみてください。

そのほめ上手な人は間違いなく相手のいいところを見抜くのが上手です。

相手のいいところをたくさん知っているからこそ、上手に人をほめられるんです。

なので、まずは一緒に働いている人のいいところを徹底的に見つけようとしましょう!

そして、その人のいいところに気付いたら、積極的に伝えましょう!

「Aさんって本当に仕事が速いし、正確だよね!」

「Bさんの接客中の笑顔は抜群だね!」

こんな感じで具体的にほめるのもポイントです!

具体的にほめられて、嫌な気持ちになる人はまずいません(笑)

直接ほめるのが恥ずかしかったら、その人がいないところで他の人に対してその人のいいところをほめましょう!

陰口を言っている暇があるのなら、陰で周りの人をほめまくりましょう!(笑)

その方が絶対いい人間関係につながります!

みんなが笑顔で活き活き働ける職場に近づけるために、まずは自分から積極的にほめていきましょうね!

続きはこちら
働きやすい職場にするために自分一人でも出来ること!Part2

バックナンバー・関連記事はこちら↓

ほめ上手な人が使っているほめテクニックPart1 | シゴトノート
今回はほめ上手な人が使っているほめテクニックをご紹介します。 あなたの周りにいるほめ上手な人を見て 「なんであんなに上手にほめられるんだろう」 「あぁやって自然に人をほめられるようになりたいなぁ」 なんて思っていませんか? 仕事はコミュニケーションの積み重ね。 ほめ上手になれば、上司・部下との関係がもっと良くなります。 接客に携わっている方はお客さんとの関係がもっと良くなります! そのための方法をお話ししていきます。 直接ではなく、間接的にほめる! 相手を直接ほめることだけがほめることではありません。 間接的にほめるという方法を上手に活用しましょう! 間接的にほめるとは、 「Aさんは本当仕事出来るよね」 とAさんではない他の人と話している時にAさんをほめるということ。 直接ほめられた場合は、お世辞等の可能性もあり、素直に喜べない人もいるかもしれません。 でも、間接的にほめられるということは、その人がいないところで他の人がほめています。 なので、お世辞の可能性はありません(たぶん(笑))。 そして、間接的にほめられたことが本人の耳に入った時、直接ほめられるよりも断然嬉しい!(笑) もちろん、間接的にほめたことは、ほめた人の耳に入らないことも多いと思います。 でもそんなことはどうでもいい(笑) 周りの人のいいところを、その人がいようがいまいがほめていく。 それが習慣になれば、自分の心がキレイに明るくなってきます! それだけで十分やる意味がある。 また、そうやって間接的にどんどんほめていれば、周りの人は 「あの人は俺がいないところでも俺のことをほめてくれているかも」 って好意的に思ってくれるようになるかもしれない。 周りの人にそうゆうポジティブな印象を与えていく。 もし陰でほめていたことがその本人に伝われば、その人はあなたに対して好印象を抱いてくれるはずです! また、自分だけでなく、もし誰かがその場にいない人のことをほめてたら、そのほめられていた人に 「Aさんがあなたのことをほめてたよ!」 って伝えてあげましょう。 これをどんどん実践していけば、間接的にほめる習慣が周りの人に広がります。 そして、職場やチーム内の人間関係が非常に良くなるはずです! ただ相手に好印象を持たれたいから思ってもいないことをほめたりするのはやめましょう。 それは単なるお世辞です(笑)

アルバイトスタッフが「働きやすい!」と感じる職場の特徴3つ!

「この人と一緒に働きたい!」って思われる人の特徴4つ

「こんな上司と働きたい!」一緒に働きたい上司の特徴Part1

新人バイトを劇的に定着させる効果的な方法!!辞めない職場にはワケがある!

スポンサーリンク

 - アルバイト関連, その他, 上司・部下関連

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status