今回は手っ取り早く仕事の効率を上げる方法について!

仕事の効率を上げるには、経験もすごく大事です。

しかし、それだけでは、時間が掛かりすぎます。

「ほんの少しでもいいから、すぐに仕事の効率を上げたい」

という方も多いはず。

そういう方に是非試して欲しい工夫を3つご紹介します。

スポンサーリンク

ショートカットキーを覚える

ExcelやWordのショートカットキーを覚えると仕事の効率が上がります。

仕事が速い人はショートカットキーを使いこなしている人がすごく多い!

マウスを使う操作に比べて、ショートカットキーでの操作で短縮できるのは数秒程度。

しかし、それが積み重なると驚くほどの時間になります!

仕事が速い人はその数秒を大事にします。

私も社会人になり、数年経ってから本気でショートカットキーを覚えて使うようになったのですが、あまりの便利さと速さに驚きました(笑)

パソコンを使う作業が多い方は絶対使いこなせるようになったほうがいい!

一度使いこなせるようになると、マウスには戻れなくなります(笑)

Excelで便利なショートカットキーをいくつか挙げると

  • <Ctrl+1>でセルの書式設定を開く
  • <Ctrl+D>で1つ上のセルをコピーする
  • <Ctrl+S>で上書き保存(ワードやパワポも共通)
  • <Ctrl+Z>で直前の操作を元に戻す(ワード、パワポなども共通)
  • <Ctrl+PageDwn>で次のシートを表示(+FNが必要な機種も)
  • <Ctrl+PageUp>で前のシートを表示(+FNが必要な機種も)

などなど他にもめちゃくちゃあります。

マウスで操作する作業は基本的にショートカットキーで出来ます!

以下の記事が参考になるはずです。
【Excel】テキスト・フォント関係の便利なショートカットキー・便利技まとめ

Excel 罫線を付ける・罫線を消す!のショートカットキーまとめ

Excelの置換とコピーの便利技!知っておくと断然仕事が速くなる!

こういったショートカットキーは短期間で一気に覚えて、その期間で使いまくった方が早く覚えられます。

もちろん仕事で頻度高く使うものに絞って覚えればいいので、是非身につけてください。

段取りの勉強と実践を繰り返す

段取りの勉強と実践を繰り返すことも仕事の効率を短期間で上げるために非常に有効です。

「段取り八分」

とよく言われるように、仕事において段取り=仕事の事前準備が非常に大事です。

仕事が速い人はこの段取りを強く重視していますし、段取りの立て方がうまいです。

「段取りが下手だ」

「仕事がほかの人より遅い、、、」

このような方は段取りの勉強をしましょう!!

そして、失敗してもいいので段取りの改善案を試しまくりましょう!

  • 段取りや効果的な仕事の進め方の本を買って読む
  • 仕事が早い人の段取り・仕事の進め方を徹底的に観察して真似してみる。
  • 仕事を始める前にその日1日の仕事の流れをイメージして、無駄がないかを見つけ出そうとする

このようなことを実践してみてください。

毎日意識して実行するだけで驚くほど仕事が早く終わるようになりますよ!

具体的な方法についてはこちらを参考に

⇒できる人はみんなやってる!?仕事が3倍早く終わる段取り術!

スポンサーリンク

デスクの整理をする

デスクの整理をすることも手っ取り早く仕事が速くなる効果的な方法です。

仕事が遅いといわれる人はデスクがごちゃごちゃしている人が多い。

書類などを探す時間に仕事を進める時間がたくさん奪われている、、、

仕事が早いといわれる人は、デスクをきちんと整理しています。

なぜなら、物を探すことにかける時間や無駄なストレスを極力排除することを大切にしているからです。

デスクを整理すると目の前の仕事に集中しやすくなります。

またデスクを整理することも仕事を整理することも本質は似ています。

デスク整理が上手くなると、仕事の整理の仕方も上手になります。

一見遠回りのように見えますが、デスクの整理が確実に仕事の効率を上げてくれます。

週に1度はデスクを整理する時間を設けるようにしましょう!

デスクの整理についてはこちら
デスクを効果的に整理する3つの方法!

合わせて読みたい関連記事!

生産性を高め続けるために意識すべき超大切な3つの視点!

仕事を前倒しで進めることの4つの効果!

仕事の生産性が高い人の5つの特徴!

仕事を超速で終わらせるための時間活用術4つ!

【Googleスプレッドシート】罫線をつける!罫線を消す関係のショートカットキーまとめ!(Windows版)

スポンサーリンク
おすすめの記事