シゴトノート

最高の仕事ノートにするべく、仕事に関係する様々なことを網羅していきます!仕事力アップのヒントがきっとある!!

無形固定資産とは!?わかりやすい無形固定資産の解説!

      2018/05/21

今回は

有形固定資産って何!?わかりやすい有形固定資産の解説! | シゴトノート
今回は 流動資産って何?初めての人でもわかりやすい解説! の続き。 今回は固定資産の内の有形固定資産に関して、わかりにくい用語の解説をしていきます。 【貸借対照表】 <資産> <総資本> 流動資産 (現金・受取手形・ 有価証券・売掛金、 商品) 流動負債 (買掛金・短期借入金) 固定資産 (建物・機械・土地) 固定負債 (長期借入金・社債) 資本 (資本金・利益剰余金・ 利益準備金) 上記はすごく簡単な貸借対照表の表です。 今回は左下の部分=固定資産について説明していきます。 固定資産とは? 固定資産は、流動資産とは違い、簡単には現金に換えることが出来ない資産。 つまり長期的(1年以上)に保有をする資産のことです。 具体的な例で挙げると、建物、機械設備、土地、工具・器具などのことです。 この固定資産は、3つに分類されます。 その3つとは、 有形固定資産(ゆうけいこていしさん) 無形固定資産(むけいこていしさん) 投資その他の資産 です。 今回は有形固定資産について知っていきましょう! 有形固定資産とは? 有形固定資産は漢字の通り、形の有る固定資産のこと。 つまり、目に見える、手で触れられる固定資産です。 ●有形固定資産に当てはまるもの 建物 構築物 機械装置 車両運搬具 工具・器具・備品 土地 建設仮勘定(けんせつかりかんじょう) などです。 わかりずらいものばかりですよね?(笑) 1個ずつ簡単に説明します。 <建物>はわかりやすいですね? 一般的な建物のことです。 例えば、事務所や倉庫、工場などです。 <構築物>は、 「建物と何が違うの?」 と感じると思います。 構築物は建物とその建物に付属している設備以外の建造物や土木設備、工作物のことです。 例えば、塀や煙突、広告塔、看板などのことだとイメージしてもらえるといいと思います。 <機械装置>とは、工場における製造・加工の部分を構成する設備とその付属的な部分を構成する設備が一体となって一つの機能を発揮するもの、です。 ん、よくわからない??(笑)ってなりますよね? 例えば、パンの製造設備に関わるもの全部という感じ。 こらはこの程度の理解でいいと思います。 本当に必要な人以外、ここは簡単にイメージしてもらえればいい。 <車両運搬具>はわかりやすい。

の続き!

固定資産の内の無形固定資産+投資その他の資産に関して、わかりにくい用語の解説をします。

【貸借対照表】

<資産>       <総資本>

流動資産
(現金・受取手形・
有価証券・売掛金、商品)
流動負債
(買掛金・短期借入金)
固定資産
(建物・機械・土地)
固定負債
(長期借入金・社債)
資本
(資本金・利益剰余金・
利益準備金)

上記はすごく簡単な貸借対照表の表です。

スポンサーリンク

今回は左下の部分=固定資産について説明していきます。

固定資産とは?

もう一度固定資産について復習しましょう。

固定資産は、流動資産とは違い、簡単には現金に換えることが出来ない資産。

つまり長期的(1年以上)に保有をする資産のことです。

具体的な例で挙げると、建物、機械設備、土地、工具・器具などのことです。

この固定資産は、3つに分類されます。

その3つとは、

  • 有形固定資産(ゆうけいこていしさん)
  • 無形固定資産(むけいこていしさん)
  • 投資その他の資産

です。

前回は有形固定資産についてお話ししました。

今回は無形固定資産投資その他の資産について解説します!

無形固定資産とは?

無形固定資産は、漢字の通り、形の無い固定資産。

つまり、目に見えない、手で触れられない固定資産のことをいいます。

●無形固定資産に当てはまるもの

  • 特許権
  • 商標権
  • 借地権
  • ソフトウェア
  • 電話加入権

などが当てはまります。

権利など、形のないものばかりですね。

だから無形固定資産と呼ばれます。

1つずつ見ていきましょう。

<特許権>

特許権は結構聞いたことがある方多いのではないでしょうか?

特許権は新しい発明などをした人に与えられる独占権のこと。

この特許権を得るためには、特許庁に申し出て審査を経なければなりません。

スポンサーリンク

この特許取得、そして特許維持のためにかかる費用のことが、貸借対照表の無形固定資産に当てはまる<特許権>というものです。

<商標権>

商標権も特許権と考え方はほぼ同じ。

商標権とは、商標を登録した商標権者が、登録した商標を自由に使える権利のことです。

貸借対照表の<商標権>は、商標権の登録にかかる費用のことを指します。

<借地権>

借地権も上記2項目と同じ感じです。

貸借対照表上の借地権は土地を借りた場合にかかる借地権取得の費用のことです。

<ソフトウェア>

ソフトウェアはパソコンなどのソフトウェアのことです。

<電話加入権>

電話加入権は初めて聞く人も多いかもしれません。

電話加入権は、NTTの固定電話の回線を取り付けることが出来る権利のことです。

貸借対照表上の<電話加入権>はその電話回線開設時にかかる費用のことをいいます。

投資その他の資産とは?

投資その他の資産とは、固定資産のうち、有形固定資産にも無形固定資産にも当てはまらない資産すべてのことです。

●投資その他の資産に当てはまる(主なもの)

  • 投資有価証券
  • 関係会社株式
  • 敷金、保証金
  • 長期前払費用(ちょうきまえばらいひよう)

わかりずらいものが多いですね(笑)

<投資有価証券>

ん?有価証券はどこかで聞いたような、、、

そうです。

流動資産とは?初めての人でもわかりやすい解説!で出てきてました。

短期の売買目的の有価証券は流動資産に当てはまるんでしたね?

投資その他の資産に当てはまる<投資有価証券>は投資目的(短期での売買が目的ではなく)で保有している株式、社債などの債券のことです。

<関係会社株式>

関係会社株式とは、なんとなくイメージがつきやすい。

関係会社株式は、子会社や関連会社の株式のことです。

貸借対照表上の<関係会社株式>はその保有している株の取得時価が表されます。

<敷金・保証金>

敷金は引っ越しの際などによく聞きますよね?

事務所やオフィスを借りる時に支払う費用が敷金・保証金に当てはまります。

<長期前払費用>

長期前払費用は、保険料の支払いをイメージしてください。

たいてい1年以上払い続けますよね?

この長期前払い費用は、その支払いが1年を超えた部分の金額のことを指します。

1年以内で前払いが完了するものは流動資産に入ります。

今回のポイント

今回のポイントを整理します!

  • 固定資産は有形固定資産、②無形固定資産、③投資その他の資産、の3つに分類される
  • 無形固定資産は、特許権など目に見えない、形の無い資産のこと
  • 投資その他の資産とは、固定資産のうち、有形固定資産にも無形固定資産にも当てはまらない資産すべてのこと

会計は難しいですね(笑)焦らず少しずつ整理していきましょう!

バックナンバー・関連記事はこちら↓

損益計算書とは!?5つの利益の違いを徹底まとめ! | シゴトノート
あなたは損益計算書を正しく読み解けていますか? 損益計算書を読みこなすことが出来れば、 「この会社は本業で調子がいいか?」 「最終的な利益は黒字だけど、じつは危ない会社かもしれない。」 ということがわかるようになります。 今回は 「そもそも損益計算書って何?」 というところから、損益計算書の5つの利益それぞれの違いやチェックすべきポイントについてまとめていきます! 損益計算書とは? 損益計算書とは、決算書の1つで会社の一定期間の経営成績を表しているものです。 今期に会社がどれだけ収益を上げて、どれくらい費用を使い、どれだけ利益を得たのか、を見ることができます。 損益計算書はP/L(Profit and Loss Statement)と呼ばれ、会社を判断するための1つの基準になります。 損益計算書の中には売上高や本業での利益、突発的な費用、最終的な利益などが表示されています。 この損益計算書を読み解くには、表示されているそれぞれの項目が何を表しているかを理解する必要があります。 5つの利益それぞれの特徴と違い よく日経新聞やニュースで 「最終利益が230億円の黒字」 「営業利益を下方修正」 という用語を読んだり、聞いたりしますよね? ひと口に利益と言っても、損益計算書には5つの種類があります。 商品がどれだけ利益をもたらしているかを示す売上総利益 会社の本業の利益を表している営業利益 平常時の会社の利益を表している経常利益 法人税等を引く前の会社の最終的な利益である税引前当期純利益 会社の最終的な利益である当期純利益 この5つの利益それぞれを区別して、違いを説明出来るレベルになる必要があります。 1つずつ確認していきましょう! 売上総利益(粗利) 売上総利益は、<一定期間にその会社の商品やサービスがどれだけ利益をもたらしているか?>を表している会社の基本的な利益のこと。 粗利と呼ばれたり、売上総利益と呼ばれたりするので、混乱しやすいですが、粗利=売上総利益です。 売上総利益は会社の存続、成長のために絶対必要な利益で、その企業の収益の大元になります。 計算式は以下の通りです。 売上総利益(粗利)=売上高ー売上原価 売上総利益は、一定期間での会社の売上高から売上原価を引いて出すことが出来ます。
前受金とは一体なに??わかりやすい前受金の解説! | シゴトノート
今回は前受金(まえうけきん)について。 経理関係の仕事をしていると目にすることが多くなる言葉です。 でもあまりこの言葉の意味を理解しないままなんとなく使っていませんか? わかりやすく前受金について解説をしていきます。 前受金とは? 前受金とは、通常の営業取引における商品・製品や原材料の引き渡しや役務の提供前に受け取った内金や手付金を一時的に処理するための負債勘定をいいます。 わかりづらいですね(笑) 後にお話しする日常例でイメージ出来ればとりあえず十分です。 前受金の条件と具体例 前受金には条件があります。 金を受け取った側がその内容について把握している 支払った側に対し、その内容に応じて、その後に果たすべき義務が生じる 上記の2つの条件を満たした時に、事前に受け取る代金のことを前受金と呼びます。 例えば、新作の洋服の予約販売やフィットネスクラブの入会時の月会費先払いなどで考えてみましょう。 新作の洋服の予約をしたお客さんがその店にその洋服代を払った場合。 その店は洋服の販売が可能になったら、お客さんにその新作の洋服を引き渡さなきゃいけないですよね? お客さんから代金をもらったお店には新作の洋服をお客さんに渡す義務が生じている。 しかし、お金を払ってもらった時には新作の洋服はお店になくてその義務は果たせないから、後にその義務を果たすんです。 こうゆう例だと、日常的に体験している方が多いかもしれません。 これが前受金なんです。 もう一個の例。 フィットネスクラブに通われている方は結構いらっしゃると思います。 フィットネスクラブは口座の登録等の関係などで最初の2ヶ月間程度、月会費の先払いをお客さんに求めているところが多い。 例えば、7月30日にそのクラブに行って入会手続きをして、8月1日~スタートすることにした。 その際、入会金や登録料と合わせて、8,9月分の2か月分の月会費を払ったとします。 フィットネスクラブ側はそれが月会費の先払いだと理解しているので、1の条件を果たします。 そして、入会して2か月分先払いしてくれたお客さんに対し、クラブの利用を8月1日~2か月間提供する義務が発生します。 支払ってくれた時にすぐに提供できるものではないですよね? これが2の条件。

流動資産って何?初めての人でもわかりやすい解説!

減価償却がわからない!?わかりやすい減価償却の解説!

限界利益っていったい何??わかりやすい限界利益の解説!

財務会計と管理会計の違いって何!?2種類の会計の違いを分かりやすく解説!

スポンサーリンク

 - 会計知識

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status